オルタナティブマーケティングプログラム(関西地区)関連

 

 

IFOAMアジア(IFOAM:国際有機農業運動連盟)の理事である橋本慎司さんは、日本以外のアジアの方々に日本の有機農業を取り巻く現状を見てもらうというプログラム『オルタナティブマーケティングプログラム(以下、AMP)』をするために有機農業に関わる生産者・流通・消費者に広く呼びかけられました(詳細は呼びかけ、設立趣旨を見てください)。2000年8月12日に説明会が開催され、本プログラムの関西地区の企画・実行をするためにアジア自給研修支援協議会を設立することが決まりました。当初は、“自給をすすめる百姓たち”が事務局を担当する予定でしたが、仕事の量の多さから“自給をすすめる百姓たち”ではできないということになりPOFA(ポラン広場有機農業協会)にやっていただくことになりました。

本ホームページは、オルタナティブマーケティングプログラムのうち関西地区で行われるものに関する資料を順次掲載します。

 

 

     

 

 

 

 

   

    呼びかけ

 

    アジア自給研修支援協議会設立趣旨

  

    アジア自給研修支援協議会設立総会 議事録(2000年9月23日開催)

 

    研修者の紹介

   

    最終的な話し合い 議事録(2000年10月14日開催)

 

    スケジュール(期間:2000年11月10日〜19日)

 

    シンポジウム開催のお知らせ(2000年11月18日)