ヘリオメドゥーサ
 学名(Heliomedusa orienta  ) 中国名(東方日射水母貝)
分類 腕足動物門
生息時代 カンブリア紀
生息地域 海(中国)
全長 15mm
軟体動物の二枚貝に似た腕足動物の1種です。腕足動物は
貝の仲間に似るものの、全く違った系統の動物です。
二枚貝は2枚の殻が同じ形に対し、腕足類は2枚の殻は
形が異なるという違いが見られます。
この腕足類のヘリオメドゥーサは腹面と背面に膨らんだ殻を
もち、殻のふちにはたくさんの毛がならんでいるのが特徴です。
中国の澄江化石層からよく化石が見つかっています。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。