Bの作曲家



ニコラ・バクリ Nicolas Bacri (1961 - )

1961年11月23日パリ生まれ。はじめピアノを学び,1975年からフランソワ・ルヴェカン(François Levéchin)及びクリスチャン・マナン(Christian Manen)に,1979年からルイ・サーゲ(Louis Saguer)に解釈法,和声法および作曲法を師事。1980年にパリ高等音楽学校へ進んでクロード・バイーフ(Claude Ballif),マリウス・コンスタン,セルジュ・ナック(Serge Nigg),ミシェル・フィリッポ(Michel Philippot)に師事。1983年に作曲法科で一等を得た。在学中,1982年には仏文化省の委嘱を受け弦楽四重奏曲二番を作曲。翌年にはリヨン音楽院の委託でセレナード二番を作曲するなど早くから評価された。1983年にローマ大賞を獲得し,1985年までヴィラ・メディチに留学。その後も仏文化省(夜想曲:1985年:ヴィタとモル:1992年),仏国営放送(クラリネット協奏曲:1986年,5つのモテット:1998年),仏国立管弦楽団(カンタータ第4番:1995年)などの委嘱を受け作曲活動を展開。3度のSASEM賞(1987,1992年,1995年)受賞や仏芸術院ピエール・カルダン賞(1994年)など豊富な受賞歴を誇る。1993年にエトセトラ社から出た作品集で仏新アカデミー・ディスク大賞。1995年から翌年に掛けて,仏国立交響楽団の客員作曲家,1995年から1998年までピカルディ管弦楽団付の在住作曲家。管見の限り,作風はジョリヴェやコンスタンらの影響が強い。(関連ページ ニコラ・バクリ氏ウェブ・サイト 仏語)


 主要作品

歌劇 ・鏡と魔術の花 'fleur et le miroir magique' (1996-1997)
管弦楽曲 ・交響曲第一番 symphonie No. 1 (1983-1984)
・交響曲第二番 symphonie No. 2 'sinfonia dolorosa' (1986/1990)
・交響曲第三番 symphonie No. 3 'sinfonia da requiem' (1988-1994) {msp, choir, orch}
・フォリア folia (1990) {orch(vla, orch /vln, vla /org /vla(vc), vc-ensemble)}
・小交響曲 sinfonietta (1992-1993)
・交響曲第四番 symphonie No. 4 'symphonie classique sturm und drang' (1995-1996) {chamber-orch}
・交響曲第五番【管弦楽のための協奏曲】 symphonie No.5 'concerto pour orchestre' (1996-1997)
・交響曲第六番 symphonie No. 6 (1998)
・小交響曲 sinfonietta (2001) {strings}
・短い序曲 a short overture, op.84 (2002-2003)
・追悼エレジー élégie in memoriam D.S.C.H., op. 85 (2003) {strings}
協奏曲 ・ピアノ協奏曲 concerto pour piano et orchestre (1980-1981) {p, orch}
・ヴァイオリンと21人の器楽奏者のための協奏曲 concerto No.1 pour violon et vingt et un instruments (1982-1983) {vln, 21inst(orch)}
・チェロ協奏曲 concerto pour violoncelle et orchestre (1985/1987) {vc, orch}
・夜想狂想曲 capriccio notturno (1986-1987) {cl, orch}
・鎮魂曲 requiem (1987-1988) {vla(vc), chamber}
・3つの歌と終曲 tre canti e finale (1987-1989) {vln, orch}
・カンティレーヌ cantilènes (1988-1989) {vln(vla), orch}
・トランペット協奏曲 concerto pour trompette (1992) {tp, winds, p, timp, orch, caisse-claire}
・ある祈り une prière (1994/1996-1997) {vln(vla /vc), orch}
・2台のピアノと弦楽のための協奏曲 concerto pour deux pianos et cordes (1995-1996) {2p, strings}
・室内協奏曲 concerto da camera (1998) {cl, 2vln, vla, vc, strings}
・フルート協奏曲 concerto pour flûte et orchestre (1999) {fl, orch}
・喜遊曲 divertimento (1999-2000) {p, vln, orch}

