NPO法人NEKKO
2014年12月
NPO法人GFNPは団体名をNPO法人NEKKOに改名しました。
今後ともよろしくお願いします。

いきいき活動中

CFP(フィリピンの貧しい人のためのクリニック) HPへ ブログ
WISH HOUSE(フィリピンの貧しい子どもたちのための家) HPへ ブログ

 2014年(平成26年)12月、団体名をGFNPからNEKKOに改め、フィリピンの貧しい人のためのクリニック運営とWISH HOUSEの運営事業を推進しています。

 
また、今まで同様にフィリピンでの植林事業を継続しています。
「イフガオの棚田が小崩壊を始めています。木を植え続けることしかそれを止めることができません。私たちはイフガオの棚田を守るため、木を植え続けています。」


下記の第1章〜第9章までのページは団体の事業実績等を記載しています。
第1章 IKGSの活動の始まり(1993年)
第2章 IKGSを支えたボランティアの記録(1993年〜1997年)
第3章 葛グリーンプロジェクト(1998年〜2001年IKGS)
第4章 フィリピンでボランティア活動IKGSのフィールド(ナニホ協力隊)
第5章 現地調査の記録
第6章 マブハイ交流

第7章 フィリピン・イフガオ州JICA草の根技術協力事業パートナー型
(2006年〜)

第8章 ヌエバビスカヤ州の植林(2002年〜)サンバレス州の植林(2005年〜)
第9章 イフガオの植林(2001年〜)

下記の第10章は現在運営している事業です。
第10章  無料マタニティークリニック
CFPフィリピンの貧しい人のためのクリニック
     WISH HOUSE「希望に満ちる家」運営

   特定非営利活動法人NEKKO(GFNP)(IKGS)の概要《詳細》
1992年(平成4年)6月6日に山南町で『わが町の葛を生かそう』という演題の講演会が開催されました。この講演会に参加した私たちは、「当地ではやっかいもの扱いの葛も、生かし方次第で火山灰砂漠の緑化に役立つ」ということと同時にその前年、世紀の大噴火をしたフィリピン、ヒナトゥボ火山の被災地の悲惨さと、そこに暮らすアエタ族のことを講師の津川兵衛教授(神戸大学農学部)から学びました。そして、この不毛の地に未来を築かなければならないアエタ族の人々のことや、砂漠化の進む地球のことを考え、早く被災地を緑化しなければならないことに気付きました。

そこで、日本の山野に自生する葛の種子を被災地に送り緑化を進めようと、葛の種子を集めるボランテ ィア活動に取り組みました。また、葛を通じて知り合ったアエタ族との文通にも参加し、国際理解を深めて います。このように山南町内外の多くの人たちが、田舎にいながら、誰にでもできる地球緑化を軸とする 国際協力を実践してきました。

  これらのボランティアを支援し、フィリピンで葛を活用して緑化推進の夢を実現しようという使命に燃えた山南町民の有志が1993年(平成5年)に「国際葛グリーン作戦山南」を設立しました。

1997年(平成9年)から今日までフィリピン・スービックにおいて、貧しい人々のお産の手助けをする無料マタニティクリニックを運営しています。
 また、貧困のため学校に行けない子どもたちを支援する施設WISH HOUSEの運営を継続しています。

   1998年(平成10年)2月1日、「国際葛グリーン作戦山南」と現地NGO団体「 Aeta Development Association 」は、葛グリーンプロジェクトの事業提携をしました。現在では、葛を緑化の第一段階に使い地力を回復させ植林と農業を進めています。ピナトゥボの「ヒガラ地区のモデルファーム」はパパイヤやバナナ、野菜が豊かに実っており、「ヤンボ地区」「ブアグ地区」20ヘクタールの葛植栽跡地の植林も終わりました。こうした活動が実って2001年(平成13年)には、アエタ族自身で生活協同組合を作り、自らの手で自分たちの将来の生活を考えるまでに彼等の意識改革をすることが出来ました。

    また、その他の事業として現地調整員の居住地域スービックにおいて、貧困層への医療支援を実施し、2003年(平成15年)にスービックの保健所から住民の保健施設に認定されました。多くの日本のみなさんからの寄付をいただき、現在も現地の貧しい人々への医療支援を継続しています。  


 2001年(平成15年)7月から1年間は、郵便局の国際交流協会ボランティア貯金の寄付金配分を受けてイフガオのもり作りを実施しました。このときが、イフガオでの植林の第一歩となりました。

