ギガントフィス  属名(Gigantophis
分類 爬虫類・有鱗目・ヘビ亜目・ボア科
生息年代 第三紀前期
生息地域 北アフリカ
全長 11〜12m
世界で最大のヘビは現生のもので アミメニシキヘビで、記録では
およそ長さ10mです。しかし、始新世(5500〜3800万年)の北アフリカ
では、それをはるかに凌ぐ大蛇が存在しました。化石は部分的ですが
長さ12mもあります。これぐらいの大きなヘビになると同時代で同じ地域
に生息していたゾウの仲間である モエリテリウムを捕食することも
可能だったといわれています。

(追記)
ギガントフィスは史上最大のヘビといわれていましたが、
その後南米でさらに大きなヘビ、 「ティタノボア」の化石が
発見されました。

ブログ記事(新たな史上最大のヘビ)

ブログ記事(巨大動物列伝)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。