・トランペットと弦楽のための協奏曲第二番 concerto No. 2 'im angedenken Johann Sebastian Bach' (2000) {tp, dtringds}
・協奏的な音楽 musica concertante (2000-2002) {ob, vc, strings}
・夜想曲 notturno (2001) {ob, orch}
・ヴァイオリン協奏曲第三番 concerto No.3 pour violon et orchestre (1999-2000/2003) {vln, orch}
・夜想曲 nocturne, op.90 (2004) {vc, strings}
・春 le printemps: concerto amoroso, op.80-2 (2004-2005) {ob, vln (2vln), strings}
・冬の夜 concerto-méditation: winter's night, op.116 (2008-2009) {vln, strings}
・冬 concerto tenebroso: l'hiver (2009) {ob (vln), vla, strings}
吹奏楽 ・組曲 suite (2003) {8winds}
・ヴィア・クルシス via crucis, op.107 (2008) {perc, brass}
器楽・室内楽 ・3つの小さな狂詩曲 trois petites rapsodies (1979/1986) {vln(cl)}
・弦楽四重奏曲第一番【幻想曲】 quatuor à cordes No. 1 (1980) {2vln, vla, vc}
・2つの歌 deux lieder (1981) {vln(vla /vc), p)}
・セレナード第一番【3つの即興曲】 sérénade No. 1 (1981-1982) {ob, 9inst}
・弦楽四重奏曲第二番【5つの小品】 quatuor à cordes No. 2 (1982) {2vln, vla, vc}
・夜のエピソード episodes nocturnes (1982) {2vla}
・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1982-1983) {vln, vla, vc}
・セレナード第二番【5つの即興曲】 sérénade No. 2 (1983) {vla, fl, vib, hrp}
・弦楽二重奏曲第一番 duo (1983-1984) {vln, vla}
・4つの間奏曲 quatre intermezzi (1984/1990) {vln, vla}
・バガテル bagatelles (1985) {cl, p}
・4つの夜想曲 quatre nocturnes (1985) {ob, vln}
・弦楽四重奏曲第三番【ある墓標のための素描】 esquisses pour un tombeau (1985/1988) {2vln, vla, vc /strings}
・エーリッヒ・ザンの音楽 la musique d'Erich Zann (1986) {vc}
・(邦訳不詳) threnos (1987-1989) {2vla}
・組曲 suite pour violoncelle seul (1987-1990) {vc}
・弦楽二重奏曲 duo (1987-1988/1992) {vln, vc}
・ピアノ三重奏曲第一番 trio No. 1 (1987/1989/1992-1993) {vln, vc, p}
・セレナード第三番 sérénade No. 3 (1988) {fl, ob, cl, vln, vla, celesta(p /clvcn)}
・ある風景 a landscape (1988-1992) {fl, ob, fl, bssn, hrn}
・幻想曲 fantaisie pour trompette et orgue (1991/1995) {tp, org}
・変奏曲 quasi variazioni (1989) {vc(vla), p}
・弦楽四重奏曲第四番 quatuor à cordes No. 4 (1989-1990) {2vln, vla, vc}
・チェロ・ソナタ sonate pour violoncelle et piano (1990-1992/1994) {vc, p}
・前奏曲 prélude (1991) {org}
・弦楽六重奏曲 sextuor à cordes (1991-1992) {2vln, 2vla, 2vc?}
・ディヴェルティメント divertimento (1991-1992) {cl, vln, vc /vln, vla, vc}
・組曲【悲劇的】 suite pour violoncelle seul 'tragica' (1991-1993) {vc}
・4つのバガテル quatre bagatelles (1992) {cl, ob, fl, bssn, hrn}
・チェロ独奏のための組曲 suite pour violoncelle seul (1992-1994) {vc}
・アメリカの手紙 American letters (1991-1992/1993-1994) {cl, vla(vla), p}
・民謡風 im volkston (1994) {cl, vln, vc}
・短いソナタ sonata brève (1994) {vln}
・組曲第四番 suite No. 4 (1994/1996) {vc}
・三重奏曲第二番【対比】 trio No. 2 'les contrastes' (1995) {vln, vc, p}
・ヴァイオリン独奏のためのソナタ第二番 sonate No. 2 pour violon seul (1996) {vln}
・三重奏曲第三番【夜想ソナタ】 trio No. 3 'sonata notturna' (1996) {vln(fl), vc(vla), p}
・弦楽四重奏曲第五番 quatuor à cordes No. 5 (1997) {2vln, vla, vc}
・モンドルフ・ソナティナ mondorf sonatina (1997) {ob, cl}
・室内独奏曲 sonata da camera (1997-2000) {vln(vc /ob /fl), p}
・変奏ソナタ sonata variata (2000-2001) {vla}
・組曲第五番 suite No. 5 (2000-2001/2003) {vc}

