Jの作曲家



ジョセフ・ジョンゲン Joseph Jongen (1873-1953)

ベルギー近代を代表する作曲家。本名マリー・アルフォンス・ニコラ・ジョセフ・ジョンゲン。1873年12月14日リエージュ生まれ。7歳でリエージュ音楽院に進学し,シルヴェン・デュピュイス(Sylvain Dupuis),テオドール・ラドゥ(Théodore Radoux)らに師事。和声,フーガ,ピアノ,オルガン科で第一等を得て卒業。1894年には自作の弦楽四重奏曲でベルギー王立アカデミー大賞を獲得し,1897年にはカンタータ【コマラ Comala】でローマ大賞も獲得した。それらの報奨金で1898年から各国を歴訪し,フランス音楽に傾倒。1911年にはリエージュ音楽院和声科と対位法科の教授に就任。さらに1920年にはブリュッセル音楽院フーガ科の客員教授,同25年には学科長に就任(1939年まで)するなど,近代ベルギー楽壇に君臨し後進の育成にあたった。新古典主義の堅牢な様式美を基調に,印象主義ならではのまばゆいばかりの色彩感を加えた重厚な作風で知られる。多作家であり,生涯に書いた作品は241に上ったが,最晩年,時代が現代音楽へと推移する現実を前に,137作品を残し自作の全てを破棄した。1953年7月12日,サル=レ=スパ(Sart-lez-spa)にて死去。なお,ニューグローブ作曲家辞典の邦訳版で「ヨンゲン」という音訳がなされているためか,ヨンゲン表記をしている国内のサイトを非常に数多く見かける。しかし三省堂刊の作曲家辞典にも「ジョンゲン」とある通り,彼はワロン語圏の人物であり,フランドル語表記すべきではない。ジョンゲン研究家でもあるJ.S. Whiteley氏は自著『ジョンゲンとそのオルガン作品』で,わざわざ注釈を付けて注意を促している('J as in French je, hard G, and the second syllable, with a short E, receives a slightly greater stress' - Whiteley 1997; p. 3)。(関連ページ JONGEN, Joseph ベルギー情報管理センター内/Les Amis de Joseph Jongen: ジョンゲン愛好会公式ページ)


