ゲオサウルス
 属名(Geosaurus ) 中国名(地龍)

分類
Classification
爬虫類・ワニ目・中鰐亜目・メトリオリンクス科
Reptilia,Crocodylomorpha,Mesoeucrocodylia,Metriorhynchidae
生息年代
Fossil range
ジュラ紀後期〜白亜紀前期
Late Jurassic-Early Cretaceous
生息地域
Habitat
海(ヨーロッパ)
sea(Europa)
全長 Body length 3m
メトリオリンクスなど海に生息していた海生ワニの仲間です。
前足は短く、後足と尾はヒレ状だったことから、おもに
水中で生活していたといわれています。
細長いアゴをしており、魚をとらえて食べて魚食性といわれて
いますが、海生ワニにはあごが短く海生爬虫類などを捕食していた
肉食の ダコサウルスもいました。

It is a companion of the sea life crocodilian such as Metoriorhynchus.
Because it was a fin, the hind leg and the tail seem to have been
underwater dwellers. A long and slender mandible is an adaptation to
prey on the fish.

ブログ記事(恐竜時代のワニの多様性について)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。