アパンクラ  学名(Apankura machu

分類
Classification
節足動物門・ユーシカルシノイド類
Arthropoda
生息年代
Fossil range
カンブリア紀後期
Late Cambrian
生息地域
Habitat
南アメリカ(アルゼンチン)
South America (Argentina)
全長 4cm
南米アルゼンチンのカンブリア紀末期の地層から発見された
節足動物です。カンブリア紀は陸に進出した生物がまだ見られない
とされていますが、本種は水生の節足動物に見られる付属肢に
枝分かれたエラの役目をするウチワのような構造が見られないこと
から、陸上で歩行していた可能性のある最古の陸上動物と
見られています。


恐竜のイベント グッズのレンタル




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。