主要作品

オペラ ・フェリャーヌ Felyane (1907) {vos, choir, orch}
管弦楽曲 ・喜遊曲 Divertissement (1896)
・幻想曲 fantaisie (1902) {orch/2p}
・月の光 clair de lune (1908)
・2つの交響的小品 deux pièces symphoniques (1917)
・パッサカリアとジーグ passacaille et gigue (1929)
・三部作 tryptyque (1936)
・イン・メモリアム in memoriam (1947) {orch/p/harmonium}
・バラード ballade (1949)
協奏曲 ・ファンタジア fantasia (1898) {vln, orch (p)}
・行列の行進曲 marche cortège (1898) {org, orch (2vln, vla, vc)}
・ヴァイオリン協奏曲 concerto en si mineur (1899) {vln, p/vln, orch}
・チェロ協奏曲 concerto pour violoncelle et orchestre (1900) {vc, orch}
・交響的アダージョ adagio symphonique (1901) {vln, orch/vln, p}
・祝婚歌とスケルツォ epithalame et scherzo (1907) {3vln, orch (p)}
・祝婚歌 epithalame (1907) {3vln, org} ...
「祝婚歌とスケルツォ」の編曲か?
・コンチェルティーノ concertino (1913) {tp, orch/tp, p}
・組曲 suite pour orchestre et alto principal (1915) {vla, orch}
・5声の協奏曲 concerto à 5 (1923) {fl, vln, vla, vc, hrp}
・狂詩的幻想曲 fantaisie rapsodique (1924) {vc, p (orch)}
・讃歌 hymne (1924/1926) {org, orch/harmonium, p}
・アレグロ・アパッショナート allegro appationato (1925) {vla, orch}
・協奏的交響曲 symphonie concertante (1926) {org, orch}
・ユーモレスク humoresque (1930) {vc, orch (org)}
・序奏と舞曲 introduction et danse (1935) {vla, p (orch)}
・アレルヤ alleluja pour orgue et orchestre (1940) {org, orch}
・協奏曲 concerto (1943) {fl, ob, cl, hrn, bssn (2p/p, orch)}
・ハープ協奏曲 concerto pour harpe (1944) {hrp, orch (p, org)}
・ピアノ協奏曲 concerto pour piano (1945) {p, orch}
吹奏楽 ・ピアノと吹奏楽のための協奏曲 pièce symphonique (1928) {p, brass}
・ファンファーレ序曲 ouverture fanfare (1939) {brass}
・英雄的なファンファーレ fanfare héroïque (1945) {3tp, 4hrn, 3tb, tba, bass-tba, cymbal, ds}
室内楽 ・アルバムの一葉 feuille d'album (1892) {vc, p}
・弦楽四重奏曲第一番 ハ短調 quatour à cordes No.1 en ut mineur (1894) {2vln, vla, vc}
・フーガ fugue (1895) {2vln, vla, vc}
・ハバネラ habanera (1895) {vc, p/b, p}
・ピアノ三重奏曲 ロ短調 trio en si mineur (1897) {vln, vc, p}
・リート lied (1899) {hrn, p}
・アンダンテ・エスプレッシーヴォ andante espressivo (1900) {vla, p}
・アダージョ adagio (1901) {vln, vla}
・ピアノ四重奏曲 quatuor pour piano et trio à cordes (1902) {p, vln, vla, vc}
・静寂の時 heure calme (1902) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第1番 sonate en ré majeur pour violon et piano (1903) {vln, p}
・三重奏曲 trio pour piano, violon et alto (1907) {vln, vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 sonate en mi majeur pour violon et piano (1909) {vln, p}
・チェロ・ソナタ sonate pour violoncelle et piano (1912) {vc, p}
・弦楽四重奏曲第二番 イ長調 quatour à cordes No.2 en la majeur (1916) {2vln, vla, vc}
・即興的狂詩曲 caprice impromptu (1916) {vc, p}
・松の甘さ dans la douceur des pins (1916) {vc, p/vc, orch}
・2つの水彩画 deux aquarelles (1917) {vln, p}
・2つのセレナード deux sérénades (1918) {2vln, vla, vc}
・アリア aria (1921) {vc, p}
・フルート・ソナタ sonate pour flûte et piano (1924) {fl, p}
・ゆるやかな踊り danse lente (1924) {fl, hrp}
・三重奏のための2つの小品 deux pièces en trio (1925) {fl, vc, hrp/vln, vc, p}
・2つの小品 deux pièces (1929) {4vc}
・ピアノ三重奏のための2つの小品 deux pièces en trio (1931) {vln, vc, p}
・ハープ harpe (1932) {2vln, vla, vc, hrp}
・2つの素描 deux esquisses (1933) {2vln, vla, vc}
・2つの小品 deux pièces (1933) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・秘められし歌 chanson intime (1936) {vln, p}
・子守歌 berceuse (1936) {vln, p}
・コンチェルティーノ concertino (1940) {vla, p}
・ワロン地方の降誕祭における2つのパラフレーズ deux paraphrases sur des noëls wallons (1941) {4fl}
・哀歌 elégie (1941) {4fl}
・バラード ballade (1943) {hrp}
・アリアとポロネーズ aria et polonaise (1944) {tb, p}
・コンチェルティーノ concertino (1947) {cl, p}
・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1948) {vln, vla, vc}
・3つのカデンス cadences (-) {fl, hrp}
・バッハの名によるラルゴ largo sur le nom de Bach (-) {vln} ...
死後1956年に発見?
・(邦訳不詳) hoûte on pau..(-) {4fl}
オルガン曲 ・哀歌 elégie (1891)
・聖体奉挙 elévation (1891)
・大オルガンのための小品 pièce pour grand orgue (1892)
・アンダンテ・カンタービレ andante cantabile (1895)
・5つの小品 cinq pièces d'orgues (1893-1896)
・J.S.バッハの様式によるフーガ fugue dans le style de J.S.Bach (1897)
・古代の様式によるサラバンド sarabande dans le style ancien (1902)
・イ調のパストラール pastorale : pièce en la (1906)
・カンティレーナ cantilène (1908)
・4つの小品 quatre pièces (1910-1911)
・2つの小品 deux pièces pour orgue (1911)
・ラルゲット larghetto (1911)
・オッフェルトワール offertoire sur l'Alma Redemptoris Mater (1911)
・宗教的な行進曲 marche religieuse (1911)
・2つの小品 deux pièces pour orgue (1914-1915)
・シーソー le see-saw! (1917)
・(邦訳不詳) le bon chîval (1918)
・伝説 légende (1930) ...
未完
・英雄的ソナタ sonata eroïca (1930)
・トッカータ toccata (1935)
・小さな小品 petite pièce (1936)
・小さな前奏曲 petit prélude (1937)
・スケルツェットと祈り scherzetto et prière (1938)
・田園即興曲 improvisation-pastorale (1941)
・前奏曲とフーガ prélude et fugue (1941: 1943)
・ガブリエル・フォレのコラール chorals de Gabriel Fauré (1944)
・聖母被昇天祭の唱句 Gaudeamus: verset pour la Fête de l'assomption (1944)
・秋の想い pensée d'automne (-)
・葬送行進曲 marche funèbre (-)
ピアノ曲 ・交響的協奏曲 concerto symphonique (1892) {2p}
・練習曲 etude en fa dièse majeur (1892)
・オクターブの練習曲集 etudes en octaves (1892)
・結婚行進曲 marche nuptiale (1893) {2p/orch}
・即興的作品 improvisation (1900)
・舟歌 barcarolle (1901)
・ララ・ルク lalla roukh (1904) {2p/orch}
・2つの小品 deux pieces (1908)
・2つのワロン風ロンド deux rondes wallonnes (1912)
・ワルツの形式で en forme de valse (1913)
・アルデンヌの印象 impressions d'Ardenne (1913) {2p/orch}
・黄昏 crépuscule au lac ogwen (1916)
・アダージョ adagio du 2e quatuor (1916) {2p}
・悲しきサラバンド sarabande triste (1918)
・ソナタ形式の組曲 suite en forme de sonate (1918)
・子ども部屋 la nursery (1918)
・演奏会用練習曲第1番 etude de concert No.1 en si mineur (1920)
・演奏会用練習曲第2番 etude de concert No.2 en fa dièse mineur (1920)
・演奏会用練習曲第3番 etude de concert No.3 (1920)
・前奏曲集 treize preludes pour piano (1922)
・即興曲第1番 1e impromptu (1928)
・ニンフの遊戯 jeux de nymphe (1929) {p/orch}
・ソナチヌ sonatine (1929)
・アレグレット allegretto (1929)
・カンタービレ cantabile (1931)
・10の小品 dix pièces (1932) {p/small-orch}
・即興曲第2番 2e impromptu (1933)
・即興的作品 improvisation (1935)
・バラード第1番 ballade No.1 (1936)
・バラード第2番 ballade No.2 (1941)
・子どもの戯れ jeux d'enfants (1941) {2p}
・古風な形式による舞踏曲 bourrée dans le style ancien (1942) {p/orch/2p}
・即興曲第3番 3e impromptu (1943)
・おかしみ cocass: marsch, petite berceuse et divertissement (1945) {2p}
・喜遊曲 Divertissement (1950) {2p}
・間奏曲−ピッコロ intermezzo-piccolo (1950) {2p}
歌曲 ・歌 chanson (1891) {vo, p}
・4月に en avril (1892) {sop, p}
・ヴェニスの舟歌 barcarolle venitienne (1893) {sop, p}
・いかなる時も愛を以て j'eus toujours de l'amour (1893) {sop, p}
・夜の挨拶 bonsoir (1893) {sop, p}
・恍惚 l'extase (1893) {sop, p}
・夕暮れの草原にて le soir sur la steppe (1893) {tnr, orch (p)}
・子守歌集 les berceaux (1893) {vo, p}
・(邦訳不詳) hostias et preces..(1898) {sop, p}
・(邦訳不詳) les mâlhureux (1900) {sop, p}
・ルーマニアの歌 chanson roumaine (1902) {vo, p/vo, orch}
・夢のあとで après un rêve (1902) {sop, orch/sop, p}
・花々の踊り bal de fleurs (1902) {sop, p}
・菊科のユリ lys: chrysanthèmes (1902) {sop, p}
・宝石の中から dans son écrin (1909) {btn, p}
・2つの歌 deux chansons (1907) {msp, p}
・2人のアブラハム deus Abraham (1909) {btn, org, strings/tnr, vln (vc), org}
・文字板 les cadrans (1914) {vo, p (orch)/sop, 2vln, vla, vc, p}
・寂れた河岸の静けさ calmes, aux quais déserts (1917) {sop, p/sop, p, 2vln, vla, vc}
・異郷での主顕節 epiphanie des exilés (1917) {vo, p /sop, orch}
・塹壕の謝肉祭 le carnaval des tranchées (1917) {sop, orch (p)}
・赤の祝祭 les fêtes rouges (1917) {sop, p}
・炎の言葉 les langues de feu (1917) {sop, p (orch)}
・不幸な人々 les pauvres (1919) {vo, p/sop, p, 2vln, vla, vc}
・2つの無言歌 deux chants sans paroles (1923) {sop, p}
・一瞥 entrevisions (1926) {vo, p}
・音楽 la musique (1948) {vo, p/sop, 2vln, vla, vc, p}
合唱曲 ・聖アンジェの歌 cantique aux Saints Anges (1890) {choir, p}
・アヴェ・マリア ave maria (1891) {bass, vln, org}
・エッセ・パニス ecce panis (1891) {btn, choir, org (orch)}
・キリエとグローリア kyrie et gloria (1892) {choir, org, 2vln, vla, vc}
・アルマ・レデンプトリス・マーテル alma redemptoris mater (1895) {4vo, org}
・(邦訳不詳) callirhoe (1895) {vos, choir, orch}
・復活祭の日のためのミサ曲 graduel pour le jour de pâques (1895) {8vo}
・(邦訳不詳) haec dies.. (1895) {choir, org}
・アヴェ・マリア ave maria (1896) {2vo, org}
・アンジェリス・スイス angelis suis (1897) {choir, orch}
・コマラ comala (1897) {vos, choir, orch}
・マクベス夫人 lady Macbeth (1897) {vos, choir, orch}
・ミューズの神 la meuse (1902) {m-choir}
・アヴェ・マリア ave maria (1905/1906) {choir, org (4m-vo)}
・田舎風の歌 chanson pastoral (1913) {f-choir, orch/f-choir, p}
・マリー・デ・アンジェの歌 la chanson de Marie des Anges (1919) {5vo}
・トンボたちの舞い la danse des libellules (1919) {4vo, p (orch)}
・聖ニコラの伝説 la légende de Saint Nicolas (1933) {child-choir (f-choir), orch (p)}
・ミューズを讃えて hymn à la meuse (1938) {choir, p (org/orch)}
・蝉と蟻 la cigale et la fourmi (1941) {child-choir, p (2p/orch)}
・ミサ曲 mass (1945) {vo, choir, org, (brass)}
・彼は羊飼いなり il était un' bergère (1947) {child-choir, p (orch)}
・ラクリモーザ lacrymosa (1947) {2vo, org}
・良く調律されたクラブサンのフーガ fugues du clavecin bien tempéré (-) {choir}
試験
課題曲ほか
・フーガ fugues (1890)
・フーガ fugue (1894)
・フーガ fugue (1897)
・1926年の課題曲 concour de 1926 (1926)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1926)
・ホルン独奏のための講義用作品 lecture pour cor, 1926 (1926) {hrn}
・クラリネット独奏のための講義用作品 lecture pour clarinette, 1926 (1926) {cl}
・オーボエ独奏のための講義用作品 lecture pour haubois, 1926 (1926) {ob}
・ピアノ独奏のための講義用作品 lecture pour piano, 1926 (1926) {p}
・トロンボーン独奏のための講義用作品 lecture pour trombone, 1926 (1926) {tb}
・トランペット独奏のための講義用作品 lecture pour trompette, 1926 (1926) {tp}
・チェロ独奏のための講義用作品(3カ年分) lecture pour violoncelle, 1926, 1928, 1929 (1926) {vc}
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1927)
・クラリネット独奏のための講義用作品 lecture pour clarinette, 1927 (1927) {cl}
・コントラバスとヴィオラの二重奏のための講義用作品 lecture pour contrebasse et alto, 1927 (1927) {vla, b}
・ピアノ独奏のための講義用作品 lecture pour piao, 1927 (1927) {p}
・トロンボーンとファゴットの二重奏のための講義用作品 lecture pour trombone ou basson, 1927 (1927) {tb, bssn}
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1928)
・コントラバス独奏のための講義用作品 lecture pour contrebasse (1928) {b}
・ホルン独奏のための講義用作品 lecture pour cor, 1928 (1928) {hrn}
・トロンボーン独奏のための講義用作品 lecture pour trombone, 1928 (1928) {tb}
・トランペット独奏のための講義用作品 lecture pour trompette, 1928 (1928) {tp}
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1929)
・ヴァイオリン独奏のための講義用作品 lecture pour violon, 1929 (1929) {vln}
・ピアノ科の課題曲 concour de piano (1929)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1930)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1931)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1932)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1933)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1934)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1935)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1936)
・オルガン独奏のための講義用作品 lecture pour orgue, 1936 (1936) {org} ...
同名のものが2作品ある
・ピアノ独奏のための講義用作品 lecture pour piano, 1936 (1936) {p}
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1937)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1938)
・ソルフェージュの課題曲 concour de solfège (1939)
・和声法科の課題曲 devoir d'harmonie (1942)
・チェロ独奏のための講義用作品 lecture pour violoncelle, 1943 (1943) {vc}
・和声法科の課題曲 cour d'harmonie (-)
・練習譜 document d'étude (-)
・ソルフェージュ鍛錬のための12曲 douze leçons de solfège (-)
・オクターブを跨いだ対位法のための作品 du contrepoint double à l'octave (-)


