オパビニア  属名(Opabinia

分類
Classification
節足動物門・ラディオドンタ目・オパビニア科
Arthropods, Radiodonta, Opabiniidae
生息年代
Fossil range
カンブリア紀後期
Late Cambrian
生息地域
Habitat
海(北アメリカ)
Sea (North America)
体長 Body length
頭には五つの目玉にゾウの鼻のようなチューブ状にのびた器官があり、
その不思議な姿の復元を古生物学会で披露されたとき、会場が笑いの
渦になったそうです。今の現生動物には見られない特徴をもつため
進化史上の試作品と考えられてきましたが、最近の研究により、同じ
ハージェス動物の アノマロカリスや現生の カギムシの関連が
あるのではないかと考えられています。

People say that the strange-looking reconstruction,
which had five eyes on the head and tubular organs like an
elephant's trunk, made the audience laugh at
a Paleontological Association meeting.
Opabinia was thought a prototype of the evolutionary history
because it showed the unusual features that the modern animals
did not have, but it was considered by current research related
to other Burgess animals such as Anomalocaris or modern Onychophora

ブログ記事(アノマロカリスの姿ががらりと変わってしまう件について)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。