アンテオサウルス  属名(Anteosaurus
分類 爬虫類・獣弓目・異歯亜目・恐頭下目・アンテオサウルス上科
生息年代 ペルム紀後期
生息地域 南アフリカ
全長 4m
ペルム紀の強力な捕食者であった エオティタノスクス
取って代わった恐頭類に属する大型の捕食者です。
しかし後に現れた獣弓類であるゴルゴノプスなどにその
生態的地位を奪われ、この頃の恐頭類は肉食から植物食へ
移行したものが現れ、 モスコプスなどがそれにあたります。
アンテオサウルスは恐頭類にしては胴体と尾が長く、
鼻と眉の上に骨椎が隆起しているのも特徴です。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページ(top page)へどうぞ。