住友 文京 マンション 文京区 千石 文京区千石 小石川 植物園 小石川植物園 住友不動産 不動産 不動産 音羽 小日向 白山 紛争 販売  パークスクエア文京音羽 地下 違法 紛争 古墳 環境破壊 遺跡 加藤建設 国土開発 協立 会社更生 ディベロッパー ディベロップメント 三柴 邦彦 日大 商学部 住友不動産販売  sumitomo-rd 田尻 正明 甲南 法学部 竹早

東京都文京区千石


住友不動産による乱開発
 

世界のテレビニュースもどうですか?


2003/9/4朝日新聞

「地下水への影響調査を」=文京区

 防災用水にもなっている東大付属小石川植物園(文京区)の井戸や池の水が、隣接地のマンション建設で影響が心配されている問題で、区は3日、業者の住友不動産の担当部長を区役所に呼び、植物園の地下水への事前影響評価を実施するように文書で要請した。区は現時点での住友側からの説明では、影響がでるかどうかは分からないとしており、工事の本格着工前に調査の実施とその結果を区に速やかに報告するよう求めている。
 区によれば、7月ごろに2回、住友側から工事の地下水への影響の可能性についての説明を受けた。それによると、マンションのくいを地下9メートルまで打つが、地下水は12.5メートル以下の深さを流れており、おそらく問題はないとの説明だった
 住友側は工事用地で観測井戸を二つ掘るなどしている。しかし、区は工事がすぐに始まれば、これだけでは事前の影響調査としては不十分とみており、専門家の意見を聞くなどした環境影響調査を実施するよう要請した。区によれば、区の要請に対して住友側は「回答する」と述べたという。
 住友側は数日前に工事に着工したが、本格的な工事には至っていない。
 この井戸は、東大と区の間で防災協定が結ばれており、緊急時には、電動ポンプで水がくみ上げられる。深さ13.5メートルで、水深は降雨などで変わるが、通常2〜3メートルある。関東大震災では多くの避難民に利用された。植物園内に幾つかある池の水も消防署の緊急用水に指定されており、やはりわき水のために工事の影響が心配されるという。
 東大側は池付近にも観測用の井戸を掘るように要請している。
 また、近くの住民らは近く、「植物園を守る会」を結成する予定。地元の町会長だった発起人の渡辺秀康さん(77)は「何かがあってからでは遅い。マンションの地下一階部分の工事はやめてほしいと業者に要請するつもりです」と話している。(朝日新聞)

●文京区役所 都市計画部隊は なにしてたの?


2003/9/4毎日新聞

[街が変わる]文京区・小石川植物園の湧き水や地下水は大丈夫? /東京

 ◇影響評価の実施求める−−文京区がマンション建設業者へ
 文京区は3日、同区千石2の大規模な民間マンション建設を計画する住友不動産に、計画地に隣接する東京大学付属小石川植物園の湧(わ)き水や地下水への影響について事前に影響評価を実施し、区に報告するよう求める要請文を手渡した。
 同園は、1923年の関東大震災では多くの避難民が同園に押し寄せ、湧き水や池の水を活用した。現在は、都の広域避難場所に指定されている。計画地は第1種低層住居専用地域で、道をはさんで同園の北西側に位置する。地上4階、地下1階建てで5棟約200戸が建設される計画で、地域住民は「地下深く掘るため地下水脈に打撃を与える。植物園や地下水への悪影響は必至」と反発し計画の大幅変更を求めている。
 区は要請文で「震災時の地域住民の防災拠点になっており、関東大震災でも湧き水、地下水が消防などに活用された実績があり、地域住民の関心は非常に高い」と指摘。そのうえで、業者のこれまでの説明では湧き水、地下水への影響が明らかにされていないため、工事着工前に事前に影響評価を実施し、その結果を区に報告し、地域住民にも説明するよう求めている。
 一方、同社は同園と影響が出た場合の対策について協議を行っている。(毎日新聞)

●区役所、あわてる、たてわり、当然。住友もなんの調査・根回しなくあせって計画するものだから露呈しましたね、雑な丸投げ不動産だということが!


