フォスファテリウム  属名(Phosphatherium ) 

分類 哺乳類・長鼻目(ゾウ目)・ヌミドテリウム科
生息年代 古第三紀(暁新世後期)
生息地域 北アフリカ(モロッコ)
体長 60cm
ゾウ類の起源は北・東アフリカで発見された モエリテリウム
考えられましたが、モロッコの6500万〜5500万年前の
地層から本種の化石が発見され、これが最古のゾウの仲間に
なりました。また体も最も小さく体長60cm、体重は15kg
程度だったといわれています。
柔らかい水草などを食べた半水棲の生活をしており、
犬サイズのカバのような動物といわれています。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。