ジョセフォアルチガシア  学名(Josephoartigasia monesi
分類 哺乳類・ネズミ目・パカラナ科
生息年代 新第三紀(鮮新世)〜第四紀(更新世)
生息地域 南米(ウルグアイ)
体長 3m
推定体重1トン、頭蓋の長さ53cmにも及ぶ
ネズミの仲間で、知られる限り史上最大のネズミです。
400万〜200万年前の沼沢地に生息していたといわれ、
臼歯が小さく、食べ物を噛み砕く筋肉は発達していないと
され、やわらかい植物や水生植物、果実などを食べていた
と考えられています。

ブログ記事(1トンの巨大ネズミ)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。