2003/9/2朝日新聞

東大小石川植物園→マンション開発会社
「井戸水減れば回復を」−関東大震災避難民救う「貴重」異例の申し入れ

 80年前の関東大震災で多くの避難民を救った東京大学付属小石川植物園(東京都文京区)の井戸や池の水の行方が、隣接地のマンション建設計画で心配されている。同園は、工事で水量が減るなどの影響を受けた場合、回復措置をとることを求める異例の申し入れをした。今も震災時の緊急用水に指定されている貴重な水源。業者側も要請を受け入れる方針だ。
 同園は約16万3千平方メートル。震災時には約3万8千人を収容できる広さだ。東京大によると、1923(大正12)年9月1日に起きた関東大震災の際には避難してきた約3万5千人が押し寄せ、江戸時代から使われていたこの井戸が貴重な水源となったという。
 北西の隣接地にマンション建設を計画しているのは住友不動産。敷地面積は約1万平方メートル。地上4階地下1階建てで、約200戸が入る。
 計画では地下約9メートルまでくいを打つ。東京大によると、同社のボーリング調査結果では、井戸の地下水は主に地下20メートルより深い地点を流れているとみられるという。
 同園側は影響が出る可能性は「極めて低い」としつつも、計画地が園の上流側に位置するうえ、敷地面積も広いことから「将来は何らかの事態が生じて地下水が減る可能性はある」とみている。
 このため、同園側は同社に対し、今後も継続的に調査を続けることを求め、工事に伴って水量が減るなどした場合は、新たに水を引くなどの回復措置を求めている。
 東京大によると、住友不動産側は水が減った場合は同社の責任で現状復旧に努める、との趣旨の文書を同大に提出した。
 住友不動産広報部は「東京大と井戸の水の問題などで前向きに協議している。詳しい内容は言えないが、東京大の要望に沿った形で対応策を検討している」としている。(朝日新聞)

●「ご近隣の要望に沿った〜」と説明会で住友の三柴が話した結果は?東京大学にも同じ裏切り行為をするつもりです、対応策は「水道水を供給する」と くるでしょう。


2003/8/27毎日新聞

[街が変わる]文京区・マンション建設 「植物園に悪影響心配」 /東京

 ◇地下水の流れ阻害と、16年ぶりに「守る会」復活
 文京区千石2に住友不動産が計画中の大規模マンション建設計画が、敷地の南東側に隣接する小石川植物園の湧水(ゆうすい)など地下水脈に重大な影響を与えかねないとして、学者や地元住民らが危機感を強めている。同園については、87年に敷地内を通る道路建設計画が持ち上がり、地元住民が撤回させた経緯がある。再び園の環境への悪影響が懸念される事態に、住民らは25日夜、かつての活動母体「小石川植物園を守る会」を16年ぶりに再開した。【窪田千代】
 マンション計画によると、敷地面積約1万650平方メートルに5棟計約200戸、約130台の地下駐車場を建設する。建物の高さは12メートル、地下にも約30戸の住居用1フロアが設けられる。
 マンション計画に反対する地元住民らの集まり「千石の安全と環境を守る会」(吉田哲男代表)は、同園に水を供給する地下水脈への影響を懸念していた。同計画を知った同園後援会会員で東京農工大名誉教授の小倉紀雄さんも、マンションの地下構造部が地下約8〜10メートル周辺にある礫(れき)層に達し地下水の流れを阻害すると指摘する。
 小倉さんは「植物園内の貴重な湧水・地下水環境に重大な影響を与える」として、同園の邑田仁園長あてに区や業者に対し、詳細な調査と結果の公表、計画変更の申し入れるよう求める書面を出した。
 これらを受け、87年以後運動を休止していた「小石川植物園を守る会」の当時のメンバーの一人、渡辺秀康さん(77)が呼びかけ人となり、会が再開することになった。設立会合には渡辺さんらの予想を上回る70人が集まった。「昔決着したと思っていた問題の再来に、都会の緑を守ることの難しさを実感した」という渡辺さん。「問題は今回だけに終わらないだろう。次世代にもバトンタッチできる息の長い運動を目指す」と話す。
 一方、同園は「すでにさまざまなデータを分析した上で水に関しては大きな影響がないと判断している。今後も引き続き現状維持のための調査を行っていく」と話している。
   ×  ×
 同園の正式名称は「東京大学大学院理学部系研究科付属植物園」。徳川幕府の時代から薬草園、貧者の養生所としての歴史を持ち、植物園としては日本最古、国際的にも古い。日本植物学会発祥の地でもあり、貴重な植生を残す。(毎日新聞)