・夜の音楽 night music (2001) {cl, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ第二番 sonate No. 2 pour violon et piano (2002) {vln, p}
・ソナタ第三番 sonate No.3 'kol nidrai sonata' (2002) {vln}
・3つの夜想曲 trois nocturnes (2002) {fl, vln, vla, vc}
・ソナタ sonate d'yver, op.82 (2002) {2vc}
・組曲第六番 suite No.6, op. 88 (2004) {vc} ...
管弦楽配置版「パルティータ」2005年。{orch / fl (ob), orch (2vln, vla, vc)}
・12のパスカル風モノローグ douze monologues pascaliens, op.92 (2004) {fl (ob)}
・ベートーヴェンの主題による瞑想曲 méditation d'après un thème de Beethoven, op.94 (2004) {insts (4vc)}
・ラヴェルを讃える奉献曲 aubade, petite suite en quatre parties en hommage à Ravel (2004) {hrp}
・憂鬱なセレナーデ sérénade mélancolique (2004) {g}
・バルトークを偲ぶソナタ sonata in memoriam Bela Bartok, op.95 (2005) {2vln}
・アダージョ adagio (2005) {2b}
・即興曲 impromptu (2005) {fl, p}
・弦楽四重奏曲 第六番 quatuor à cordes No.6, op.97 (2005-2006) {2vln, vla, vc}
・ピアノ三重奏曲 第四番 trio No.4, op.98 (2006) {vln, vc, p}

