Mの作曲家



ダリウス・ミヨー Darius Milhaud (1892-1974)

フランスの作曲家。1892年9月4日,マルセイユ生まれ(エクサン・プロヴァンスで育つ)。地区の名士だった父はアーモンド取引業を営み,階下から女工の労働歌や機械の音が聞こえる環境であった。アマチュアのピアニストでもあった父と,歌手でもあった母の環境のもと,まずピアノを学び,7才からレオ・ブルギエにヴァイオリンを師事。1902年から1907年に掛けては彼の四重奏団で第二ヴァイオリンを務める腕前となった。1908年,ドビュッシー《弦楽四重奏曲》のスコアを手にとって衝撃を受け,ルベールやデュボワを教本に用いる地元の教師に就いて和声法の勉強を開始。翌1909年に18才でパリ音楽院へ進学し,1915年まで在学。ベルトリエ(Berthelier)にヴァイオリン,デュカ(Dukas)に指揮法,ルルー(Leroux)に和声法,ウィドールにフーガ,ジェダルジュに対位法,作曲法と編曲法を師事した。1912年に詩人パウル・クローデルと出逢い深く傾倒。彼がリオ・デ・ジャネイロ公使として赴任した折りに秘書として同行し,1917年から2年間ブラジルへ滞在した。帰国後エリック・サティ,ジャン・コクトー(詩人)を信奉するオネゲル,オーリック,タイユフェール,デュレー,プーランクとともに,フランス古典音楽への回帰とドイツ・ロマン主義の放棄などを標榜する作曲家のグループ【新青年=のちの六人組(Les Six)】に参画。特にサティとストラヴィンスキーの影響下に,伝統的な形式を崩壊させた印象主義のあり方に異を唱え,あくまで古典音楽を範とした上に立脚する新古典主義的モダニズムを推進した。ユダヤ系の彼は,第二次大戦中は戦火を避けて渡米。カリフォルニア州オークランドのミルス=カレッジで教鞭を執る。1947年に帰国しパリ音楽院の教授に就任。1920年代は多調や無調をバーバリズムや新古典主義の中に採り入れ,晦渋な作風を展開したが,帰国後は叙情的な傾向も加わる。稀に見る多作家で,膨大な量(作品番号指定があるもので443作品)の作品を遺した。晩年はスイスのジュネーヴで過ごし,1974年6月22日当地にて死去。


主要作品※Collaer, P. 1988. Darius Milhaud. San Francisco Press. を入手しました。作品表は時間が出来次第,完全版へ改訂します。

歌劇 ・迷える羊 la brebis égarée (1910-1915)
・オルフェウスの不幸 les malheurs d'Orphée (1925)
・エステル・ド・カルパントラ Esther de Carpentras (1925)
・哀れな水夫 le pauvre matelot (1926)
・3つの短編歌劇 trois opéras-minutes (1927?)
・クリストフ・コロンブス Christophe Colomb (1928)
・マクシミリアン Maximilien (1930)
・メデー Médée (1938)
・ボリヴァル Bolivar (1943)
・ダヴィド David (1952)
・饗宴 fiesta (1958)
・罪ある母 la mère coupable (1964)
・フランス王聖ルイ Saint Louis: roi de France (1970-1971)
バレエ ・男とその欲望 l'homme et son désir (1918)
・屋根の上の牛 le boeuf sur le toit (1918)
・エッフェル塔の花嫁花婿 les meriés de la tour Eiffel: marche nuptiale, fugue de massacre (1921) ... 「結婚行進曲」「殺戮のフーガ」のみ
・世界の創造 la création du monde (1923)
・サラダ salade (1924)
・青い汽車 le train bleu (1924)
・ジャンヌの扇 l'éventail de Jeanne: polka (1927) ...
「ポルカ」のみ
・夢 les songes (1933)
・花咲ける中世 moyen âge fleuri (1936)
・モーゼ: アメリカ作品第2 Moïse: opus Americanum No.2 (1940)
・春の戯れ jeux de printemps (1944)
・鐘 les cloches (1945)
・鏡の中のアダム Adame miroir (1948?)