ジョンゲンを聴く


★★★★★
"Symphonie Concertante (Jongen) / Fantasie en La : Pastorale (Franck)" (Telarc : CD-80096)
Michael Murray (org) Edo De Waart (org) San Francisco Symphony
最近は随分ジョンゲンのCDが増えましたけれど,これからジョンゲンを聴こうという方にまずお薦めすべき作品は,やっぱりこれでしょう。『協奏的交響曲』は,近代のオルガンと管弦楽の協奏曲分野で,最初にスタンダードを提供したと言い得るジョンゲンの代表作。当然リサイタル系オルガン奏者には重宝され,ジョンゲンの残したものの中では,おそらく最も競合盤が多い作品ではないでしょうか。新古典派に根ざした堅牢な様式美に立脚しつつも,仏近代を咀嚼した煌びやかな和声が遺憾なく織り交ぜられた曲想は絢爛豪華。しかし同時に大オルガンの技巧の限りを尽くした難曲でもある。ちょうどジョン・ウィリアムスの映画音楽の乗りでも楽しめる現代曲にも,重厚な反面頑迷なドイツ的演奏にもできる曲なので,多くは後者を選択して詰まらない演奏になってしまいます。いっぽう本盤は前者を選択したのが奏功。適度に重厚さを残しつつも,煌びやかで明瞭な曲想に配慮した現代的な響きの演奏で,ワールト以下のサポートが素晴らしい。この難曲から斬新な響きを引き出しつつも,作品の持つ重厚な品位を損なわない理想の助演と申せましょう。欲を言えばもう少しオルガンのソノリティが高いと良かったんですが,贅沢というものでしょう。既に初出(1984年)から20年を経過しているにもかかわらず,いまだに細々と入手可能な事実が示すとおり,決定版というべき名演奏です。

★★★★
"Symphonie Concertante (Jongen) Symphonie No.3 (Saint Saëns)" (Dorian : DOR-90200)
Eduardo Mata (cond) Jean Guillou (org) Dallas Symphony Orchestra
『協奏的交響曲』はジョンゲンの代表作で,他の作品はまるで知名度の欠片もない中,この曲だけは6種類前後の選択肢があります。確かにこの作品,ジョン・ウィリアムスの映画音楽を聴いているように明瞭で分かり易い上,作者一流の新古典的な構成力が,曲想を通俗的なものに貶めない。極めて好ましいバランス感覚の上に立脚した作風が,好まれる理由なのでしょう。従って演奏も,古典的な堅牢さと,映画音楽の煌びやかな通俗性をどこでバランスするのかが聴かせどころ。小生がこれまでに聴いたものの中では,俄然デ・ワールト/サンフランシスコ響のバランス感覚が傑出していたと思います。ところが,ちまたで数少ないジョンゲン好きのホームページを見ると,なぜか同盤は評判が宜しくない。その際,代わりに挙がってくるのが本盤。これは聴かずにはおけないぞ・・ということで購入しました。本録音の特徴は,まず何よりその異様なハイ・テンポ。特にぁ屮肇奪ータ」を5分9秒。もちろん好き嫌いもあるでしょうが,これはいくら何でも速すぎる。これでは作品の持つ形式面の重厚さがまるで伝わりませんし,セカセカして気ぜわしいことこの上ない。細部の描出も速いぶん雑で一本調子な感は拭えず,単に荒いだけで中身の薄い演奏だと思うのですが如何でしょう。とにかく派手な演奏ではあるので,これを聴いたあとに堅実なワールトのを聴いた方は地味に感じたのかも。しかし,ご老境のソリストとのテンポもずれ気味なのが象徴するとおり,演奏者たちのコンビネーションが崩れてまでこのテンポ取りにする必然性はなかったんじゃないでしょうか。

★★★★★
"Deux Mélodies op.25 / Deux Mélodies op.45 / Cinq Mélodies / Triptyque pour Orchestre" (Cypres : CYP1635)
Mariette Kemmer (sop) Pierre Bartholomée (cond) Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo
これまで「無い無い」と申し上げてきたジョンゲンの管弦楽作品集に,ほとんど唯一といって良い例外を提供してきたベルギーの雄シプレスは,昨年から今年に掛けて立て続けに3枚,ジョンゲン作品集を発表しました(他の二枚もおいおい紹介予定です)。本盤は今年発表された最近作。最近リエージュ管と仲違いしてモンテカルロへ鞍替えしたとの噂も聞こえる名匠バルトロメーが,ルクー作品集に続いて取り組んだ壮挙というべき発掘ものです。3編からなる歌曲集は比較的初期のものだけに,堅牢な新古典的構築性と極彩色の和声感覚に支配された『協奏的交響曲』の彼からすると,ぐっと後期ロマン派色が強い。特に最初期の「2つの歌曲」などは,あまりにデュパルクそっくりなので吃驚しました。パリ音楽院の首領フランクはベルギー人だという,分かっているけど意識されることの少ない事実を,こうした本国の第2世代作家たちの初期作品は如実に思い出させてくれます。圧巻はやはり後期の傑作『三部作』。彼一流の極彩色+新古典的構築美が巨大な伽藍を形成。この管弦楽作品を聴くだけでも,その有り余る才気は一目瞭然。こんな有名人がとウハウハ笑いも止まらぬ名匠バルトロメー以下オケの協調も見事なうえ,ソプラノの力量も良質。ブリュッセル音楽院を出たのちデュッセルドルフで学んだ才媛だそうです。本国の威信を懸けるだけに,素晴らしい内容に感服しました。甲種お薦め。