・弦楽四重奏曲 第七番 quatuor àcordes No.7, op.101 (2006-2007) {2vln, vla, vc}
・瞑想曲 méditation sur un thème chinois, op.102 (2006-2007) {vla (vln), orch}
・瞑想ソナタ sonate-médination, op.106 (2008) {vln /vln-baryton /vla /vc}
・叙情ソナタ sonatina lirica, op.108 (2008) {cl (vla /as), p (2vln, vla, vc)}
・叙情間奏曲 lyric interlude, op.110 (2008) {e-hrn (fl, cl), p (vln, vc)}
・小夜曲 petite musique de nuit, 111 (2008) {as (fl /cl, vla), p (vln, vc)}
・弦楽四重奏曲第八番 quatuor à cordes No.8 'omaggio a Haydn', op.112 (2008-2009) {2vln, vla, vc}
・ソナティナ・ラピダリア sonatina lapidaria, op.108-2 (2009) {cl (vla /as), p (2vln, vla, vc)}
・3つの即興曲 trois impromptus, op.115 (2009) {fl, p}
ピアノ曲 ・芸術の芽生え l'enfance de l'art: huit pièces pour piano de jeunesse (1976-1979/2000-2002)
・バガテル bagatelle (1982)
・3つの断想 trois fragments (1984-1989)
・2つの前奏曲 deux préludes (1988)
・3つの前奏曲 trois préludes (1989)
・前奏曲第六番 sixième prélude (1991)
・ソナチヌ sonatine (1992)
・3つの前奏曲 trois préludes (1994-1995)
・前奏曲とフーガ prélude et fugue, op.91 (2004)
・ディエレット・クラシコ diletto classico, op.100 (2006-2007) ...
抜粋改作が三種(Suite baroque, Sonatina classica, Arioso barocco e fuga monodica a due voci)。
・2つの抒情的素描 deux esquisses lyriques, op.103 (2006-2007) {p /vc, p}
・左手のための夜想曲 nocturne pour la main gauche, op.104 (2006-2007)
・ピアノ・ソナタ第二番 sonate No.2, op.105 (2007/2008)
歌曲・合唱曲 ・夜想曲 notturni (1985-1986) {sop, 7inst}
・6つの瞑想曲 In modo infinito: six méditations (1988-1990) {vla, vc, choir, orch}
・ヴィタエ・アブディカティオ Vitae abdicatio (1992-1994) {msp, ob, orch}
・コプラ・ド・ドン・ジョルジュ・マンリク coplas de Don Jorge Manrique por la muerte de su padre (1993) {choir}
・カンタータ第三番 vita et mors: Cantate No. 3 (1993) {msp, vc, chamber}
・3つのアレルヤ trois alleluia (1994) {choir}
・4つのアレルヤ quatre alleluia (1994) {f-choir, orch}
・カンタータ第四番 cantate No. 4 (1994-1995) {msp, strings}
・5つのモテット cinq motets de souffrance et de consolation (1998) {choir}
・モテット第六番【ニシ・ドミヌス】 nisi dominus (1998) {choir}
・ベネディカート benedicat isra? domino: triptyque mystique (2000) {choir}
・モテット第七番【オ・ルクス・ベアティシマ】 o lux beatissima (2001) {f-choir}
・カンタータ第五番 'isiltasunaren ortzadarra' (2001-2002) {msp, choir, orch}
・ヴェアトゥス・ヴィル beatus vir (2002) {choir}
・スターバト・マーテル stabat mater (2003) {sop, vln, choir}
・ビバルディ風カンタータ cantata Vivaldiana: Cantate No.6 sur le Nisi Dominus (2003-2004) {ct-tnr (msp), strings}
・悲曲 lamento (2003) {vo, 5inst}
・音楽の樹 l'arbre a musique ou les aventures de Séraphine, conte musical, op.89 (2004) {recit, small-orch} ...
Sylvie Robe台本
・ミゼレーレ Miserere, op.93 (2004) {4vo, choir / 5vo}
・3つの愛の歌 three love songs, op.96 (2005) {sop, orch}
・Mのだんな Monsieur M: conte musical, op.109 (2008) {recit, inst}
・希望 hope: onzième motet, op.113 (2009) {f-choir /4vo}
・大地のはざまで entre terres, op.114 (2009) {recit, choir, orch}


 バクリを聴く


★★★★☆
"Cantates No.4 / Notturno / Cantate No.5 / Motets de Souffrance et de Cosolation / Motet No.7 / Benedicat Israël Domino Triptyque Mystique . Trois Cantates op.33" (L'Empreinte Digitale : ED 13170)
Xavier Delette (cod) Isabelle Sengès, Sylvie Althaparro, Valérie Rio (msp) Yves Bouillier (vc) François Leleux (ob) Orchestre et Choeur Bayonne-Côte-Basque
現在,バクリの最もまとまった作品集であろう本盤は,2002年暮れに制作。1993年からこの録音直前までの間に書かれた数品を,2枚組に集成しています。器楽作品集やラッパ協奏曲では,六人組から若きフランスを指向する,かなり即物性の高い晦渋な筆致が目に付き,正直この盤も外れたら見放そうなんて思っていました。ここでも『カンタータ5番』などでは,ジョリヴェやメシアン界隈を賛美する持ち前の無調気質が前面に出て,毒気横溢。脂汗を禁じ得ない。しかしカンタータという題材の故か,ようやく本盤で,この人の基底を流れるロマンティシズムを耳にすることが出来ました。荒涼としたシブールの海岸を,モノトーンで寒々と撮った表装が示唆する通り,厳しく瞑想的な佇まいの緩楽章では,深みのある叙情性が色濃く表出。マーラーでしたか,かの『ヴェニスに死す』の主題歌。あれを現代方向へ偏倚し,精緻化したような『カンタータ第4番』や『夜想曲』,『カンタータ:作品33』における,厳かで立体感のある響きを聴くに,本国で高く評価されてきたのはこの技量ゆえかと納得します。先鋭的な作風を好むゲンダイ好き以外のまともな皆さんは,バクリについては本盤をお聴きになるのが最良では。これを聴いて晦渋と思われたら,バクリ詣ではここで止めておきましょう。演奏陣はオーボエのフランソワ・ルルーくらいしか知名度もないと思われる面々。しかし演奏は端正かつ重厚。難しい譜面でないからというのもあるでしょうが,バスク海岸地方ベヨンヌ管はグルノーブル管に迫る端正な演奏を披露しますし,歌唱陣も,声質に些か華こそないものの,力量は素晴らしい。そこらの中央の楽団には引けを取らない,第一線級の秀演と思います。