・レモンの収穫 la cueillette des citrons (1949-1950)
・葡萄の収穫 vendanges (1952)
・風のばら la rose des vents (1957)
・鳥たちの枝 la branche des oiseaux (1958-1959)
付帯音楽 ・アガメムノン Agamemnon (1927) {sop, tnr(btn), choir, orch}
・プロテウス Protée (1913-1919)
・コエフォール les choëphores (1915) {narr, sop, btn, choir, orch}
・エウメニデス les Euménides (1917-1922)
・マリアへの受胎告知 l'announce faite à Marie (1932)
・教皇の館 le château des papes (1932)
・七月十四日 le quatorze Juillet - introduction, marche funèbre (1936)
・ジュリアス・シーザー Jules César (1936)
・空飛ぶお医者さん médecin volant (1937)
・マリアへの受胎告知 l'announce faite à Marie (1942)
・サウル saül (1954)
映画音楽 ・ボヴァリー夫人 madame Bovary (1933)
・タルタラン・ド・タラスコン Tartarin de Tarascon (1934)
・シュヴァリエの放浪児 la vagabond bien-aime (1936)
・沈黙の城 la citadelle du silence (1937)
・希望 espoir (1939)
・ゴーガン Gauguin (1950)
交響曲 ・室内交響曲第一番【春】 symphonie de chambre No. 1 'le printemps' (1917)
・室内交響曲第二番【パストラール】 symphonie de chambre No. 2 'pastorale' (1918)
・室内交響曲第三番【セレナード】 symphonie de chambre No. 3 'sérénade' (1921)
・室内交響曲第四番 symphonie de chambre No. 4 (1921) {10strings}
・室内交響曲第五番 symphonie de chambre No. 5 (1922) {10brass}
・室内好局曲第六番 symphonie de chambre No. 6 (1923) {4solo, ob, vc}
・交響曲第一番 symphonie No. 1 (1939)
・交響曲第二番 symphonie No. 2 (1944)
・交響曲第三番【テ・デウム】 symphonie No. 3 'te deum' (1946) {choir, orch}
・交響曲第四番【1848年】 symphonie No. 4 '1848' (1947)
・交響曲第五番 symphonie No. 5 (1953)
・交響曲第六番 symphonie No. 6 (1955)
・交響曲第七番 symphonie No. 7 (1955)
・交響曲第八番【ローヌ河】 symphonie No. 8 'Rhodanienne' (1957)
・交響曲第九番 symphonie No. 9 (1959)
・交響曲第十番 symphonie No. 10 (1960)
・交響曲第十一番【ロマンティック】 symphonie No. 11 'Romantique' (1960)
・交響曲第十二番【田舎風】 symphonie No. 12 'Rurale' (1961)
管弦楽曲 ・交響的組曲第一番 suite symphonique No. 1 (1914)
・交響的組曲第二番 suite symphonique No. 2 (1919)
・セレナード sérénade (1920-1921)
・ブラジルの想い出 saudades do Brasil (1921) ...
