アルゼンチノサウルス  学名(Argentinosaurus huinculensis ) 中国名(阿根廷龍)

分類 恐竜・竜盤目・竜脚形亜目・竜脚下目・ティタノサウルス科
生息年代 白亜紀中期
生息地域 南米(パタゴニア)
体長 35〜45m
地上性の動物では史上最大と考えられている巨大な恐竜です。
発見されている脊椎骨の1つの長さは130cm、脛骨の長さは
155cmもあり、これらから全長35〜45m、体重は100トン
もあったと推測されています。この巨体を支える背骨の構造は
骨同士がガッチリとつながっていて、そのため脊柱の動きは
限定されていたと思われます。
ティラノサウルスぐらいかそれ以上の巨大な肉食恐竜である
ギガノトサウルスマプサウルスはこのアルゼンチノサウルス
を集団で襲ったといわれています。

ブログ記事(なぜ、竜脚形類はそんなに巨大だったのか)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。