ヒプシロフォドン
属名(Hypsilophodon ) 中国名(稜歯龍)

分類 恐竜・鳥盤目・鳥脚亜目・ヒプシロフォドン科
生息年代 白亜紀前期
生息地域 ヨーロッパ(イギリス、スペイン)
全長 140cm〜230cm
後足は発達していて、ヒザから下が長いため、速く
走れたといわれ、長い尾でバランスをとっていたようです。
ヒプシロフォドンの仲間はジュラ紀中期から白亜紀の
約9000万年も存続し、世界中で生息しており、
恐竜の中でも最も栄えたグループでした。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。