ハイビスカス アオイ科
園芸分類:非耐寒性常緑低木
花期 :周年 5月〜8月
花色:赤が一般的であるがピンク、
オレンジ、黄、白もある。
植え時:5月〜8月
原産地:熱帯性の原種と交配してつくられた
ものは葉や花が小さく、ハワイやロサンゼルス
で改良された品種をハワイアン・ハイビスカス
と呼び原色で大きな花が多い。
肥料:春〜秋月1回鉢に置き肥3個施します。
置き場所:春〜秋は、戸外の日当たりが
良く風通しの良い場所に置きます。
冬は室内の窓際に置きます。
根の生育が旺盛なので1年に1回、春に
植え替えた方が良いでしょう。
撮影:2002年8月20日
ハイビスカス アオイ科
園芸分類:非耐寒性常緑低木
花期 :周年 5月〜8月
花が終わっても新芽が伸びていれば次から
次に咲きます。そのためには春の植え替え
と追肥が大事です。
10月室内に取り込む時、伸びすぎた部分を
切り詰めコンパクトにします。
春の植え替えは赤球土7、腐葉土2、堆肥1
の割合で植え替えます。
園芸店に出回っているハイビスカスは
矮化剤でコンパクトに育てた鉢植えが多い
ようです。
挿し木で増やせます。

撮影:2002年6月30日
04年2月のハイビスカス アオイ科
園芸分類:非耐寒性常緑低木
花期 :周年 5月〜8月

室内に置いています。
真冬でも時々咲いています。
夜撮影したので暗いです。




撮影:2004年2月7日
サフィニア ナス科
園芸分類:1年草
花色 :多彩
花期 :3月〜10月
植え時:3月〜5月
ここでの植え場所:プランター
戸外の日当たりが良く、風通しの良い
場所に置きます。
肥料:元肥 腐葉土と緩効感性化成肥料。
100倍に薄め液体肥料を1週間〜10日に
1回施します。
ペチュニアは雨で花が痛みますが比較的
雨に強い。窒素分が多いと枝ばかり伸びて
花が少なくなります。冬日当たりの良い
軒下に置いたのですが3月初め枯れました。
撮影:2000年8月22日
グラジオラス アヤメ科
園芸分類:半耐寒性球根
花色:赤、白、紫、黄、ピンク、
花期:7月〜8月初め
植え時:3月末
原産地:熱帯アメリカ、南アフリカ
ここでの植え場所:プランター 戸外の
日当たりが良く、風通しの良い場所に
置きます。
肥料:元肥として腐葉土と油粕を少し混
ぜます。花が咲き始めたら100倍に薄め
た液体肥料を10日に1回施します。
葉が黄色くなったら掘り上げ乾燥貯蔵し
ます。
どの球根でもそうですが花が終ってすぐ
葉を切らない事、葉が黄色くなるまで
肥料を施し、来年のため球根を充実
させることが大切です。
撮影;2000年7月22日
エンゼルス・イヤリング  アカバナ科
園芸分類:半耐寒性多年草
花期:6月〜10月
ここでの植え場所:鉢
春と秋は半日陰、夏は日陰で管理。
冬は枝先を切り詰め南側の軒下に
置きます。
肥料:元肥腐葉土。
成長期に液肥を施します。


撮影;2000年6月15日
ホウセンカ ツリフネソウ科
園芸分類:非耐寒性1年草
花期:6月〜9月
ここでの植え場所:プランター
水はけ良く植え日当りの良い場所に置きます。
4月始めに種蒔きします。
丈夫で育てやすく手間がかかりません。
肥料:元肥腐葉土。
成長期に追肥は必要ありません。。


撮影;2000年9月8日

次は夏の花