天草塩の会




 



 天草生れの「小さな海」
 生命の塩を求めて天草の美しい海でおいしい塩を作っています。

 海水が太陽の光と熱、そして風で濃縮し、塩として結晶します。生命に欠くことのできぬ、その塩をもう一度見直して頂くことで、生命観、自然観の変革のきっかけとなり、生命のネットワークの輪が広がることを願います。



           生命の塩を求めて

塩は私たちの生活や体にとって欠かすことのできないものです。その塩が日本では、世界に類をみないイオン交換式製塩装置により、塩化ナトリウム99%以上という化学の塩になってしまっています。昔から人々は、海の恵みとして、海まるごとの塩を食していました。地球に海ができ初めて生命が生まれました。私たちの生命もまた海から生まれたものです。それは、海の成分と胎児が浮かぶ羊水の成分や血液の成分が似ていることからも言えるでしょう。海には50種類以上のミネラルが含まれているといわれています。現在のイオン交換式製塩では、そのミネラルを電気分解により切り捨ててしまっているのです。そのため、塩化ナトリウム99%以上という塩が出来上がっているのです。また凄いもので、この簡単に分析できない違いを私たちは舌で見分けます。自然海塩は、ただ辛いだけでなく、甘さとうま味も合わせもっているのです。


      「小さな海」とは、どんな塩 ?

 一口で言えば、「海水をそのまま結晶させる」、それが「小さな海」の塩です。私たちは、敢えて<自然塩>ではなく、<<自然海塩>>と言わせていただきます。もちろん、塩の結晶を見るまでは「手塩にかけて」造りますが、何かを入れたり、何かを減らしたりと、海水には一切手は加えません。だから、<海まるごと>なのです。海から生まれた私たちが海から生まれた塩をいただくことは、なんだかとても理にかなっているような気がします。何も難しいことではありません。昔ながらの塩、<海まるごとの塩>、それが<<自然海塩>>、「小さな海」なのです。


味噌の話を少し…。味噌は大豆と麹と塩で作られる日本の優れた発酵食品です。味噌のうま味はどれだけ元気に微生物たちが働いてくれるかということです。大豆と麹と塩が<三味一体>でよいハーモニーを醸し出させることが微生物たちの役割です。大豆たちを腐敗菌から守り、微生物たちを生き生きとさせる。そのためには、バランスよくニガリ(海のエキスとも言われ、特にニガリの主成分、マグネシウムは微生物たちが喜ぶそうです)を含んだ塩が大切です。


製品案内

(1)青ラベル(天日塩)
   20%まで濃縮された海水を結晶ハウスに入れ、ゆっくり結晶させます。
   夏場だと約2週間、冬場は約2ヶ月ぐらい結晶に時間がかかります。ゆっくり    結晶するため、結晶の粒が大きいのが特長です。
   
(2)赤ラベル
   15%まで濃縮された海水を鉄釜を用い薪で炊き上げます。日本が昔から塩を    採るために用いたやり方です。
 

お問い合わせ・ご注文は

天草塩の会(代表・松本明生)
〒863−28
熊本県天草郡天草町大江6438
TEL. FAX.   (0969)42−5477
振込番号  01930−1−51799



ホームへ