仙人の如し
撮影場所:ガラパゴス諸島フェルナンディナ島

天候:快晴(風速5メートル;気温28℃)
フンボルト属ではもっとも小型で50センチほどの身長です。ガラパゴスでは上陸できるポイントが厳しく制限されており、ガラパゴスペンギンが陸上に上がっているところを間近で観察する機会は滅多にありません。この写真は大規模なエルニーニョが収まった2年後の2000年5月に撮影したもので、個体数が激減していた頃のものです。
目次へ


※ガラパゴスペンギンは南極からだいぶ離れたところに生息していますが、
ペンギンつながりということで一緒に掲載しました。