もりの壮語講座

序章 壮語とは

 壮語(チワン語)とは、中国の南方、広西壮族自治区を中心に居住している壮族という民族の言語です。壮族は人口1500万ともいわれる、中国最大の少数民族です。
 みなさんの中には「壮語なんて見たことも聞いたこともない」という方が多いと思います。しかし、「聞いた」ことはなくても、「見た」ことがある方は実は意外と多いはずなのです。近年中国を旅行する日本人の数は増え続けていますが、中国に行けば必ず手にとる人民元に、壮語が印刷されているのです。
 いま、手元に人民元がある方は裏を見てみてください。

The Zhuang Language

Preface: What is Zhuang?

The Zhuang language(Saw cuengh in Zhuang) is mainly spoken in Guangxi Zhuangzu Autonomous Region, in the south of China. This is the largest minority language in China with about 15 million speakers.
Maybe you say : “I've never seen and never heard such a language”. However, I dare to say that you must have seen it, even if you have never heard it. These days, many Japanese tourists visit China. The Zhuang language is printed on the renminbi yuan, the currency of the People's Republic of China.
If you have a renminbi yuan at hand, please look at the back.




                

 ピンインで表記された漢語のほかに、4種類の文字が印刷されているでしょう? これらはそれぞれモンゴル語、チベット語、ウイグル語、そして「Cunghgoz Yinzminz Yinzhangz」とローマ字で表記されているのが壮語なのです。
 このローマ字綴りをよく見ればわかる通り、これは「中国人民銀行」をそのまま音で表したものです。このように、現代壮語には漢語からの借用語が非常に多いので、我々日本人にとっては語彙の習得が比較的容易であるといえそうです。またローマ字で表記されているために、他の少数民族の言語のように見慣れない文字をひとつひとつ習う必要もありません。
 このような特性があるにもかかわらず、現在日本で壮語の教材を入手することは極めて困難です。先ほど列挙したモンゴル語・チベット語・ウイグル語は、すでに日本語で書かれた文法書・会話練習帳・単語集などが「大学書林」「白水社」といった大手出版社から出ていますが、壮語に関しては、私の知る限り日本語で書かれた一般向けの教材は存在しません。
 そこで今回、中国で発行された教材を参考に、壮語の基礎を解説してみたいと思います。私自身、学習を開始したばかりなので勘違いや誤訳があるかもしれませんが、そこは専門の先生方の指導を仰ぎつつ、徐々に改善していきたいと思います。

There are several languages as well as Mandarin Chinese. These are Mongolian, Tibetan, Uyghur. And the one “Cunghgoz Yinzminz Yinzhangz” written in Roman alphabet is the Zhuang.
This sentence, which means “People's Bank of China(中國人民銀行)” is simply transcribed Chinese pronunciation in phonetic signs. Like this, in Zhuang there are many borrowed words from Mandarin Chinese. So learning the vocabulary is not so difficult for Japanese people. Besides, it is written in Roman alphabet. Unlike the other minority languages, we need not learn unfamiliar characters.
In spite of these strong points, in Japan, it is very difficult to get any learning resources about Zhuang. The other minority languages like Mongolian, Tibetan, Uyghur have already grammar books, conversation training kits, and dictionaries. But about Zhuang, we haven't got such learning resources for Japanese as I know.
So here I'm consulting the textbooks written in Chinese, and try to explain a basic grammar of Zhuang. There may be a mistake and mistranslation because I, myself, began learning the language just now. I want the guide of the professional teachers, and improve them gradually.

目次

序章 壮語とは
第七章 声調(2)
  …塞音の声調
第一章 文字表記
第八章 統語論(1)
  …等位文・平叙文・否定文・疑問文
第二章 母音の発音(1)
  …短母音
第九章 統語論(2)
  …命令文・合文
第三章 母音の発音(2)
  …開音節と鼻音の複母音
第十章 統語論(3)
  …複文・使役・受身・比較
第四章 母音の発音(3)
  …塞音の複母音
第十一章 語の構造(1)
  …名詞・代名詞・数詞・量詞
第五章 子音の発音
第十二章 語の構造(2)
  …動詞・助動詞・形容詞
第六章 声調(1)
第十三章 語の構造(3)
  …副詞・前置詞・接続詞・語気詞

Contents

Preface : What is Zhuang?
Chapter7 : Tone(2)
 ...Closed syllables
Chapter1 : Spelling
Chapter8 : Syntax(1)
...Conjunctive, Descriptive, Negative, Interrogative
Chapter2 : Pronunciation ...Vowels(1)
Chapter9 : Syntax(2)
...Command, Combining
Chapter3 : Pronunciation ...Vowels(2)
Chapter10 : Syntax(3)
...Compound, Active & Passive voice, Comparison
Chapter4 : Pronunciation ...Vowels(3)
Chapter11 : Parts of speech(1)
...Noun, Pronoun, Numeral, Unit
Chapter5 : Pronunciation ...Consonants
Chapter12 : Parts of speech(2)
...Verb, Auxiliary verb, Adjective
Chapter6 : Tone(1)
Chapter13 : Parts of speech(3)
...Proverb, Preposition, Conjunction, Interjection

參考文獻 Bibliography
張元生 覃曉航 編著《現代壯漢語比較語法》中央民族學院出版社,1993
覃國生 梁庭望 韋星朗 著《民族知識叢書 壯族》民族出版社,1984
廣西壯族自治區少數民族語言文字工作委員會編
 《漢壯詞匯》廣西民族出版社,1983
廣西壯族自治區少數民族語言文字工作委員會編譯
 《廣西壯族自治區小學壯文試用課本 思想品徳課》廣西民族出版社,1983
廣西壯文學校文藝班編《壯族民間故事》廣西民族出版社,1983
《中國的文字》人民教育出版社,1989
大野徹編『東南アジア大陸の言語』大学書林,1987

Links:
The River Missions Ministry : The Zhuang of China
Chinatown-online Ethnic Minorities in China : Zhuang
ChinaSource The Zhuang People

Since 19th Dec. 2000

Last Modified on 18th Apr. 2004

* These sites are under (very slow) development.


回首頁 Home  留言板 Guestbook

管理者:Shinji zhoen3yi6@yahoo.co.jp