『序曲』を加えた管弦楽配置版
・プロヴァンス組曲 suite provençale (1936)
・ロンドンの謝肉祭 le carnaval de Londres (1937)
・鳥 l'oiseau (1937)
・葬送の行列 cortège funèbre (1939)
・序奏とアレグロ introduction et allegro (1940)
・ケンタッキアーナ=ディヴェルティスメント Kentuckiana-divertissement (1948)
・地中海序曲 ouverture Méditerranéenne (1953)
協奏曲 ・バラード ballade pour piano et orchestre (1920) {p, orch}
・5つの練習曲 cinq études (1920) {p, orch}
・3つのラグ=カプリース trois rag-caprice (1922) {p, small-orch}
・エクスの謝肉祭 le carnaval d'Aix (1926) {p, orch}
・ヴァイオリン協奏曲第一番 concerto pour violon et orchestre No. 1 (1927) {vln, orch}
・ヴィオラ協奏曲第一番 concerto pour alto et orchestre No. 1 (1929) {vla, orch}
・打楽器と小管弦楽のための協奏曲 concerto pour batterie et petite orchestre (1929-1930)
 {timpani, cmbl, triangle, castanet, tambarine, perc, small-orch}
・ピアノ協奏曲第一番 concerto pour piano et orchestre No. 1 (1933) {p, orch}
・チェロ協奏曲第一番 concerto pour violoncelle et orchestre No. 1 (1934) {vc, orch}
・春のコンチェルティーノ concertino de printemps (1934) {vln, chamber-orch}
・幻想パストラール fantasie pastorale (1938) {p, orch}
・ピアノ協奏曲第二番 concerto pour piano et orchestre No. 2 (1941) {p, orch}
・2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 concerto pour deux pianos et orchestre (1941) {2p, orch}
・クラリネット協奏曲 concerto pour clarinette et orchestre (1941) {cl, orch}
・組曲(ヴァイオリンのための) suite (1942) {vln, orch}
・チェロ協奏曲第二番 concerto pour violoncelle et orchestre No. 2 (1945) {vc, orch}
・ピアノ協奏曲第三番 concerto pour piano et orchestre No. 3 (1946) {p, orch}
・ヴァイオリン協奏曲第二番 concerto pour violon et orchestre No. 2 (1946) {vln, orch}
・マリンバ,ヴィブラフォンと管弦楽のための協奏曲 concerto pour marimba, vibraphone et orchestre (1947) {mba, vib, orch}
・組曲【モリエール賛歌】 suite 'l'apothéose de Molière' (1948) {cemb, chamber-orch}
・ピアノ協奏曲第四番 concerto pour piano et orchestre No. 4 (1949) {p, orch}
・組曲(二台のピアノのための) suite (1950) {2p, orch}
・秋のコンチェルティーノ concertino d'automne (1951) {2p, fl, ob, vc, 3hrn, 2vln}
・協奏組曲 suite concertante (1952) {p, orch}
・ハープ協奏曲 concerto pour harpe et orchestre (1953) {hrp, orch}
・ヴィオラ協奏曲第二番 concerto pour alto et orchestre No. 2 (1954-1955) {vla, orch}
・ピアノ協奏曲第五番 concerto pour piano et orchestre No. 4 (1955) {p, orch}
・オーボエ協奏曲 concerto pour haubois et orchestre (1957) {ob, orch}
・ヴァイオリン協奏曲第三番【国王のコンセール】 concerto pour violon et orchestre No. 3 'concert royale' (1958) {vln, orch}
・室内コンセール concert de chambre (1961) {p, chamber-orch}