●皆さん、住友不動産のひどい開発をやめさせましょう!


2003/7/29 時事通信

都立高教諭が買春=警視庁逮捕、罰金50万円の略式命令−教育庁は懲戒免職へ

 東京都立竹早高校(東京都文京区)の男性教諭(49)が今年3月、当時中学3年の女子生徒(15)に現金を渡しわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で警視庁武蔵野署に逮捕され、罰金50万円の略式命令を受けていたことが29日、分かった。都教育庁は同日中に男性教諭を懲戒免職にする。 (時事通信)

●都の管轄とはいえ文京区内の身近なところでこのような事件は怖く 悲しく 恥ずかしい限りです。最近 教職につく方にしては目の前のことしか考えられない方が増えた気がします。残念です。


2003/7/22毎日新聞

[なんだか変!]東京ウオッチング 文京に地下室マンション /東京

 ◇大規模化で地元住民反発
 ◇規制緩和で可能になったが、交通量増大への懸念も

 文京区千石2の第1種低層住居専用地域(1低層)で、大規模な民間マンション建設計画が進んでいる。敷地面積約1万650平方メートルに、5棟計約200戸が建設される。高さ12メートル(4階)のうえ、地下にも住居用の1フロアができる。傾斜地に一部を地下とみなした高層マンションの建築が相次ぐが、千石の計画地は平たん地で文字通りの地下室。「都心回帰」ブームの中で、ついに地下マンションまで売られるようになりつつある。【鈴木玲子】
 計画地は企業の社宅跡地で、道をはさんで南東側に小石川植物園が隣接する閑静な住宅地。近くに小中学校、保育園などがあり、周辺道路はスクールゾーンだ。
 計画する住友不動産によると、約200戸に約800人が入居し130台を超す地下駐車場を備える。近隣住民は「地下住戸は、低層でもより規模の大きなマンション建設を可能にする。交通量が増大し子供たちが危険にさらされる」と猛反発している。
 1低層は都市計画法では高さ10メートルに制限される地域。建築基準法では区が「良好な住居の環境を害する恐れがない」と認めた場合、高さ12メートルにできる。
 地下室建設をめぐっては、94年の建築基準法改正で地下部分が容積率の対象から外れた。最近、相次いで建設されている傾斜地に一部を「地下室」とみなす高層マンションと違って、今回の計画では、約30戸は文字通りの「地下室」となる。いずれもファミリータイプだ。地下室部分の前は地面が掘り下げられ、採光できる構造になるという。
 長引く不景気による都心部の地価下落で、企業などが手離した土地にマンションが急増し、人口の急激な「都心回帰」が起きている。千石は交通の便も良く、周辺環境にも恵まれている。高さ制限や容積率の厳しい1低層ではあるが、業者側が地下住戸や4階建てを実現して、部屋数をより多くして売ろうとする狙いがうかがえる
 業者側は先月18日、高さ12メートルの認定などを同区に申請した。近隣の住民たちは、業者に対して(1)地下と4階をやめ戸数を大幅削減する(2)緊急車両が通行できるよう各建物の隣接間隔をあける(3)幅員2メートルの歩道を設置する――などを要求。4階建てになればさらに戸数増につながるため、同区に高さ12メートルを認めないよう求めている。
 住友不動産広報部は「所定の手続きに基づいて文京区と協議中」とするだけで、ほかはノーコメントだ。一方、同区建築課は「認定基準に基づいて慎重に判断したい」と説明するが、住民の反発も根強いだけに対応に苦慮している。

