ダンクレオステウス
 属名(Dunkleosteus ) 中国名(氏魚)
分類
Classification
魚類・板皮綱・節頸目・ディニクチス科
Fish, Placodermi, Arthrodira, Dinichthyidae
生息年代
Fossil range
デボン紀後期
Late Devonian
生息地域
Habitat
北米、北アフリカの海域
Sea in North America and Africa
体長
Body length
5〜9m
5 - 9 m
ダンクレオステウスは無顎魚類(アゴのない魚)よりひとつ進化した
板皮魚類(アゴのある魚)と呼ばれるグループに属し、はっきりした
アゴという構造をもつことによって、他の動物を襲って食べるとい
った強肉食性が現れました。またサメの仲間と同じく、軟骨性の脊柱や
浮き袋をがなかったので沈まないようにいつも泳いでいかなけらば
ならなかったか、海底を這うように泳いでいたと考えられています。
サメ類と多くの共通点があり、サメ類と板皮魚類は同じ祖先をもって
いたと考えられています。
ダンクルオステウスは板皮魚類の中でも最も大型で、頭部以外の
体はわかっていませんが、その体長は9mもあるとも推測されています。
おそらく当時の海洋生態系を君臨していたものといわれています。

Dunkleosteus belonged to the group of Placoderm (jawed fishes)
which is more evolved than Agnatha (jawless fishes). They were
carnivorous fishes to eat other animals because of having jaw structure .
Dunkleosteus, like sharks, were a type of fish with a cartilaginous
skeleton and had no swim bladder for buoyancy, therefore it is believe
that they had to swim continuously or crawl along the ocean floor.
Dunkleosteus and sharks had in common, and it is thought
that Placoderms shared a common ancestor with sharks.
Dunkleosteus were the largest species of Placoderm, and we know nothing about
Dunkleosteus's body except their head, but it could reach 9 metres in length.
It would probably dominate marine ecosystems at that time.

ブログ記事(アゴへの進化〜そして究極の怪物へ)

ブログ記事(アゴ最強伝説2)

メガロドン 化石
メガロドンなら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。