ヘリコプリオン
属名(Helicoprion ) 中国名(旋歯鯊)

分類 魚類・軟骨魚綱・全頭亜綱・エウゲネオドゥス目・アガシゾーダス科
生息年代 ペルム紀
生息地域 海(日本、北アメリカ、ロシアなど)
全長 3m
この奇妙なサメは2億5千万年前のサメです。当時の海は
サメが最も栄え、多様性に富んでいました。海の魚類の70%
がサメだといわれるほどです。このヘリコプリオンはその中でも
とくに特徴のあるサメで、歯は抜け落ちず、奥から新しい歯が
生えていき、らせん状に巻いていく独特の歯列をもっていました。
最近はギンザメ の仲間であることが有力視されています。

ブログ記事(サメの歯はベルトコンベア式)

ブログ記事(ヘリコプリオン〜その姿は謎のまま)  

メガロドン 化石
メガロドンなら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。