★報道関係各社から今後も続きます、新聞だけではありません!追い風が吹き始めます。この記事は当然、区役所内でも話題になっています。


2003/6/28毎日新聞

後楽園競輪復活問題 文京区長の反発に知事「都の交渉、ずさんだった」


 東京ドームでの後楽園競輪復活に、地元・文京区の煙山力区長が強く反発している問題で、石原慎太郎知事は27日の定例会見で、「区長と都庁の担当者が話をする必要があったと思うんだが、それがずさんだったようですな」と、区との意思疎通が欠けていたとの認識を示した。
 石原知事は、競輪復活を表明した24日の所信表明について、「僕はこの程度ならと思って言いましたけど、都の責任者が向こうの意向を詳しく聞いた上で(所信表明の)原稿を作るべきだった」と話した。その上で、「もうちょっと話が進んでいるのかと思っていた。都庁の責任者が区長と会ってないみたいだ」と、今後、区と交渉することを明らかにした。
 石原知事は所信表明で、「早期実現を目指して準備を進めたい」と前向きな姿勢を見せたが、煙山区長は、緊急記者会見して「唐突だ。到底容認できない」と反発を強めていた

●煙山さん、あなたは頼まれごとの処理も 頼むことも下手な区長さんですね。頼りないですな。あぁ、文京区役所も ずさんなわけだ。近隣住民も「住友の悪事を到底容認できない」と反発が強まっているのに!任期中にはなんの功績も残せない区長さんなのですね。


2003/6/11毎日新聞

[街が変わる]文京区、建物に「高さ制限」導入へ−−周辺との摩擦に対策

 ◇高層マンション
 住宅地に隣接する高層マンションの高さを制限しようと、文京区は10日、幹線道路沿いの商業地域の一部で、建築物の高さを45メートル以下(14階程度)または35メートル以下(11階程度)に抑える「絶対高さ制限」を導入することを決めた。同区都市計画審議会の答申に基づいた措置で、来月上旬に見直し案を都に提出し、来年夏ごろ実施される見通し。
 幹線道路沿いの商業地域で高層マンション建設計画が相次ぎ、事業者と地域住民との間でトラブルが起きるケースもある。商業地域に第1種低層住宅専用地域が接している地域があることも要因になっている。このため住環境への影響を懸念し高さ制限を求める地域住民らの意見なども踏まえ導入に踏み切った。
 指定地域は、同区本駒込6の六義園周辺と音羽1の音羽通りの商業地域。従来の高さが60メートルの地域を45メートル以下に、45メートルを35メートル以下にそれぞれ制限した。
 絶対高さ制限は23区内では世田谷区や江戸川区などが既に導入方針を打ち出している。両区では絶対高さ制限に加え、敷地面積が細分化されないように、一定の面積を確保していなければ建物を建設できない「敷地面積の最低限度」の導入も決めている

●皆さん、当該地の一部はご存知かと思います。次なるニュースは住友の乱開発に対してご近隣の皆様が景観を勝ち取るニュースとなりますように。


2003/2/22朝日新聞

文京区降任制度

 東京都文京区は係長級(5級職)以上の職員が病気や家族の介護などの理由で降任を希望した場合、降任審査会の審議を経て希望降任できる「本人希望による降任制度」を20日から取り入れた。職員の意欲と能力を尊重し、職場を活性させ、人材を有効に活用させる目的で導入した。
 降任後の職員は主任主事(4級職)以上の級となり、給与は下がるが職責や役割が穏やかになることで、休暇をとりやすくなるという。再度、昇任を希望することもできる。降任時期は原則的に毎年4月1日。同様の制度は杉並、新宿、千代田などの各区が導入している。

