アントニオエノキ (フィクションです)
分類 担子菌亜門・真正担子菌綱・帽菌亜綱
生息年代 石炭紀
生息地域 アジア
高さ 60cm
別名「人面キノコ」とよばれ、目や口、鼻のようなものがあるが、
これらは感覚器としての機能はないとされています。口に見える部分
には穴のようなものがあり、そこから胞子(担子胞子)を排出したの
ではないかと考えられます。このキノコのエキスには麻薬的な効能が
あり、これを食べると体の中から燃え上がるような感覚を覚えます。

恐竜 ティラノサウルス
化石 販売




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。