★★★★
"Im Volkston (Bacri) Disco Toccata (Connesson) Divertimento / Adams Dances (Bacri) Trio (Girard) Concerto da Camera (Bacri)" (Clarinet Classics : CC0043)
Patrick Peire (cond) Philippe Cuper (cl) Marianne Piketty (vln) Noëlle Santos (vla) Eric Watelle (vc) Cécile Hugonnard-Roche (p) Collegium Instrumentale Brugense
『パリ・コネクション』と題されたこのCD,レーベル名が物語る通り,3名のマイナー作家によるクラリネット作品集。冒頭,いきなり調子っ外れの旋律で,素っ頓狂に始まるズンタ・ズンタ乗りに唖然呆然なバクリの作風は,擬古典的。人を食った奇妙な明るさを持つフランセにそっくりな風合いでいて,唯一,愉快で分かりやすい主旋律だけをぐんぐん現代音楽方向へ偏倚。その結果,調子っ外れなポリモード性と,脳天気なリズム,異様に即物的な緊張感を持つ旋律がピカソ的不協和感を醸し出すバクリの作風が出来上がります。弦部が飴をぶら下げる『室内協奏曲』は重厚で,さすがの構成力。好ましく聴きましたが,個人的にはバクリの作品はあまり趣味に合わず,併録の2作家のほうに趣を感じました。コネッソンは1970年生まれ。ブローニュ・ビアンクール音楽院を出たのち,ランドウスキに師事。1998年にカルダン賞,翌年にブーランジェ賞を得た俊才。ジラールもコネッソン同様プーランク風の翳りを秘めた簡素な書法。現代にあっては穏健で目立たないでしょうが,筆致はなかなか熟達しているのでは。お二人とも作品集出ませんかねえ。本盤は何を置いても演奏が素晴らしい。ソリストはパリ音楽院首席卒ののち,プラハ国際で優勝し,パリ歌劇場管のプリンシパルを張る名手。トリッキーな旋律がてんこ盛りの難曲を軽やかかつ滑らかに,余裕をたっぷり残しながら弾き仰せる技量には,溜息が出ました。伴奏陣も秀抜。星勘定の大半は演奏の素晴らしさによるものです。

★★★★
"La Trompette Française :
Intrada (Honegger) / Concerto pour Trompette (Bacri) / Semaine Sainte à Cuzco (Tomasi) / Élégie (Escaich) / Étude No.2: No.12 (Charlier) / Suite en Trois Parties (Schmitt) / Concerto pour Trompette et Orchestre à Cordes (Delerue) / Légende (Enesco)" (Pierre Verany: PV 798011)