・クラヴサン協奏曲 concerto pour clavecin et orchestre (1964) {hpcd, orch}
室内楽曲 ・ヴァイオリン・ソナタ第一番 sonate pour violon et piano No. 1 (1911) {vln, p}
・弦楽四重奏曲第一番 quatuor à cordes No. 1 (1912) {2vln, vla, vc}
・春 le printemps (1914) {vln, p}
・弦楽四重奏曲第二番 quatuor à cordes No. 2 (1914-1915) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第三番 quatuor à cordes No. 3 (1916) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ第二番 sonate pour violon et piano No. 2 (1917) {vln, p}
・弦楽四重奏曲第四番 quatuor à cordes No. 4 (1918) {2vln, vla, vc}
・ピアノ,フルート,クラリネットとオーボエのためのソナタ (1918) {p, fl, ob, cl}
・弦楽四重奏曲第五番 quatuor à cordes No. 5 (1920) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第六番 quatuor à cordes No. 6 (1922) {2vln, vla, vc}
・フルートとピアノのためのソナチヌ sonatine pour flûte et piano (1922) {fl, p}
・弦楽四重奏曲第七番 quatuor à cordes No. 7 (1925) {2vln, vla, vc}
・クラリネットとピアノのためのソナチヌ sonatine pour clarinette et piano (1927) {cl, p}
・オルガン・ソナタ sonate pour orgue (1931) {org}
・弦楽四重奏曲第八番 quatuor à cordes No. 8 (1932) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第九番 quatuor à cordes No. 9 (1935) {2vln, vla, vc}
・パストラール pastorale (1935) {ob, cl, bssn}
・ピアノ,ヴァイオリンとクラリネットのための組曲 suite pour piano, violon et clarinette (1936) {p, vln, cl}
・コレットによる組曲 suite d'après Corrette (1937) {ob, cl, bssn}
・組曲【ルネ王の暖炉】 suite 'la cheminée du roi René' (1939) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・弦楽四重奏曲第十番 quatuor à cordes No. 10 (1940) {2vln, vla, vc}
・三声のソナチヌ sonatine à trois (1940) {vln, vla, vc}
・二台のヴァイオリンのためのソナチヌ (1940) {2vln}
・ヴァイオリンとチェロのためのソナチヌ (1941) {vln, vc}
・パストラール pastorale (1941) {org}
・弦楽四重奏曲第十一番 quatuor à cordes No. 11 (1942) {2vln, vla, vc}
・9つの前奏曲 neuf préludes (1942) {org}
・4つの顔 quatre visages (1943) {vla, p}
・ヴィオラ・ソナタ第一番 sonate pour alto et piano No. 1 (1944) {vla, p}
・ヴィオラ・ソナタ第二番 sonate pour alto et piano No. 2 (1944) {vla, p}
・弦楽四重奏曲第十二番 quatuor à cordes No. 12 (1945) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリンとクラヴサンのためのソナタ sonate pour violon et clavecin (1945) {vln, hpcd}
・二台のヴァイオリンのための二重奏曲 duo pour deux violons (1945) {2vln}
・小さなワニの踊り danses de jacaremirin (1945) {vln, p}
・エレジー élégie (1945) {vla, p}
・弦楽四重奏曲第十三番 quatuor à cordes No. 13 (1946) {2vln, vla, vc}
・ファランドールの踊り手たち farandoleurs (1946) {vln, p}
・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1947) {vln, vla, vc?}