★★★★
"Comala / Clair de Lune: Version pour Orchestre et Version pour Piano*" (Musique en Wallonie : MEW 0214)
Jean-Pierre Haeck (cond) Sophie Martin-Degor (sop) Marc Laho (tnr) Roger Joakim (btn) Marcelle Mercenier (p)* Orchestre Philharmonique de Liège et de la Communauté Wallonie-Bruxelles : Choeur Symphonique de Namur
1897年にベルギー・ローマ大賞を受賞したジョンゲンの出世作『コマラ』が・・「CDになってる!」・・ひたすら驚きだけで購入してしまった本盤は,協奏曲2編の旧録音も発掘したMusique en Wallonie(ワロン語圏音楽社)制作。唯一ピアノ独奏版の『月の光』のみ1973年の音源(おそらく生誕100年+没後20年記念だったのでしょう)であるほかは,全て2003年の新録音。ベルギー仏語圏文化省の全面協力を得て制作された模様です。当時,既にジョンゲンは音楽院の一等賞を総なめにし,自作の弦楽四重奏曲とピアノ三重奏曲でベルギー音楽アカデミーから続けざまに賞を貰っていました。ローマ大賞の受賞はいわば決定打となり,彼は名実ともに若手の頂点に立ちます。同年10月31日,この作品はブリュッセル芸術アカデミー音楽堂で初演され,翌月には作曲者自身によりリエージュ音楽院でも上演されました。オシアンの古代戦記ものを元ネタにジルソンが書いた3幕の台本は,美学的には『パルシファル』。試験ではうち2幕を一ヶ月で書くことが求められました。モロ保守的な課題からも伺えるとおり,当時のベルギーはワグナー礼讃。そこで大賞を受賞した彼は,まだ保守派の優等生でした。懐旧的な形式感,明瞭な調性,大げさに振りかざされるロマンティシズム。笑っちゃうほどモロ,ドイツ。ベルギー文化省の威信が掛かっているだけに演奏は素晴らしいですし,若干初期ダンディ崩れな叙情性が加わる第二楽章に後年の片鱗もちらつくものの,いわゆるジョンゲン好きには推薦を躊躇せざるを得ない習作期の彼です。近代好きにとって本盤の魅力は,僅か6分間ほどの管弦楽版『月の光』でしょう。1908年の簡素にして瞑想的なロマン派ピアノ小品を,1915年の彼が管弦楽配置。既に仏近代の語法を吸収していた彼の,『海』を思わせる流麗甘美なオーケストレーションには溜息しか出ません。滑らかな弦部の響きも陶酔感満点。この1曲のみに投資できる奇特な貴殿には,素晴らしい見返りとなることでしょう。

★★★★☆
"Concerto pour Piano / Concerto pour Harpe / Passacaille et Gigue" (Cyprès-Musique en Wallonie : CYP 3610)
Fernand Quinet (cond) Eduardo Del Pueyo (p) Mireille Flour (hrp) Orchestre de Liège : Orchestre National de Belgigue
ベルギー楽壇では圧倒的な位置を占めたジョンゲンですが,現代は彼にとって受難の時代。最近まで,彼の作品を充分な演奏で聴かせてくれるCDといったら,ワールト盤と本盤くらいしかありませんでした。状況が改善されてきたのはようやく最近。生没後ウン十年となった2003年に入って,本国で大挙新録が出てからのことです。本盤は故国に残された旧録音の再発に燃えるワロン語圏地方の音楽社(Musique en Wallonie)が,ベルギー最大手のシプレ社と組んで出した貴重な協奏曲集。なにぶんにも録音は1960年代。しようと思えばステレオくらいにはできたでしょうに,何故かモノラルの録音状態は誉められたものではありません。しかし顔触れは超豪華。指揮棒を執るファルナン・キネは,自身も作曲を嗜み,六人組とも深く交流。指揮者として積極的に同時代人を紹介し,ベルギーのピエルネと化していた人です。さらにソリストも凄腕。ベルギーが誇る鬼才にして,こちらも過小評価の極みにあるピアニスト,エドゥアルド・プエヨの辣腕でジョンゲンが聴けるとは思いませんでした。当時のベルギー楽壇が総力を挙げて作り上げた記念碑的な録音だったのでしょう。内容も,堅牢な新古典様式と色彩感溢れる和声がいかんなく織り込まれた,充実期の名曲揃い。外れらしい外れを書いたのを見たことがないこの作家。ドビュッシーの次くらいには評価されても良いと思うがなあ。これほど堅実な作曲家であるにも拘わらず,日本じゃいまだロクな演奏機会もない。演奏されないからますます知られない。無知の再生産。ただただお寒い状況としか言いようが御座いません。

★★★★★
"Concert à Cinq / Sonate-duo pour Violon et Violoncelle / Danse Lente / Adagio pour Violon et Alto / Deux Pieces en Trio" (Cyprès : CYP1632)
Ensemble Arpæ
やや物足りなかったジョンゲンのハープ付帯の室内楽作品集に,ようやく自信を持ってお薦めできるものが出ました。ベルギー最大手レーベル,シプレが勧める2003年プロジェクトの福音です。演奏するアルペ・アンサンブルはハープ,フルートと弦楽三重奏からなり,1994年に創設された新進団体。メンバーは全員王立ブリュッセル音楽院卒の俊才で,いわばジョンゲンの後輩にあたります。フルートはペーター=ルーカス・グラフの,ハープはマリー=クレール・ジャメのお弟子さんと毛並みが良く,演奏は競合するタレント盤とは比較にならないほど出来が良い。タレント盤やナクソス盤のそれに比べ速めのテンポを取り,淡泊にさっぱり再現前することを意図した曲解釈は,一歩間違うと単なる粗忽な演奏に陥りかねない諸刃の剣。それが乾いた午後の涼風のように軽やかで爽快に仕上がったのは,アンサンブルの一体感や緊密度が高く,しっかりメリハリを利かせられているからでしょう。名品『五重奏』,『緩やかな踊り』以下,選曲も良い。近代的な和声を程良く加味した,作者一流の典雅な擬古典趣味を十全に堪能できます。室内楽盤としては目下,文句なしの演奏最優秀盤。

★★★★☆
"Quatuor avec Piano / Trio" (Cyprès : CYP1638)
Ensemble Joseph Jongen: Diane Anderson (p) Eliot Lawson (vln) Jacques Dupriez (vla) Mark Drobinsky (vc)
ジョンゲン愛好会(Les Amis de Joseph Jongen)の中心人物でもあるディアヌ・アンデルソン女史が編成したジョンゲン・アンサンブルによる演奏。といっても,実体は先にアドルフ・ビアランの室内楽作品集で共演済みのドロビンスキらと同じような顔ぶれによる録音です。収録された2品はいずれも比較的初期の作品。同じく初期のヴァイオリン・ソナタは,薄味のロマン派様式で未熟さをさらけ出しており,『四重奏』はその前に書かれた作品。大いに心配しつつ耳にしましたが,結論から言えば杞憂だったようです。ロマン派の枠組みにとどまりつつも,延々拡張の施された『四重奏』は,情熱的なユニゾンとそれに対置されたピアノによるアルペジオの対比といい,魚が河面をスイスイ泳ぎ抜けていくような転調技法といい,書きっぷりに一目瞭然フォレの影響を見ることができる佳品。過渡期の作品ではあるのでしょうけれど,既に和声の肉付けは心憎いばかりに巧み。後の片鱗を容易に見出すことができます。確かに1898年からの楽遊でフランスに行き着き,触発された頃の作品ではあるわけですねえ。数年を経た『三重奏』は,既に冒頭の旋律からして旋法性が格段に増している。形式面はまだフォレっぽいものの,移行期の終局を飾る佳品ではないかと思います。ヴァイオリンはカントロフ,オイトスラフの弟子。ヴィオラは王立ブリュッセル音楽院の教員で,元ソ連出身のドロビンスキ以外は全員地元民。演奏はフランコ楽壇の伝統に違わぬ美音と優雅な品格に富み,大変良くできていると思います。

★★★★
"Trio en Si Mineur, op.10 / Trio - Prélude, Variations et Final, op.30" (Phædra : DDD 92041)
Erard Ensemble: Caspper Bleumers, Arjan Wildschut (vla) John Addison (vc) Edward Janning (p)
選択肢が急拡大中のジョンゲン室内楽にまたひとつ,素敵な録音が。初期の二編のピアノ三重奏を併録したベルギー産の新録音です。前者は1897年,カンタータ『コマラ』でローマ大賞を獲った年の作品ですから,一聴フランクのヴァイオリン・ソナタに毛の生えた程度。或いはマニャールに類同する時代感を帯びた懐旧的な作品です。とはいえ,ロマン派らしい旋律は流麗に転調しながら拡張され,なかなかに風雅。一方後者は1907年に書かれ,ヴァイオリンにヴィオラを加える変則三重奏。これも基本的には,初期ジョンゲンの作風を踏襲した後期ロマン派拡張型の筆致。「早く結論を知りたい」という聴き手の心を快く裏切りながら転調し,勿体をつけていきます。それでも,経過音との両義性によって守られながら,既にピアノの分散和音へは仄かな全音階や旋法表現が織り込まれ,ポスト・ロマンティシズムへのまなざしを感じることのできる作品ではないでしょうか。演奏するエラール・アンサンブルはご想像の通り,かの楽器商から名前を頂いたグループ。1878年のエラール・ピアノを使い,当時の音を再現することが目的。耳馴染みのない面々ですし,後者にはジョンゲン・アンサンブルの素晴らしい演奏もあるだけに,若干見劣りこそします。しかし,グリュミオーを彷彿させる艶のあるヴァイオリンは細身ながら美音ですし,ジョンゲン・アンサンブルほどではないものの,水準以上の密度もある。良い演奏ではないでしょうか。ところで,ジョンゲンは後年になってもピアノと二弦の三重奏を書いているんですけど,このところ出る録音はどういうわけかロマン派の枠組みに留まっていた頃のものばかり。これって何でなんでしょうかねえ?

