エステンメノスクス
属名(Estemmenosuchus ) 中国名(冠鰐獣)

分類
Classification
単弓亜綱・獣弓目・異歯亜目・ディノケファルス下目・エステメノスクス科
Synapsida, Therapsida, Anomodontia, Dinocephalia, Estemmenosuchia
生息年代
Fossil range
ペルム紀中期
Late Permian
生息地域
Habitat
ロシア
Russia
体長 Body length 3m
体の割に大きな頭をもつ恐頭類(ディノケファリア)に属し、
他には モスコプスなどがいます。このエステンメノスクスは
頬や頭の上部に大きな骨の突起があることで知られています。
個体によってはこの骨の突起が大きなものがあり、おそらく
オスのものであると考えられています。また犬歯や尖った切歯
はもっており、肉食だったことを思わせます。
皮膚の化石から体の表面にはウロコがなく、現代の哺乳類と
同じように皮膚の分泌腺をもっていたことが判りました。

Estemmenosuchus are members of Dinocephalia, a massive skull for a body.
Another is the Moschops.
They are well-known for the projecting bony knobs on the cheek and cranium.
Some had big bones and it is probably male.
Also, their canines and shearing teeth suggest that they were carnivorous.
Fossilized skin showed that they had a scaleless body
and had skin gland like mammals today.

ブログ(哺乳類への道その2〜汗腺の起源)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。