・弦楽四重奏曲第十四番 quatuor à cordes No. 14 (1948-1949) {2vln, vla, vc} ... 十五番と合わせ演奏する場合は弦楽八重奏
・弦楽四重奏曲第十五番 quatuor à cordes No. 15 (1948-1949) {2vln, vla, vc}
・組曲【ヤコブの夢】 suite 'les rêves de Jacob' (1949) {ob, vln, vla, vc, b}
・五重奏曲第一番 quintette No. 1 (1950) {p, 2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第十六番 quatuor à cordes No. 16 (1950) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第十七番 quatuor à cordes No. 17 (1950) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第十八番 quatuor à cordes No. 18 (1950) {2vln, vla, vc}
・五重奏曲第二番 quintette No. 2 (1952) {2vln, vla, vc, b}
・五重奏曲第三番 quintette No. 3 (1953) {2vln, 2vla, vc}
・ヴァイオリンとチェロのためのソナチヌ (1953) {vln, vc}
・オーボエとピアノのためのソナチヌ sonatine pour haubois et piano (1954) {ob, p}
・小組曲 petite suite (1955) {org}
・五重奏曲第四番 quintette No. 4 (1956) {2vln, vla, 2vc}
・協奏的二重奏曲 duo concertante (1956) {cl, p}
・弦楽六重奏曲 sextuor à cordes (1958) {2vln, 2vla, 2vc}
・ディヴェルティスメント divertissement (1958) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・ヴィオラとピアノのためのソナチヌ sonatine pour alto et piano (1959) {vla, p}
・チェロ・ソナタ sonate pour violoncelle et piano (1959) {vc, p}
・無伴奏ヴァイオリンのためのソナチヌ・パストラール sonatine pastorale pour violon seul (1960) {vln}
・弦楽七重奏曲 septuor à cordes (1964) {2vln, 2vla, 2vc, b}
・ピアノ四重奏曲 quatuor pour piano et trio (1966) {p, vln, vla, vc}
・セゴビアーナ ségoviana (1967) {g}
・ピアノ三重奏曲 trio pour violon, violoncelle et piano (1968) {p, vln, vc}
・イーゴル・ストラヴィンスキーへの追悼 hommage à Igor Stravinsky (1971) {2vln, vla, vc}
・ハープ・ソナタ sonate pour harpe (1971) {hrp}
連弾曲 ・スカラムーシュ scaramouche (1937)
・マルティーニクの舞踏会 la bal martiniquais (1944)
・夢 songes (1945)
・ニュー・オリンズの謝肉祭 carnaval a la Nouvelle-Orléans (1947)
ピアノ曲 ・ピアノ・ソナタ第一番 sonate pour piano No. 1 (1916)
・春 第一集 printemps (1915-1919)
・春 第二集 printemps (1919-1920)
・柔らかいキャラメル caramel mou (1920)
・ブラジルの想い出 saudades do Brasil (1920-1921)
・秋 l'automne (1932)
・ボヴァリー夫人のアルバム l'album de Madame Bovery (1933)
・4つの無言歌 quatre romances sans paroles (1933)
・4つの素描 quatre esquisses (1941)
・家庭のミューズ la muse ménagère (1945)
・或る一日 une journée (1946)
・ピアノ・ソナタ第二番 sonate pour piano No. 2 (1949)
・ソナチヌ sonatine (1956)
・世界旅行者 le grobe-trotter (1956-1957)
合唱曲 ・ある暴君の死 la mort d'un tyran (1932) {choir, orch}
・ロンサールの恋 les amours de Ronsard (1934) {4choir, small-orch}
・2つの都 les deux cités (1937) {choir}
