アカントステガ
 属名(Acanthostega ) 中国名(棘螈)

分類 両生類・迷歯亜綱・イクチオステガ目
生息年代 デボン紀後期
生息地域 北米・ヨーロッパ・グリーンランド
体長 1m
アカントステガはデボン紀末に生息していた、ごく原始的な両生類です。
まだ、手足はヒレから変わったばかりで、前後の足には8本の指があり、
頭には内エラが残っていました。恐らく両生類といってもほとんど水中
を出ることはなかったでしょう。しかし同じ頃にはすでに地上歩行に適
応した足をもつ両生類もおり、アカントステガは最古の両生類ではなく、
もっとも原始的な両生類ということになります。

============================================================

アカントステガといえば、次にくるのは⇒ イクチオステガ

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページ(top page)へどうぞ。