●都市計画部の Oさん みたいに肝心な時に逃げやすくする制度が採用されました。さらに復活制度もあるのでタチが悪い。
 許認可関連業務も抱えたまま後退して、他者へ委託し免責後、復活・・・物理的には可能です。逃げない職員を望みます。


2003/2/6日刊スポーツ

文京区がラブホテルを特養ホームへ

 東京都文京区は5日、区内にあるラブホテルを特別養護老人ホームなどへ転用を促す事業として、浴槽などの備品の補助費3000万円を03年度予算に盛り込んだ。同区は昨年8月、特養ホームや保育所などへの転用に必要な備品代を補助する制度を創設。今回、ホテル1軒が特養ホームに建て替えることになり、同制度を初適用する。

 特養ホームで使われる補助装置が付いた浴槽などは高価で、参入する事業者にとってネックとなっている。同制度で、区はこれら備品代のうち国や都が補助した残りの額について、最大半額を補助する。

 同区の湯島地区は十数件のラブホテルが集中し、住民から環境改善を求める声が以前から強かった。一昨年末には一部区議が、湯島地区にラブホテルが増設されないよう条例を制定し、既存のラブホテルの点検、指導を強めるよう区長に要望書を提出していた。

●同じ文京区の話題なので・・・。
住友から土地を購入する予算も計上していただけませんか?


×文京区による食中毒に関する件

「解決しました」の公開文章との比較(当初の文章ファイル保管)


給食で321人食中毒 文京区の2小学校

 東京都健康局は二十四日、文京区立の昭和小学校(高田純子校長、児童数六百十四人)と千駄木小学校(米山和道校長、同七百二十五人)で出された給食を食べた児童ら計三百二十一人が食中毒を起こしたと公表した。うち女児一人(7つ)が一時入院したが、症状は比較的軽く全員が快方に向かっているという。

 両校の給食調理施設は十七日から業務を自粛していたが、文京区は二十四日から三日間、同施設を業務停止処分にした。都内で給食による食中毒があったのは一九九四年六月、板橋区内の中学校で発生して以来

 都によると、二校の児童らはいずれも十五日から十七日にかけて下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。文京区保健所で調査した結果(1)発症した児童、教職員全員が十四日の学校給食を食べていた(2)患者発生の時間が一定期間に集中(3)学年やクラスに偏りがなく患者が発生(4)児童らと接触がない調理従事者も給食を食べて発症(5)食中毒の原因となる小型球形ウイルス(SRSV)を患者から検出−などが判明、給食による食中毒と断定した。

●これも文京区教育委員会が陳謝でしょうね・・・。被害者の皆様お見舞い申し上げます。

文京区教育委員会のおわび    (ファイル保管)

生活衛生課のおわび    (ファイル保管)

★内容を精読すると「区長が自らを行政処分」とのことです!

「解決しました」とのこと。再発防止に力を注いでください! (ファイル保管)


2003/1/28毎日新聞

<騒音公害>住民が調停申請 東京ドームの新設コースターで

 「東京ドーム」が5月にオープンする新レジャー施設「ラクーア」(東京都文京区春日)をめぐり、周辺住民がジェットコースターや乗客の絶叫の騒音対策を求める公害調停を28日、東京都公害審査会に申請した。国の公害等調整委員会によると、遊園地の騒音が公害調停に持ち込まれるのは例がないという。