・密かに書かれた6つのソネット six sonnets composés au secret (1946) {4vo /choir}
・神聖祭儀 Sabbat morning service (1947) {narr, btn, choir, orch}
・地には平和を pacem in terris (1963) {btn, choir, orch}
カンタータ ・結婚カンタータ cantate nuptiale (1937) {vo, orch}
・子とその母のカンタータ cantate de l' enfant et de la mère (1938) {narr, 2vln, vla, vc(p)}
・カンタータ【四元素】 cantate 'les quatre éléments' (1938) {sop, tnr /sop, orch}
・カンタータ【焔の城】 cantate 'le château de feu' (1954) {choir, orch}
歌曲 ・レオ・ラティルの4つの詩 quatre poèmes de Léo Latil (1914) {vo, p}
・ユダヤの詩 poème Juifs (1916) {vo, p}
・俚歌 chansons bas (1917) {vo, p}
・ペトログラードの夕べ les soirées de Pétrograd (1919) {vo, p}
・ジャン・コクトーの3つの詩 trois poèmes de Jean Cocteau (1920) {vo, p}
・花のカタログ catalogue de fleurs (1920) {vo, p}
・6つのヘブライ民謡 six chants populaires Hébraïques (1925) {vo, p}
・4つのロンサールの歌 quatre chansons de Ronsard (1940) {vo, p}
・四行詩の組曲 suite de quatrains (1962) {narr, 7inst.}
・劇場のための6つの歌 six chansons de théâtre (-) {vo, p}


ミヨーを聴く


★★★★★
"Symphony No. 6 / Symphony No. 7 / Ouverture Méditerranéenne" (Deutsche Grammophon : 439 939-2)
Michel Plasson (cond) Orchestre du Capitole de Toulouse
ミヨーの作品をもし初めてお買いになる方は,注意してください。ミヨーは若かりし頃,ストラヴィンスキーの,特に野蛮主義(平たく言えば,反ロマンティックでダダっ子)的側面に共鳴し,若気の至りでかなりアヤシイ作品を量産しているからです。貴兄がもし,ドビュッシーやラヴェルの美しい叙情性に惹かれて,次の贔屓作曲家をお捜しの場合,初期作品からミヨーを聴いてしまうと,いっぺんで彼を毛嫌いする結果に繋がってしまうことでしょう。そんな彼が後年,結局ロマンティックな音楽に戻ってきたのは興味深いことです。彼が本来持っていた中庸でリリカルな美意識と,若気の至りで得た適度に晦渋な書法(これ見よがしな多調),そして出自南欧の薫りとが絶妙にこなれた交響曲は,ミヨー円熟の境地とも言うべき高度のオリジナリティを誇る傑作揃いです。本盤に収録された6番は,その中でも特に美しいものの一つ。演奏盤はいくつかありますが,ぜひこのプラッソン盤を。数多い録音を吹き込んできたプラッソン指揮盤の中でも,ミヨー録音はクライマックスをなすもののひとつではないでしょうか。細部にまで神経の行き届いた指揮,繊細にして重厚なオケ。まさしく名演です。

★★★★★
"Symphony No. 1 / Symphony No. 2 / Suite Provençale" (Deutsche Grammophon : 435 437-2)
Michel Plasson (cond) Orchestre du Capitole de Toulouse
上記のCDと並ぶ,仕事人プラッソンのミヨー録音。こちらも上の盤に負けず劣らず素晴らしい作品です。2つの交響曲は,後年の彼らしく,初期のバカっぽさは後退し,売り物の多調はあくまで薬味程度。緩楽章ではロマンチックで牧歌的な叙情が,開放的な南欧の香りを漂わせ,イン・テンポに入るとかっちりとした拍節構造と安定した構成力が下支えする凝った新古典交響曲です。後者の典型ともいえる『プロヴァンス組曲』は,8曲からなる小品集。南欧的な開放感に溢れた,明るい色調の金管が煌めく中を,明快なリフと多彩な変拍子を利して,凝った編み目を織り上げていく。思わず春の日溜まりの中ピクニックに出かけているような気分になります。プラッソンが上の盤と合わせて2枚を出したときは,この素晴らしい演奏で,ミヨーの交響曲全集が聴けるのかと大いに期待したものでしたけどねえ。なぜかプラッソンのミヨーはここで打ち止めに。このまま続ければ,後々までミヨー交響曲のマイルストーンと目されるような,素晴らしいシリーズになったでしょうに。一体どうして止めちゃったんでしょう,プラッソンさん?

★★★★☆
"Service Sacre pour le Matin du Shabbat" (Adda : ARCAM 590143)
