font小 推奨
表示クリック・文字サイズクリック・小クリック 
   
2000年ミニ花壇を作る
花壇作り:2000年3月11日〜12日
花壇の大きさ:幅0.4m 高さ0.4m 長さ3.6m
材料
木 製ガーデンエッジ(柵)
1個大きさ:高さ0.5m 長さ1.2m 厚さ0.03m
4個購入 4個計     7,920円
腐葉土 18L2袋     596円
油粕  2kg       948円
骨粉 4kg        1100円
苦土石灰 1kg      218円
化成肥料 1.5kg      198円 (1/4使用)                   合計 10,980円   
花壇の土:15L川砂4袋(貰い物)
15L4袋赤玉土(古い土) 残りは庭土
3台(普通車1台、軽2台)の駐車スペース確保の
ため、花壇の幅を広く取れなかった。
撮影:2000年4月6日
ユキワリソウ  キンボウゲ科
園芸分類:耐寒性宿根草
原産地:本州から九州
花色:赤、白、青、黄
花期 2月〜4月
植え時:9月〜10月
ここでの植え場所:鉢
水はけ良く植え、通しの良い半日陰に
置きます。
冬は北風のあたらない軒下に置きます。
肥料:春と秋エードボールを鉢1号あたり1粒
施します。
花後から初夏に1000倍に薄めた液体肥料を
1週間に1回施します。 

撮影 2003年3月21日
ラナンキュラス  キンボウゲ科
園芸分類:半耐寒性球根
原産地:中近東からヨーロッパ南東部
花色:赤、白、黄色。
花期 4月〜5月
植え時:9月〜10月
植える時の注意点:アネモネと同じですが
根が出るのが遅い10日〜14日必要。
ここでの植え場所:プランターと花壇
水はけ良く、日当たりと風通しの良い
場所に植えます。
肥料:元肥 腐葉土、骨粉、化成肥料を少しと
苦土石灰をまぜ植えます。成長期に1000倍に
薄めた液体肥料を10日に1回施します。 
アネモネもそうですが花の付いた苗は高いです。
球根から育てると安く沢山楽しめます。 
撮影 2000年4月21日
ラナンキュラス  キンボウゲ科
園芸分類:半耐寒性球根
細詳は上と同じ
アネモネとラナンキュラスは大好き
な花の一つで毎年植えています。
球根は一袋398円位。
一袋にラナンキュラス5球位。
アネモネは17球位入っています。

花が終わってそのままにしておくと
10月初め芽が出ます。

撮影 2001年4月21日
02年のラナンキュラス  キンボウゲ科
最も好きな花の一つですが私の近所では
見た事ありません。
花の好きな人多いのに何故植えないのでしょう。
花が終わり地上部が枯れ球根を掘り出すと
貧弱な球根でこれを植えて花が咲くだろうかと
思うほど貧弱な球根です。
つい最近まで捨てていましたが立派に咲きます。
花が終わり地上部が枯れたら球根を掘り上げた
方が良いようです。


撮影 2002年4月13日
チューリップ ユリ科
園芸分類: 耐寒性球根
原産地:小アジア
花色:白、赤、淡ピンク等多彩
花期:4月〜5月 
植え時:10月〜12月
ここでの植え場所:花壇 
水はけ良く植え、日当たりと風通しの良い
場所に置きます.
肥料:元肥 腐葉土、化成肥料を少しと
苦土石灰をまぜて植えます。
成長期に1000倍に薄めた液体肥料を10日
に1回施します。

撮影 2005年4月19日
次は春の花
font小 推奨
表示クリック・文字サイズクリック・小クリック