ホトトギス(杜鵑草)
Since 2000/10/12
Last Updated on 2001/07/20 



 
ホトトギス属は花全体に紫色の斑点があり、その斑点をホトトギス(鳥)の胸腹の模様にたとえて、この名がついたといわれています。日本には10余種があるそうです。

 写真(1)と(2)は我が家(兵庫県相生市)の庭に咲いたものです。品種はよく分かりません。撮影は2000年10月11日です。

 写真(3)は、2001年7月7日に鷲峰山(鳥取県)で撮影したもので、ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)かな(?)と思うのですが、自信はありません。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


(1)


(2)


(3)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com