Eric Aubier (tp) François-Xavier Bilger (cond) Orchestre de Bretagne
現代フランスを背負う気鋭のラッパ吹きエリック・オービエは,フランス近現代の恵まれない作曲家達を,精力的に採り上げては録音してくださる素敵なおじさま。華々しくシーンに登場してきた当時から,マリウス・コンスタンとがっぷり四つに組んで,ジョリヴェ,トマジ,シャイネ,デザンクロのラッパ協奏曲を堂々演奏・録音。ラッパ界において一躍,仏近代の男版ジャンヌ・ダルクを宣言しました。本盤は,ブルターニュ管と組んで,目下二枚からなるシリーズ企画となった「フランス近現代ラッパ作品集」の第一弾。この後発表される第二集に比べると,本盤は器楽曲の編曲作品などを含む小品が主体。比較的ドビュッシーやラヴェルの同時代人の作品も採り上げており,東欧農夫臭漂うエネスコの『伝説』や,南仏の開放的な香りがトマジを思わせるシュミットの『三部の組曲』など,珍しくも穏健な作風の佳品が好事家趣味を満たします。バクリのラッパ協奏曲は,第二番同様に,ヒステリックな響きに満ちた先鋭的な筆致。大きな違いはありません。うっき〜和音炸裂のゲンダイオンガクに自信のない方は,どちらか一枚買う場合はこちらをお求めになると良いと思います。

★★★★
"Résurgences (Escaich) Concerto pour Trompette et Orchestre (Ohana) Concerto No.2 por Trompette et Orchestre (Bacri)" (Pierre Verany : PV703021)
Jean-Jacques Kantorow (cond) Eric Aubier (tp) Orchestre de Bretagne
デュティーユと並ぶ厳つい面構えと,繊細過ぎて狂気すれすれの和声フェチぶりを誇ったモロッコ出身の作曲家モーリス・オアナのラッパ協奏曲。ただでさえ強面なこの作家に,パリ音楽院で8部門に渡り一等賞を獲ったオルガン奏者兼作曲家エスケーシュ,パリ音楽院和声法科で一等を獲ったバクリのラッパ協奏曲2編をぶつけるという,およそ一般市場では受け入れて貰えそうにない趣向の本盤。随分前に同じピエール・ヴェラニーから近代フランス無名作家のラッパ入り管弦楽作品集を発表したオービエ〜ブルターニュ響の競演による仏近代ラッパ作品集の第2弾です。何と指揮棒を執ったのはかのヴァイオリン奏者ジャン・ジャック・カントロフ。最近あまり顔を見かけないと思ったら指揮者なんてやってたんですかと目が点のおまけ付きです。数分前後の小品や,ピアノ伴奏曲の管弦楽編曲版などで占められた前作に比べ,こちらは全て元々協奏曲として書かれた大掛かりな作品で,中身も俄然気合いが入った濃密なもの。高い流動感と鋭敏な和声感覚が光ったチェロ協奏曲に比べると,オアナのラッパ協奏曲は随分と新古典的。1957年と初期に書かれたことも関係しているのでしょう。バルトークとオネゲルを足して二で割ったような作品と形容すれば良いでしょうか。これはバクリも近いところがあり,やはり複雑ながら拍節構造は明確。バローやバルトークなどと同様,和声の繊細さや形式の流動感よりは,堅牢な拍節構成が目立つ作品との印象を受けました(ラッパという楽器のための協奏曲・・という特性を考えたのかも知れません)。反面,エスケーシュの書法はより旋法基調でマルタンぽい。ブーランジェの最晩年作品をいっそう即物的に書き直したような沈鬱な和声が,細かく上下に拍動しながら不穏な空気を煽る中,クロマチックにのたうつラッパの主旋律が金切り声を。先に出た彼の作品集と同じスタイルに乗っ取ったもので,これが彼の書法なのでしょう。マルタンほどの艶めかしさや思索性はない代わり,より直線的な推進力のあるエスケーシュの作品は,近代ファンでも少し背伸びをすれば受け容れ可能。ブルターニュ管はフランスの地方オケの中でも屈指の性能を誇り,近代ものに最も積極的なオーケストラ。演奏は高レベルに安定していると思います。

(2005. 8. 5 upload)