アノマロカリス (Anomalocaris canadensis

分類
Classification
節足動物門・ラディオドンタ目・アノマロカリス科
Arthropods, Radiodonta, Anomalocarididae
生息年代
Fossil range
カンブリア紀
Cambrian
生息地域
Habitat
海(カナダ)
Sea (Canada)
体長
Body length
60〜100cm
60 - 100 cm
アノマロカリスは「奇妙なエビ」という意味。カンブリア紀で最も繁栄した生物で
世界中の海に生息していたと考えられています。当時の生き物のなかでは
群を抜いて大型であり、強力な捕食者でした。食物連鎖の頂点に立ち、天敵は
いなかったようです。カンブリア紀の海の王者ともいうべき、このアノマロカリスがなぜ
絶滅したのかは今ではまだ、謎のつつまれています。

Anomalocaris canadensis means "odd shrimp".
It is believed that it was the most numerous life and living
in the sea all over the world during the Cambrian.
It was the largest animal to inhabit and a strong predator at that time.
It was on the top of the food chain, therefore, it seemed not to have any enemies.
It is still wrapped in mystery why Anomalocaris, the King of
the Cambrian sea, became extinct.

ブログ記事(アノマロカリス類はカンブリア紀だけではない!)

ブログ記事(アノマロカリスの脅威の捕食システム)

ブログ記事(アノマロカリスの姿ががらりと変わってしまう件について)

三葉虫 化石
三葉虫なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページ(top page)へどうぞ。