★★★★☆
"Impressions d'Ardennes / Concerto pour Violoncelle et Orchestre / Fantaisie sur Deux Noëls Populaires Wallons" (Cyprès : CYP1634)
Marie Hallynck (vc) Roman Kofman (cond) Orchestre National de Belgique
生没年ウン十周年を機に,高水準の演奏で精力的な新録を行ったシプレスにより,ジョンゲンの大型編成作品集は,かなり充実したカタログを呈してきました。本盤もその一つ。ピアノのディアーヌ・アンデルセン女史と並び,ジョンゲン作品の再発掘に燃えるアルペ・アンサンブルの中心人物にして愛らしい美貌の若手ソリスト,マリー・ハリンク女史をソリストに迎えたジョンゲンの協奏曲集です。これは先に出たシプレスの新録全般に言えることですが,このCDも,収録曲は比較的初期のもの。最も遅くに書かれた管弦楽のための『アルデンヌの印象』でも1913年の作品です。そのためか,チェロ協奏曲などはかなり保守的なロマン派作品。熟達した筆致に感服はするものの,ジョンゲンというよりはダンディ経由で独ロマン派の影響がモロ出しになった内容。そんな中,やはり聴き所を作ったのは,収録曲中最も遅い1913年に作られた『アルデンヌの印象』。まだ新古典派というより後期ロマン派の形式に則ってはいるものの,ダンディやロパルツの向こうにドビュッシーの遠景を臨む極彩色の和声は紛れもなくジョンゲン。ベルギー国立管による,充分お薦めできる水準の演奏かと思います。

★★★★
"Complete Melodies" (Arcobaleno : AAOC-94612)
Ludovic de San (btn) Noël Lee (p)
本国を中心に再評価著しいジョンゲンさん。日本では相変わらず聴かず嫌いでサッパリ演奏されず,お寒い限りです。「国内盤じゃ逆立ちしても無理なレベルの演奏で,山のように選択肢があるから,もういいもん!頼まんもん!」あっしも思わずいじけ半分,口走ったりしてしまいます。唯一刈り残されていた歌曲にも,いよいよ厳窟王の手が伸びましたよ。しかも全集で。彼の歌曲は,一口に言えば,ドビュッシーやカプレのピアノ譜を充てたロマン派。随所に全音階が使われ,デリケートな分散和音を散りばめたモーダルな伴奏譜は印象派そのものながら,本家に比べマッシブで輪郭明瞭な主旋律はロマン派の流れ。ドビュッシストでいながら,構造まで解体しようとはしなかった点で,作曲家としてのスタンスはむしろラヴェル的だった作曲者の美意識を反映したものでしょう。なにぶん二枚組で30曲。玉石混淆な面もあります。しかし,さすがベルギー近代の看板息子。明らかな駄作は歌曲においても僅少で,改めて彼のオールラウンダーぶりを再確認でき言うことなし。そんな本盤を「誉めていながら,ど〜して5つ星じゃないんですか」と仰る皆さん・・そうなんですよ。作曲者に問題がなけりゃ,残るは制作者か演奏家しかないでしょう(悩)。カプレやヴェローヌの歌伴で才能を発揮したノエル・リーの名伴奏者ぶりは多言を要しますまい。問題はバリトンのルドヴィク・ド・サン氏。ブリュッセル音楽院でフレデリク・アンパッシュに師事し,23才でパリ国際歌唱コンクールとウィーンのシューベルト国際コンクール入賞。2年後にはリオ・デ・ジャネイロ歌唱コンクール,UFAM国際コンクールにも入賞し,現在はブリュッセル音楽院で教鞭を執るベテラン。テノールみたいな声質で,昔はさぞ上手かったことでしょう。しかし,齢を経た声からはビロードの抑揚が失せ,喉のコントロールも怪しくなり,それを喉締めでカバーしようとするため,どうしても歌い回しが硬くなり,声質との間に齟齬が生じてしまう。リオネール・ペイントル辺りが歌ってくれてたらなあ・・と,飛ぶは勿体ないお化けばかりなり。それにも増して問題なのが録音。ブックレットや表装のどこにも何一つ情報がないのは,よっぽど低予算で録音したからじゃないでしょうか。小学校の体育館みたいな閉塞感を帯びた残響と,機材の安物ぶりが窺える集音。奏者との距離を感じるマイク定位など,「何で?」が幾重にも付く録音はいただけません。ひょっとして予算を抑えるため,自分たちで録ったのかな?声を掛けてくれれば,手弁当でもう少しまともに録ってあげたのに・・がっくりです。

★★★★☆
"Danse Lente / Trio / Sonate / Elégie / Deux Paraphrases sur des Noëls Wallons pour Trois Flûtes et une Flûte Alto" (Naxos : 8.557111)
Marc Grauwels (fl) Marie Hallynck (vc) Sophie Hallynck (hrp) Dalia Ouziel (p) Quatuor de Flûtes du Conservatoire Royal de Bruxelles
生没年両方が2003年にウン十周年を迎えたジョンゲンは,かつてない程再評価の機運が高まりました。このCDもそんな追い風に載って登場したもの。先行したタレント盤の室内楽選が演奏面でミソをつけたことを考えるにつけ,やや手薄なジョンゲンの室内楽分野に名のあるソリストばかりを集めて貴重な選択肢を与えた,得難い録音と言えるでしょう。1978年から国営ベルギー放送管の首席ソリストに任じられたグローウェルズの演奏は,水を得た魚のように情熱的。それもその筈,この盤はもともとシュランクスという,歴とした通常価格レーベルから出た音源。お安いところなど微塵もない見事な演奏で快哉を叫びました。外れのないジョンゲンだけに,擬古典的なアルカイズムと,近代の美しい和声とが好ましく和合した楽曲は典雅の一言です。ただ,あっしの購入したこのCDは直輸入盤なんですが,解せないのがこのCDの帯。散々口を酸っぱくして「ヨンゲンじゃないぞ,ジョンゲンだぞ」と書いてきたにも拘わらず(しかも,Jongenで日本語検索すりゃ,あっしのページは真っ先に引っかかるにも拘わらず),なおヨンゲンと表記しやがったナクソスは,あっしに喧嘩でも吹っ掛けてるんでしょうか?ご丁寧に仏語圏であるワロン地方の名前を冠したパラフレーズまで収められているというのに・・困ったもんです。いつまで経っても一向に「ヨンゲン」表記が後を絶たない理由が良く分かりましたともさ!

