レピドデンドロン(リンボク)  属名(Lepidodendron

分類
Classification
ヒカゲノカズラ植物門・ミズニラ綱・リンボク目・リンボク科
Lycopodiophyta, Isoetopsida, Lepidodendrales, Lepidodendraceae
生息年代
Fossil range
石炭紀
Carboniferous
生息地域
Habitat
北アメリカ、ヨーロッパ
North America, Europe
樹高 40m
シダ植物の一群であるヒカゲノカズラ類の植物に類縁にあり、
高さ40m、幹の太さは2mほどの大木のように成長し、
石炭紀の大森林を構成するもっとも主要で、巨大な植物でした。
幹の表面菱形の構造がびっしりと埋まっており、これが
魚のウロコが並んでいるようにみえることから鱗木(リンボク)
という名の由来になっています。
石炭紀の大森林を構成した代表的な樹木はこのリンボクのほか、
フウインボクロボクがよく知られています。


恐竜のイベント グッズのレンタル




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。