Jean François Sénart (dir) Chantal De Zeeuw (org) Jean Vendassi (cantor) Didier Bourguignon (récitant) Vocal Provence
多くの有名曲の陰に隠れて目立ちませんが,ミヨーの書いた数少ない宗教曲であるこの作品は,カラフルなオーケストレーションを愛でる仏近代ファンには思わぬ福音です。ユダヤ系のミヨーらしく,元ネタはユダヤ教会の朝課。このため,神父さんの説教(ナレーション)が入り,それに応えるようにオルガンと合唱が導入されるという形式です。この合唱とオルガンがミヨーとは思えないほど禁欲的で敬虔な響き。適度に近代的,しかも晦渋になりすぎない好ましい仕上がりで,ちょうどフォーレの大傑作『レクイエム』と,ラングレのミサ曲との中間あたりを考えてもらうと良いかと思います。日本のクラシック・ファンのうち,近代ファンは数が少なく,勢い現状では聴く人がどうしてもクラシック業界の人=プロ演奏家か批評家,になってしまうので,近代物が知られる機会というのも,器楽ものかオケものから,ということになってしまいます。このような作品が,優れた内容にも拘わらずなかなか知られないままであるというのは,演奏家主導の近代物市場における思わぬ弊害であるといえるかも知れません。

★★★★
"Le Carnaval d'Aix / Concerto pour Piano et Orchestre No. 1 / Cinq Études pour Piano et Orchestre / Concerto pour Piano et Orchestre No. 4 / Ballade pour Piano et Orchestre" (Erato : 2292-45992-2)
David Robertson (cond) Claude Helffer (p) Orchestre National de France
ミヨーの作品の中では特に有名なものの一つで,録音も多いのが『エクスの謝肉祭』。それを含め,ピアノと管弦楽のための作品を収めた演奏です。ただ,『謝肉祭』はもちろん,ミヨーの人気曲の多く(『スカラムーシュ』なんかもそうです)は,何と申しますか,その一見親しみやすい通俗的な明快さにあるのは否めないところ。しかし,フランスものの怖いところ,通俗的な振りをして大衆の「裸の王様」ぶりを皮肉っているような毒気(悪意ある人なつっこさ)がこの作品には満ちているように私には感じられます。これはフランセ,オーリック,イベールの作品の多くにも言えることで,今挙げたどれかにもし思い当たることのある方は,ミヨーのCDを買うときは注意しなくてはなりません。その意味で,印象主義ファンにとっての聴きものはむしろ,後年に書かれた2つのピアノ協奏曲辺りですか。めくるめく転調と変拍子の洪水の中,煌びやかな和声が縦横に飛び交う様を聴くにつけ「結局,ミヨーは作曲家としての独自性を守るため,ポーズとしてはドビュッシーに抵抗しても,本音のところは彼らモダニストのカラフルな美しさに憧憬を抱き続けていたのではないか」という気がしてなりません。シュミットの名録音があるロバートソンは堅調。ピアノは少し細部に運指の怪しいところがありますけど,かっちりと相貌を整えた好演奏です。

★★★★
"Symphonie No.3 'Te Deum' / The Bells - Symphonic Suite after E.A. Poe - / from 'Saudades do Brasil' " (Olympia : OCD 452)
Gennady Rozhdestvensky (cond) Russian State Symphony Cappella
どういうわけか,ロシア楽壇が世界初録音を手掛けてしまった『交響曲第三番』と交響組曲『鐘』。本盤はその2編を初演した際の模様を収めたドキュメントです。ミヨーの交響曲は,彼のキャリアのなかでも,特にその穏やかな叙情性が良く出たジャンル。老成して穏やかになった作曲者の,衒いのない達観を示すものです。しかしながらCD化された演奏はヒドイものも多く,なかなか推薦に値するような盤は少ないのが実情。本盤もライヴ音源ですし,ロシアのオーケストラということもあって,思わず敬遠したくなる方も多いのではないでしょうか。しかし,演奏は意外にも良演。近代フランスファンにこそ縁薄いものの,指揮を務めるロジェストヴェンスキーは,ロシア近現代の演奏に掛けてはトップ・クラスの定評を持つ隠れた名指揮者。作品のほうも,壮大なスケールを持つ三番,『プロヴァンス組曲』そのままの『鐘』など,これがなぜこれまで未録音だったのか不思議なほど良い出来です。プラッソン絡みの2枚で,彼のもつ田舎風の叙情がお気に召した方はぜひ。

★★★★
"Les Quatre Saisons" (Philips : UCCP-3064)
Darius Milhaud (cond) Szymon Goldberg (vln) Ernst Wallfisch (vla) Maurice Suzan (tb) Geneviève Joy, Jacqueline Bonneau (p) Ensemble de Solistes des Concets Lamoureux