★★★★
"Quatuor à Cordes No.1 en ut Mineur / Quatuor à Cordes No.2 en La Majeur" (Pavane : ADW 7483)
Quatuor Gong : Hanxiang Gong, Yinlai Chen (vln) Jean-Christophe Michallek (vla) Martin Hesselbein (vc)
数多ジャンルで復刻が進むなか,唯一取り残されていた感のある弦楽四重奏のジャンルで,とうとうジョンゲン作品集が登場しました。彼が3つ残した弦楽四重奏曲のうち,初期の2作品を採録しています。第1番は1894年に,ジョンゲンがまだリエージュ音楽院の生徒だった頃,ベルギー王立アカデミーの芸術院が主催した作曲コンクールへ応募するために書いたもの。このコンクールで見事優勝したことにより,1000フラン(50万円くらい)を貰ってパリ楽遊のきっかけを得ることになったのはご承知の通りです。作品番号僅かに3。フランク傍系のロマン派書法で,和声面もなお保守的ながら,良く拡張された主題といい,凝ったリズム配置といい,確かに大変良く書けた作品。のちの大成は充分に予見できます。いっぽうテオ・イザイ(イザイ兄弟の末弟でピアノ弾き)に献呈された第2番は,1916年の作曲。既に充実期へ入った書法は,案の定の近代書法。第一番に比べ形式感,輪郭線とも明瞭になり,転調技法も高度になり,重奏和音のトレモロで絶えず添えられる和声は格段に豊か。充実の筆致に感嘆しました。これで演奏も最高なら,文句なしに5つ星なんですが・・世の中上手く行きませんなあ。演奏するゴン四重奏団は,全員がリエージュ管弦楽団の構成員。中国系のヴァイオリン弾きゴンさんの肝煎りで1986年に結成され,リエージュを拠点にベルギーの作曲家を掘り起こしては,演奏活動をなさっているようです。甘美な音色は悪くないですし,科の利いた情感表現も甘美で良いんですけど,残念なことにくだんの第一ヴァイオリン以下,皆さんピッチがやや甘い。高らかに主旋律を奏でる第一ヴァイオリンは,ときに耳障り。曲が素晴らしいだけに惜しいことこの上ありません。やっぱり餅は餅屋ってことでしょうか。さらなる録音を期待せずには居られませんですねえ。

★★★★☆
"Trio à Cordes (Jongen) Trio 'Le Chimay' (Ysaÿe) Strijktrio (De Meester)" (Pavane : ADW 7502)
Goeyvaerts Strijktrio: Kristien Roels (vln) Kris Matthynssens (vla) Pieter Stas (vc)
2006年に出た本盤は,ベルギー近代の作曲家群像を,ベクトルの異なる三名の弦楽三重奏曲を通じて俯瞰しようとするオムニバス。このレーベルには同じくジョンゲンが書いた二編の弦楽四重奏をリエージュ管の面々が弾いた音盤があります。残念ながら同盤の演奏はパッとしないうえ,肝心の楽曲もフランク永井色が濃い初期作品。三分の一とはいえ,最晩年の1948年に書かれた弦楽三重奏曲がこうして聴ける状況を作った功績は大でしょう。冒頭の一分間で提示される第一主題は完全にバロック風で「こりゃダメだな」と落ち込みかけたんですけど,一分を超えた辺りから見る見る低奏部の副旋律がモダンになり,華麗な転調と熟達した対位法を擬古典的な形式へと織り交ぜる後期ジョンゲン語法になります。併録されたイザイの数少ない重奏作品は,モダンな技法が使われている割にあまり効果があがっていず,手すさびだな〜との感慨を拭えませんけれど,ジョンゲンの珍しい三重奏を聴けただけで買った甲斐がありました。いっぽう初耳のメーステルは1904年生まれ。33才の時アプジルに一時期対位法を学んだものの,既に無声映画の伴奏やダンスホール音楽を通じてどっぷりジャズに染まっていた彼の語法は固まっており,作曲家としては独学でした。彼はのちブリュッセル放送に入り,電子音楽に系統。ベルギーのアヴァンギャルド音楽の先駆者になります。彼の三重奏は,雅楽を思わせる冒頭から,ヒステリックに跳躍する調性感希薄な旋律が入り乱れる晦渋ワールドへ。執拗に同じモチーフが反復され,調性感もギリちょんで維持するなど,前衛音楽寸止めの語法。喩えるなら後年のルリエっぽいでしょうか。演奏するゲイベルツ三重奏団は近現代を専門にする1997年結成の新進楽団。ベルギー作曲家連盟主催の2003年《フーガ杯》を受賞したとか。音色に棘とエグみがあり,時折ピッチの甘さはちらつくものの,腕前は先だっての四重奏団より数段良く,深く力感に富んだシンコペーションでダイナミックに輪郭を削り出すスタイルが好ましいです。

★★★★
"Complete Chamber Works with Harp:
Concerto à Cinq / Deux Pièces en Trio / Introduction et Danse / Danse Lente / Valse" (Classic Talent : DOM 2910 74)

Eric Melon (vln) Etienne Plasman (fl) Didier Poskin (vc) Pierre-Henri Xuereb (vla) Rachel Talitman (hrp)
わ〜いわ〜い!比較的入手可能なタレント盤から,ハープ作品全集という体裁を取って,ジョンゲンの室内楽作品集登場!演奏陣のエリック・メロンは,同じタレントからジョンゲンのヴァイオリン・ソナタ集を出している人物。恐らくは彼が音頭を取って実現した企画でしょう。演奏は知名度落ちのメンバーだからか,若干響きのきめが粗く,こののちシプレやナクソスから,より演奏の良い競合盤が出た今となってはやや旗色が悪いところもあるのですが,それを補って余りあるジョンゲンの素晴らしい作曲の才能に惚れ惚れ。印象派の語法を完璧に消化し,なおかつ新古典的な様式美を加えたその格調高い作風は,紛れもなく近代ベルギー楽壇の至宝たる彼ならではのもの。大抵の作曲家は得意なジャンルを選ぶもので,ジャンルを問わず常に密度の高い作風を展開しているジョンゲンの並外れた才気に,改めて感嘆しました。世の一流演奏家諸兄よ,これほど優れた作曲家になぜ注目しないのだ!ジョンゲンを録音せよ!この場を借りて改めて声を大にしたいと思います。

★★★☆
"Symphonie Concertante / Suite / Allegro Appassionato" (Koch Schwann : CD 315 012 GI)
Hubert SchoonBroodt (org) Rene Defossez (cond) Orchetre Symphonique de Liège -symphonie concertante / Therese Marie-Gilissen (vla) Brian Priestman (cond) Orchestre Symphonique de la R.T.B.F. -Suite : Allegro Appassionato
ジョンゲンの代表作『協奏的交響曲』は,管見の限りでも5つはCD録音があり,最も頻繁に演奏される代表作。分厚い和声と重厚な形式美を誇るこの作品は,出来そのものを取っても代表作の名に恥じない名品。しかし目下,その殆ど全部が他国の面々による吹き込みでした。そんな中にあって本盤は,母国ベルギーの,それもジョンゲンが教鞭を執っていたリエージュの管弦楽団が演奏している盤として,嫌が応にも目を引く一枚です。しかし,残念ながら本盤の聴き所はカップリングの2曲のみ。『協奏的交響曲』の演奏は,くぐもった音場といい,オケの力量といい,愚鈍な指揮といい,ずれ気味のオルガンといい・・残念ながらとても誉められたものとは言えず,素晴らしい色彩美と重厚な躍動感を持つデ・ワールト/マレイ盤には遠く及びません。指揮者がジョンゲン関係者でもある本盤が,その人脈ゆえにいわばスタンダードとなってしまい,本国勢の再録を躊躇させているとしたら不幸なことですねえ。それでも,滅多に演奏されない2つの管弦楽曲が併録されているのは本盤の大きな強み。ジョンゲンに目覚めた方なら,なお垂涎の品といえましょう。

★★★★
"The Organ Works of Joseph Jongen vol-2 :
Offertoire / Cantabile / Improvisation-Caprice / Prière / Choral / Scherzetto / Gaudeamus / Légende / Improvisation-Pastorale / Marche Religieuse / Larghuetto / Sarabande / Sonata Eroïca" (Priory : PRCD 382)

John Scott Whiteley (org)
ジョンゲンはオルガン曲を殊の外得意とし,数多くのオルガン作品を遺していますが,それらのうち,オルガン単体のために書かれた作品については,ほぼ完全に網羅した選集(しばしばこの盤を全集と表記しているページがありますが,これは誤り)が,2枚からなるこの企画(ここでは第2集を紹介しています)。オルガン奏者のジョン・スコット・ホワイトリーは王立音楽学校で学び,1976年に全英オルガン競技会で優勝。その後はイギリス各地で教会オルガニストとして活躍している人物。イギリス人でありながら,どういうわけか彼はジョンゲン作品には殊更造詣が深く,1997年にはジョンゲン研究の決定版ともいうべき大著『ジョンゲンとそのオルガン作品』も出版しました。演奏そのものは若干録音悪く,圧縮空気の音がプシュプシュとうるさいんですけど,誰も手を付けていなかったオルガン曲を,こうして音源化して基礎資料とした姿勢はただただ素晴らしいと思います。

