ギロドゥス  属名(Gyrodus
分類 魚類・硬骨魚綱・条鰭亜綱・ピクノドゥス目・ピクノドゥス科
生息時代 ジュラ紀後期〜白亜紀前期
生息地域
全長 120cm
体はたいへん縦長で、側面から見るとほぼ円形の体をしていました。
細い骨の網状の組織が体を支えており、厚い長方形のウロコが体を
覆っていました。
アゴにはぎっしりと丸い歯が詰まっており、おそらくサンゴや貝など
体の硬い獲物を噛み砕いて食べたと考えられています。

メガロドン 化石
メガロドンなら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。