 申請したのは同施設から40メートル離れたマンション「本郷壱岐坂ハイツ」の住民やテナント事務所の利用者ら111人。申請書によると、住民らはジェットコースターの機械音に絶叫や東京ドームのイベント時の音響が加わると「騒音規制値を超えるのは明白だ」として、高さ60メートルの防音壁の設置や、午後10時から同8時への営業時間の短縮を求めている。対策を取らない場合は開園中止を要請し、法的措置も検討するという。

 同マンション対策委員会の岩田薫代表(50)は「都市部最大級のジェットコースターの新設で絶叫が響き渡るのは確実。これまでは我慢してきたが、もう耐えられない」と話している。
 文京区環境対策課によると、東京ドーム側が区に提出したジェットコースターの騒音予測値は49.6〜53.8デシベル。都の規制値(55〜60デシベル)は超えていないが、絶叫は加味していない。同課も運転を始めてから実際に機械音を測定し、規制値を超せば指導する。人の声は測定の対象にしない」と話している。
 東京ドームによると、新施設は現在の「後楽園ゆうえんち」の道路を挟んで北東の敷地約1万6000平方メートルに建設。大観覧車とその中心をくぐる全長1000メートル、最大落下角度80度のジェットコースターのほか、ウオータースライダーなどが売り物。温泉やスポーツ施設が入った9階建てビルを併設し、年間800万人の入場者を見込んでいる。

 同社の横塚厚・広報グループ長は「基本的に絶叫を騒音に加味するものではないとの認識で対応してきた。今後は手続きにのっとって主張していく」と話している。

●文京区はいつも予防することを怠り大変なことになりますね、しっかりしてください。


2003/1/15毎日新聞

鎌倉特有の庭園跡、最古の遺構出土−−無量寺跡発掘調査団/神奈川
 

 ◇創建当時のまま
 鎌倉市扇ガ谷1のセンチュリー文化財団(赤尾一夫理事長・東京都文京区)建造物新築予定地を発掘調査していた無量寺跡発掘調査団(宮田眞団長)は14日、岩盤を削って造る鎌倉特有の庭園跡としては最古の遺跡が出土したことを明らかにした。
 宮田団長と鎌倉市教委文化財課によると、調査は約360平方メートルの建設予定地で行った。その結果、約7メートル×3・5メートルの人工池と水路、長さ30〜40センチ大の礎石が数カ所で出土した。
 1293(永仁元)年4月の鎌倉大地震以降に造られた無量寺の遺構。池と水路は、がけ下の泥岩や砂岩の岩盤を削って造られており、底に玉石が敷かれている。削り残す形で「中ノ島」がある。「池に隣接するように10・8メートル×5・4メートルの建物があり、池に向かってぬれ縁がついていた」という。また出土した土砂から、すべての遺構が14世紀の第2四半期に火災のために焼失したことが分かるという。
 がけの端の山すその岩盤を削って造る庭園は、鎌倉でしか見られないもので、他には同市二階堂の瑞泉寺に現存する。同寺は1327(嘉暦2)年の創建だが、時代を経るごとに手が加わっているため、当時と変化していると考えられる。無量寺の遺構は創建当時のままの貴重なものだという。
 同市は同財団と協議して、何らかのかたちでこの遺構を残したいとしている。18日午後1〜3時、同調査団(0467・25・6023)による現地説明会がある。参加費無料。【吉野正浩】(毎日新聞)

●こんな貴重なものが東京海上跡地にもでたら良いですが・・・。


sengoku_sf@yahoo.co.jp

もどる

http://sengokusf.infoseek.ne.jp

住友 文京 マンション 文京区 千石 文京区千石 小石川 植物園 小石川植物園 住友不動産 不動産 不動産 音羽 小日向 白山 紛争 販売  パークスクエア文京音羽 地下 違法 紛争 古墳 環境破壊 遺跡 加藤建設 国土開発 協立 会社更生 ディベロッパー ディベロップメント 三柴 邦彦 日大 商学部 住友不動産販売  sumitomo-rd 田尻 正明 甲南 法学部 竹早