font小 推奨

ブラキカム キク科 
園芸分類:半耐寒性多年草
花色:白色
原産地:オーストラリア
花期:5月〜12月 
ここでの植え場所:鉢
元肥:過リン酸石灰を混ぜ、腐葉土を
3割ほど混ぜます。
肥料:6月〜11月1000倍に薄めた
液体肥料を11月下旬まで月2回施
します。
夏は日当りの良い外に置きます。11月下旬
から3月まで日の当たる軒下に置きます。

撮影:2002年11月17日
ユリオプスデージー キク科 
園芸分類:半耐寒性多年草
花色:黄色
原産地:南アフリカ、アラビア半島
花期:11月〜6月 
ここでの植え場所:鉢
日当たりの良い場所に置きます。
元肥:腐葉土を3割ほど混ぜます。
肥料:6月〜11月1000倍に薄めた
液体肥料を月に1回施します。
暑さ寒さに強い。関東以西では屋外で冬越
しします。草姿が乱れた場合7月または
9月〜10月きり戻します。
花壇に植えると草丈が90cmになりますが
矮化剤を使用しているようです。現在の
草丈20cm。過湿を嫌います。
撮影:2002年1月4日
レウシア スベリヒコ科
園芸分類:耐寒性多年草
花色:ピンク
原産地:北米西部の山岳地帯に自生。
花期:12月〜6月
ここでの植え場所:鉢
肥料:肥料:秋から花期まで月に1回、1000倍に薄めた液体肥料を施します。
夏は半日陰で水は控えめに管理します。
冬は土が凍らないよう管理します。

花が綺麗な満開になったら写真を撮り
直します。

平撮影:2002年1月4日
這性ガザニア キク科
園芸分類:半耐寒性多年草または1年草
花色:黄色
原産地:南アフリカ
花期 :四季咲き性
植え時:4月
肥料:夏を除き1000倍に薄めた液体肥料を
月に3回施します。
鮮やかな花色とさまざなな花色が魅力の
草花です。春と秋は日当たりの良い屋外に
置きます
夏は暑さに弱いので半日陰で風通しの良い
場所に置きます。
冬は明るい屋内に取り込みます。

撮影:2002年1月4日
ブルーワンダー キキョウ科 
園芸分類:耐寒性多年草
原産地:地中海沿岸
花色:青
花期:11月〜4月 
植え時:
原産地:
ここでの植え場所:鉢 
夏のむし暑さと強い日光を嫌います。
半日陰で風通しの良い場所に置きます。
冬は室外で日当たりの良い所に置き
寒さに十分あてます。
肥料:花期に1000倍に薄めた液体肥料を
2ヶ月に1回施します。

撮影:2002年1月4日
クモマグサ ユキノシタ科
園芸分類:半耐寒性宿根草
原産地:日本の本州中部、北海道高山
    ヨーロッパの高山
花色:、白ピンク、
花期 12月〜5月
植え時:
ここでの上場所:鉢
花期に2ヶ月に1回、1000倍に薄めた
液体肥料を施します。
雲間草は非常に寒さに強い。室内には絶対
入れない。
夏のむし暑さと強い日光を嫌います。
半日陰で風通しの良い場所に置きます。

撮影:2002年1月4日
シンビジウム 
原産地:東南アジア、中国、インド、
日本、ニューギニア、オーストラリア
出回る時期(花期)9〜4月(一部夏咲き
種は4〜8月) 花色:花色豊富
開花中は直射日光の当たらない明るい
室内で管理します。肥料は必要ありませ
ん。水は鉢土の表面が乾いたら与えます。
花後の管理:さくらが咲く頃までは日当
りの良い室内で管理します。
6月下旬〜9月まで30%寒冷紗で遮光
します。最低気温が10℃以下になったら
室内に取り込みます。肥料:4〜6月は月に
1回油かすと骨粉の醗酵固形肥料を2〜
3粒施します。4月〜9月は10日に1回
洋らん用の液体肥料の1000倍液を施し
ます。
撮影:2002年1月20日

次は冬の花