★★★★☆
"Complete Piano Works Volume 1" (Pavane : ADW 7475/6)
Diane Anderson (piano)
ジョンゲンは1873年に生まれ,1953年に亡くなっています。ということで,今年(2003年)は生没年両方がメモリアル。実際,ベルギーのレーベルから,続々と記念盤が登場しています。この盤はその真打ちというべきもので,ジョンゲンのピアノ作品全集の第1巻。記憶する限り世界初じゃないでしょうか。クラビエールから出た抜粋盤しかなかったのを考えれば,壮挙といわねばならないでしょう。ソリストも,初老のご婦人ながら力量はなかなかに確か。タッチは綺麗ですし,一部に僅かなミスタッチが見られる程度で,この手のマイナー作家盤にありがちな酷い演奏とは一線を画しており,溜飲が下がりました。ジョンゲンの作風には全音階や平行和音もちらつき,印象主義の影響も顕著に見えます。しかし,基本となる調性の流れはドビュッシーのように崩れず,経過音を上手く使って,移調する中で調性を拡張している印象が強い。いわば後期ロマン派の流儀でしょうか。また,全体にコード打ち,装飾音多用で輪郭をくっきりと取るバタ臭い傾向が強く,アメリカ版ジョンゲン的存在であるハンソンのピアノ作品と高い類同性がある事実を興味深く聴きました。色彩感を豊かにしようと考えるとき,和音を幾重にも重ねて彩りを増す,いわば油絵を導入するか,それとも絵の具を混ぜて複雑な色合いを出し,ニュアンスを深めていく,いわば水彩を選択するのか。後者がドビュッシーなら,おそらくジョンゲンは前者の観点で近代化を考えていたのでしょうねえ。

★★★★☆
"L'Intégrale pour Piano, Volume 2" (Pavane : ADW 7477-9)
Diane Andersen, André De Groote (piano)
ジョンゲン愛好会(Les amis de Joseph Jongen)の会長を務めるディアヌ・アンデルセン女史が進めていたジョンゲンのピアノ作品全集に第二巻が登場。3枚組の本盤でめでたく完結しました。アンデルセン女史の良心は,収録時間の関係上,足の出てしまった3枚目の残りに,デ・グート氏を迎えて連弾曲を4作品10曲,併録してくれたことでも明らかです。前作を聴いたときにも類似の感想を持ちましたが,やはりジョンゲンの語法は,形式面では従前の作曲法に立脚しつつ,和声面でドビュッシー方向を志向する穏健なモダニスト。個々の作品に掲げられた標題を見れば,作曲者の創作態度は明らかで,「トッカータ」,「マズルカ」,「ブーレ」と曲形式を掲げるか,「情熱的に」,「優しく」と解釈上の注記を加えるかのいずれかをとるものが大半。いわばレーガー流儀(笑)。それも手伝ってのことでしょう。ここに聴ける曲は長老派の保守的な曲形式に立脚し,輪郭も律動も明瞭です。曲の輪郭が明瞭なだけに,いっそう曲ごとに添加される味付けの部分で,何を参照しているかがくっきりと見通せて興味深い。ドビュッシーなら,標題に心象の反映を含まぬ『ピアノのために』までの和声と旋法表現を,恐らくはパリで触れたであろうファリャやトゥリーナらからは,スペインの土着音楽が持つマッシブなリズムと,ギターを模した平行和音進行を,それぞれ採り入れながら,ロマン派以前の素地を豊かに膨らませていきます。お写真で拝見するまでもなく,奏者は既にそれなりのお年なのでしょう。ラヴェルの同名曲と同じくやっぱりこちらも難しい「トッカータ」や,両手でパラパラ芸を駆使しなくてはならない「エチュード」辺りを聴くに,作曲者の持ち出す難題を悠々とこなせるほど自由自在とは行かないご様子。それでも,無為なルバートで弾き崩す愚に逃げ込むことなく,かっちり曲の相貌を掴み取っていく態度は一貫。確かな作品への理解と愛情が感じられ,大いに好感が持てます。

★★★★
"Piano Music :
Clair de Lune / Soleil a Midi / Sarabande Triste / Angoisse / Giovenzza / Papillons Noirs / Nostalgique / Appassionata / poir Danser / Airs de Fetes / Sonatine / La Neige sur La / Menuet Danse / Rondeau" (Klavier : KCD 11032)

Gary Stegall (piano)
珍しいジョンゲンのピアノ作品集。生没数十周年を記念したパヴァーヌの,上記ピアノ作品全集プロジェクトがスタートするまでは,知る限り唯一のCDとして,貴重な選択肢を提供していました。奏者はペンシルバニア州にあるブリン・マオー音楽院で教鞭を執っている御仁。詳しいことは分かりませんがオルガンも嗜むようで,おそらくジョンゲンの作品とそこで出会い,この企画を構想したのでしょう。ル・フレム然り,エマニュエル然りですが,近代の管弦楽ものが得意な作曲家の多くは,ピアノ曲や器楽作品になると様式は簡素になり,ロマン派的な傾向が強まることが多いようです。極彩色の色彩感が売りのジョンゲンもこれと同じで,このピアノ曲については,印象主義と後期ロマン派の折衷的表現で穏健な小品揃い。ドビュッシー狂の向きには少し物足りないかも知れませんが,その分ショパンからフォーレあたりの耳でも違和感なく聴ける,間口の広い音楽と言えます。

★★★☆
"Sonate en Ré Majeur / Sonate en Mi Majeur" (Classic Talent : DOM 2910 57)
Eric Melon (vln) Jean Schils (p)
ジョンゲンの器楽・室内楽が作品集として出たのは,この盤がおそらく初めてではなかったかと思います。ここに採りあげられた2編のヴァイオリン・ソナタは,作者がそれぞれ30才(1903年),36才(1909年)のもので,比較的初期の作品。そのためか内容も,後年の彼に見られる,がっちりとした新古典的構成美や絢爛たる和声は控えめで,むしろルクー,イザイらフランキストの流れに倣った,典型的なベルギーのロマン派ソナタに仕上がっております。そのためか,総じて曲想は薄味。ラヴェルやドビュッシーの流れで聴くと,少々物足りないのではないでしょうか(ちなみに前者はイザイに献呈されています)。ドビュッシーにしろラヴェルにしろ,ヴァイオリン・ソナタはいわゆる印象主義的な語法からかなり逸脱してしまった晩年か,師匠筋の呪縛に苦しんだ初期に書かれたものでしたから,案外と偉大な二人が,彼らに続くモダニストたちの参照枠となるようなソナタを書かなかったことは,後進に微妙な影響を与えてしまったのかも知れません。演奏陣はリエージュ音楽院時代からの演奏仲間。無名とはいえ,ヴァイオリン奏者はヴュータン・コンクールで入賞,ピアノもJ.S.バッハ・コンクールで優勝するなど,それなりに実力はある演奏家たちのようで,やや線が細いながら好い演奏を聴かせております。