2001年(平成13年)2月15日には、団体名を国際葛グリーン作戦山南から「IKGS緑化協会」と改名し、同年9月特定非営利活動法人の登記を完了、更にフィリピン全土の森を守る少数民族を支援し、彼等と提携して、緑化を推進する体制を整えました。そして、イフガオ州フンドゥアン郡の世界遺産の棚田を守る植林事業とバナウエ郡のアグロフォレストリー事業に取り組みました。
 2001年(平成13年)10月には、(財)国際緑化推進センター林業NGO助成事業を受けてイフガオ族の植林指導者3名をわが町に招聘し10日間、植林研修をおこないました

  2003年(平成15年)3月から2005年3月にかけて、JICAの草の根技術協力支援事業の委託を受けることになり、さらに大きくイフガオ州の棚田の森への植林を推進できるようになりました。
 その他に、2002年
(平成14年)4月から2005年3月にかけて、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて植林規模を拡大しました。

 2003年
(平成15年)9月からは(社)国土緑化機構の助成を受けて、また、2003年(平成15年)11月からは(財)イオン環境財団の助成を受けて、フィリピン・ヌエバ・ビスカヤの森林消失地域にも植林を拡大しています。

 2005年9月20日(平成17年)、団体名を「特定非営利活動法人IKGS緑化協会」から「特定非営利活動法人IKGS」に変更し、緑化をはじめ、あらゆる分野の国際協力に取り組むことにしました。
 
 2005年
(平成17年)10月から翌年5月まで(社)国土緑化機構の助成を受けて、フィリピン・ザンバレス州キナブクサンの学校の森造りを実施しました。

 2006年
(平成18年)4月から(財)イオン環境財団の助成を受けて<、フィリピン・ザンバレス州ナギャントック小学校と地域住民による“小学校の森”プロジェクトを実施します。

 同じく、2006年(平成18年)6月から3年間独立行政法人国際協力機構(JICA)の草の根技術協力草の根パートナー型の委託事業を受託し、フィリピン「イフガオ州の草の根エンパワーメントを通した生計向上による環境保全」事業を実施しました。 

 2009年(平成21年)8月、団体名を改名する。IKGSからGFNP(Green Field Network Philippines)に改める。

 
2014年(平成26年)12月、団体名をGFNPからNEKKOに改め、フィリピンの貧しい人のためのクリニック運営とWISH HOUSEの運営事業を推進する。
 また、今まで同様にフィリピンでの植林事業を継続する。

GFNPの活動は
独立行政法人国際協力機構(JICA)、独立行政法人環境再生保全機構、郵便局国際ボランティァ貯金寄付金配分、(社)国土緑化推進機構、(財)イオン環境財団、(財)国際緑化推進センター林業NGO事業助成の支援を受けて実施しています。

多くの賞を頂きました

平成10年(1998年) 平成10年度ふるさとづくり賞(兵庫県審査・優秀賞)
平成10年 関西氷上郷友会人づくり大賞
平成10年 ふるさとづくり賞
(あしたの日本をつくる協会全国審査・集団の部主催者賞)
平成10年 兵庫県社会賞
平成12年(2000年) (財)イオングループ環境財団より表彰を受ける
平成12年 兵庫県教職員組合文化賞「社会文化奨励賞」
平成12年 平成12年度地球温暖化防止活動環境庁大臣表彰
〔国際貢献部門〕
平成13年(2001年) 山南ライオンズクラブよりボランティア活動表彰
平成16年(2004年) フィリピン・イフガオ州・フンドゥアン郡より感謝状を受ける
平成16年 兵庫県測量設計業協会よりボランティア団体奨励賞を受ける



フィリピン・イフガオ州・フンドゥアン郡より感謝状をいただきました。


リンク集(ご支援いただいた団体)

JICA独立行政法人国際協力機構

独立行政法人環境再生保全機構

(社)国土緑化推進機構

(財)国際緑化推進センター

(財)イオン環境財団
リンク集(ご協力いただいた団体)

丹波の森公苑





賛助会員になってください 寄付金を受け付けています

賛助会費  個人 3,000円   企業10,000円

郵便振込み口座番号 00960−8−321736
振込み宛名       NPO法人NEKKO


日本事務所 〒673-0433兵庫県三木市福井2093-16
             特定非営利活動法人NEKKO
             
(事務所の住所が変わりました)

(C)このサイトに掲載されているすべての内容について二次使用を禁じます。