バロサウルス
 属名(Barosaurus ) 中国名(重龍)

分類 恐竜・竜盤目・竜脚形亜目・竜脚下目・ディプロドクス科
生息年代 ジュラ紀後期
生息地域 北米・アフリカ(タンザニア)
全長 23m〜27m
バロサウルスはディプロドクス科の恐竜で、首と尾が長く、ディプロドクス
よく似ていますが、バロサウルスの方が首が長く、逆に尾は短めです。
また、長い首はより高い木の葉を食べるのに適していました。木の葉は口で
丸呑みし、胃の中にある石(胃石という)で、すり潰して消化を助けたと
考えられています。「ジュラ紀の恐竜の巨大化」を代表する恐竜の一つです。

ブログ記事(なぜ、竜脚形類はそんなに巨大だったのか)

ブログ記事(モリソン層・それは大恐竜世界)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。