★★★★☆
"Sonata in C Minor (Jongen) Poème (Tournemire) Sonata in B Minor (Vierne)" (Talent : DOM 2910 35)
Viviane Spanoghe (vc) André De Groote (p)
【仏のチェロ・ソナタ集】と題され1996年に出た本盤。しかしジョンゲンはベルギー人ですから,その実は国籍よりも,「オルガン奏者メインな近代作曲家」チェロ曲オムニバスの趣向なのでしょう。申すまでもなく,最も期待するジョンゲン。作曲した1912年(作品39)は,過渡期臭の漂っていたヴァイオリン・ソナタ第二番から僅かに3年後。少し若いかなとの危惧は,蓋を開けてみれば杞憂でした。情熱的で明瞭甘美な後期ロマン派流儀の旋律線を,ドビュッシアンを程良くとりいれた色彩的な和声がかっちり支える。後年の『2つの小品』にも通じる温故知新の創作スタイルが出来上がっていたことを,高らかに告げるものです。嬉しいことに本盤,残る二編も意外な佳品。神秘主義バーバリストのイメージが強いトゥルヌミールは,まだ調性崩壊世紀に入って間もないからか,驚くほど穏健な書きっぷり。ラヴェル室内楽の旋法性を旋律に,和声を装飾音に少し足し,ムソルグスキっぽいリズムをちょっと伴奏譜に加えた程度。1910年と比較的初期の作なはずのヴィエルヌのソナタも,ジョンゲンを一回り古風にしたような,甘美で情熱的な半音階ロマンティスト流儀。こちらも意外なほど出来が良い。オルガン曲ではかなりベクトルの開くお三方が,なぜか皆チェロ・ソナタを1910年前後に書き,書法の上でも近かったこの偶然。併録することで示唆を含ませながら,散漫な作品になることも同時に避けた作りに快哉を叫びました。嬉しいことに本盤,演奏も良い。このレーベルの演奏家に感心した記憶がなかったんですけど,記憶する限り初の例外です。チェロはブリュッセル音楽院教授。ゲント音楽院でヤノシュ・スタルケルに師事し,エッセンへ。その後,渡米した師匠を追って1979年からインディアナ大学へ留学して修士号を獲り,1980年に【テヌート】放送杯に入賞。派手な受賞歴はなく,女性のためか少し力感は弱いですけど,ピッチ正確で音色穏やか。情感も程良く豊かな美演。チャイコフスキー,ミュンヘン,エリザベス各国際入賞のピアノは,元アリゾナ州立大客員教授。パヴァーヌから出たピアノ曲全集の第二ピアノでもありました。こちらも明晰な技巧で快演です。

★★★☆
"Mass (Jongen) / Prière (Franck) / Two Motets from Cantica ad Laudes Vespertinas (Nuffel) / Entrata Festiva (Peeters)" (Pavane - ETBF : ADW 7242)
Tom Cunningham (cond) Janet Hughes (org) The Brussels Choral Society : Ensemble de Cuivre Luc Capouillez
本盤は1990年代に入ってようやく世界初録音された,非常に珍しいジョンゲンのミサ曲を収めたCDです。ジョンゲンの持ち味は印象主義をルーツに持ちながら,重厚な様式美を利してがっちり曲を構成してゆくところにありますけれど,『ミサ曲』は宗教作品の性格を考慮したか,彼にしては色彩感も抑え気味。主題の旋律を強調する,やや保守的な趣向に則って書かれ,垢抜けないフォレやロパルツの合唱曲版といった地味な面持ちには,拍子抜けさせられること必定。この辺りの作曲流儀は,案外併録の大先輩フランクに倣ったところがあるのかも知れません。おそらく最近まで録音されないままに放置されていたのも,こうした事情が微妙に影を落としていたんじゃないでしょうか。また本盤,合唱団の演唱もぱっとしません。細部のキメは粗く,アーティキュレーションも不揃い。お世辞にも誉められたもんじゃないです。ジョンゲンすら凡作ならば新規採用の2無名人なんて言わずもがな・・となれば,総じてもの珍しさで聴くCDの域を出ない代物だといわざるを得ないと思うのですが・・如何でしょう。

★★★☆
"Symphonie en sol mineur (Widor) : Alleluja / Hymne (Jongen) : Concerto (Parker)" (Guild : GMCD 7182)
Franz Hauk (org) Alfredo Ibarra (cond) Philharmonic Ingolstadt
まだまだジョンゲンの管弦楽ものは録音が少ないぞ!とお嘆きの方のため,彼のお宝ランドこと管弦楽から2曲,珍しいものばかりを録音してくれたのがこのCDです。当然ながらいずれも世界初録音。ベルギー近代を代表する大作曲家にも関わらず,相変わらず録音僅少。特に管弦楽ものは彼一流の色彩的オーケストレーションが遺憾なく発揮される得意分野だけに,もっと録音が出回ってしかるべきだと思うのですが,相変わらずの過小評価は残念な限り。この盤もたった2曲なうえに,演奏するインゲルシュタット管弦楽団は管弦いずれも統率が悪く,力量は悪名高いマルコのスロヴァク管と良い勝負。不安定さは否めません。しかし,それでも推薦したくなるのは,ジョンゲンの書法の圧倒的な見事さに依るところ大。特に『アレルヤ』に聴ける教会オルガニストならではの様式美と,フランス流儀な絢爛和声は,まさしく音の大伽藍。N響のような影響力のある楽団が,既知のブランド漁りで思考停止することなく,彼のような本物の作曲家をちゃんと探し出して自らの耳で評価し,ガンガン採り上げるようになったとき,日本のクラシック文化が世界に誇れるレベルになると思うのは小生だけでしょうか。ジョンゲン・ストーカーの皆さんは感涙必至です。ぜひお聴きいただきたい。

★★★★
"Deux Pièces en Trio (Jongen) / Trio C-Moll (Lekeu)" (Signum : SIG X54-00)
Clara Wieck Trio : Rumiko Matsuda (p) Claudia Noltensmeyer (vln) Gisela Reith (vc)
このCDは,最近までジョンゲンの室内楽曲が手軽に愉しめる数少ない録音のひとつでした。日本人が加わった三重奏団による演奏ですが,有り難いことにこれがなかなか推進力溢れる力演。後期ロマン派的でもある「2つの小品」はジョンゲンらしい堅牢な様式美を基調とする一方で,ショパンやベートーベンを彷彿とさせる熱情的な主旋律も有した作品。熱の籠もった演奏の本録音は技量的にも安定感十二分。かなり良い効果をあげており,好感が持てます。ところでこのCD,おそらくはベルギー近代のマイナー作家選,という制作方針だったのでしょう。カップリング曲には,これまた録音の少ない夭折の逸材,ギョーム・ルクーのピアノ三重奏曲が入っています。面白いことにこの両者,経歴も正反対なら作風も好対照。かたやジョンゲンはベルギーへ留まり,ブリュッセル音楽院に君臨して大ボスと化した。こなたルクーはフランクの後を追ってパリへと移り,病で倒れて短命に終わった。作風においても,ドビュッシズムと新古典的様式を基調としたジョンゲンに対して,ずっとロマン派のカラーが強く,保守派イディオムの美意識に立脚したルクー。人の運命って数奇ですねえ。もちろん2人のピアノ三重奏曲,それぞれの持ち味でそれぞれに魅力的です。

★★★★
"Concerto for Piano and Wind Instruments (Stravinsky) Pièce Symphonique (Jongen) Triptyque Dramatique (De Taeye)" (René Gailly : CD87 066)
Norbert Nozy (cond) Evgueny Moguilevsky (p) Symphonic Band of the Belgian Guides
ベルギー吹奏楽界の厳窟王ノジーによる近代吹奏楽秘曲選。聴きものは,これまた珍しいジョンゲンの吹奏楽とピアノのための交響的小品でしょう。こんな珍曲をわざわざやるのには訳があり,もともと作曲者とこの吹奏楽団は関係あり。アルテュール・プルヴォストなる同団指揮者に知遇を得たジョンゲンが,自作のピアノ協奏曲の編曲を依頼したのがきっかけ。つまりはこの曲,厳密にはアレンジ作品ということになります。しかし作曲は1928年。既にシプレスから出ているピアノ協奏曲(作品127)とは別曲です。内容は新古典主義と印象主義の折衷様式。堅牢なフォームの上で,極彩色の和声がこれでもかとばかりに音の大伽藍を形成する様は,模範的なまでに充実期のジョンゲン。『協奏的交響曲』などがお好きな方は自動的に溜飲が下がる作品といえましょう。併録はストラヴィンスキーの吹奏楽とピアノのための協奏曲と,ド・ターイエの珍曲。前者は多調・新古典書法。1925年の作品ですが,初演はクーセヴィツキー指揮のボストン響によりアメリカで。渡米後の新古典への傾斜を予見する作品で,ミヨーのピアノ協奏曲だと言われても疑う人はまず居らんでしょう。というわけで,興味深いのは併録の発掘もの。作者は1898年ブリュッセル生まれ。1927年にはローマ大賞も獲り,ブリュッセル音楽院和声法科の教授になった人物。経歴が示す通り,ジョンゲンの影響顕著ながら,調性の扱いは自由になり,東欧系の作家(マルティヌーやシマノフスキ)っぽい感じでしょうか。ジョンゲンも好きな楽団だけに演奏はシュアで安定した好演であると思います。