ダエオドン
 学名(Daeodon shoshonensis ) 中国名(恐顎猪)

分類 哺乳類・偶蹄目(ウシ目)・エンテロドン科
生息年代 第三紀中期〜後期
生息地域 北米
体長 3m
以前はディノヒウス(Dinohyus=恐ろしい豚)と呼ばれていました。
エンテロドンの仲間に属し、このグループの中では最大で
最後に登場した古代のイノシシです。このエンテロドン類
は高い肩、上下に厚みのある胴体、長い四肢をしていました。
アゴにあるコブは闘うために使われていたらしく、化石には
戦いによってできた傷のようなものがあります。
ダエオドンは雑食性で噛む力が強く、容易に骨を噛み砕く
ことができ、現代の ハイエナと同じように腐肉食動物だった
と考えられています。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。