ダリウス・ミヨーは,数十曲に渡って映画音楽の制作に没頭したオネゲルと並んで,20世紀前半の飛躍的なマルチ・メディア化の波に,いち早く反応した作曲家の一人。この人の場合は録音活動でした。手兵ラムルー管を使って,精力的に自作を録音。お亡くなりになった後のことまで考えて,この通り,ちゃっかりと足跡を残すはしこさは彼一流のものでしょう。本盤に収められた4品は後年の穏健なプロヴァンス情緒を堪能できる室内合奏曲のコンピレーション。それぞれヴァイオリン,ヴィオラ,ピアノ2台,トロンボーンと器楽アンサンブルが合奏するという体裁の協奏作品です。『春』が1935年で,他の作品が1950年代前半であることからもお察しの通り,4作揃えて四季になると言っても連作ものを意図したわけではなかった様子。『春』と『夏』は牧歌的な風情が色濃く出た後期ミヨーの香りに飛んでいる一方,『秋』は多調趣味が最も濃く,壮麗な響きを持ち,ストラヴィンスキーに被れた初期ミヨーの香りがするなど,作風にも微妙な変化があります。ただ,地雷原の多いミヨーとしては,いずれもプロヴァンスの穏やかな陽気を感じさせる,まずまず落ち着いたものが4つ揃うこの選集。古い録音でもあり,現代ものほど洗練された演奏ではないかも知れませんが,安心して聴ける入門盤といえるのでは。

★★★★
"Quatuor No.3 / Quatuor No.15 / Quatuor No.17" (Cybelia : CY 807 / DS 813)
Nicole Oxombre (sop) Quatuor Arcana: Dominique Barbier, Hubert Chachereau, Serge Soufflard, Willie Guillaume
最近,パリジイ四重奏団が全集録音を敢行したミヨーの弦楽四重奏。新古典派作家の多くと同様,圧倒的な多作家なので,迂闊に全集なんて口にできません。本盤はその全集化を四半世紀前に敢行した録音で,当時は貴重なリファレンスとなっていた全集からの分売。初期の第3番に,亡命時代の2品を併録してます。1916年に書かれた第3番は二楽章形式で,第二楽章へソプラノが加えられます(シェーンベルクの二番に似てますが,無関係)。前年に戦死した詩人にして,彼の友だったレオ・ラティルを追悼すべく書かれたのも頷ける,ミヨーには珍しく鬱々とした作品で,両楽章とも「大変遅く」。どことなくブロッホ弦四周辺の鬱々感を匂わせながらクロマチックに上下降する不穏かつシリアスな旋律は,かなり異色です。一方の15番と17番は戦禍を避けての滞米中に書かれたもの。到底同じ作曲家とは思えぬ陽気で明るい色調は,カリフォルニアの穏やかな気候を反映したものでしょうか。ただ,のちの管弦楽に比べると,ここでの筆致は多調性が濃く馬鹿っぽい。室内交響曲やアスペン・セレナーデに,少しばかり後年のロマンティシズムを足した筆致で進みます。実はワタクシ,未だミヨーの弦四を揃えるか迷ってるんですけど,この録音ではその勇気,出ませんでした。アルカナ四重奏団はパリ高等音楽院室内楽科でジェラール・ジャリー,ピエール・ドゥカン,セルジュ・コロにそれぞれ師事し,一等を貰った4人が集まり,1975年に結成。翌年にカルロ・ジャチノ国際で2等賞を受賞したそうな。不当に評価されている現代作家に光を当てる目論見で活動する素敵な姿勢を持ち,ミヨーの録音は全集化してみせました。情感表現も理に適い,演奏技量も確かです。ただ,音色は痩せて棘があるようですねえ。勿体ない。

★★★★☆
"Protée / Le Boeuf sur le Toit / Quatuor à Cordes No.7 / Suite Provençale / Suite d'Après Corette / Symphonie No.1 / Introduction et Allegro / 4 Chansons de Ronsard / Le Bal Martiniquais / Suite Française / In Memoriam" (Cascavelle : VEL 3036)
Pierre Monteux, Dimitri Mitropulos, Vladimir Golshmann, Darius Milhaud, Andre Kostelanetz (cond) Robert and Gaby casadesus (p) San Francisco Orchestra: Minneapolis Symphony Orchestra: St.Louis Symphony Orchestra: Columbia Broadcasting Symphony Orchestra: New York Symphony Orchestra: Quartuor Galimir: Trio d'Anches de Paris: Lily Pons avec un ensemble orchestral
最近,著作権切れと思しき旧録音を続々CD化しているスイスの名門カスカベーユから,今度はミヨー絡みの録音群を集めたCDが出ました。全体にミヨーまたは彼と親交のあった指揮者たちによって,アメリカのオケが録音したモノラル期後年(1940年代)のRCA音源が出所となっているようです(そう言えば,昨今ここから出たラヴェルの3巻組も同じような趣向でしたっけ)。多くは既に,数段素晴らしい録音で再録されており,歴史的録音に好事家的な趣を見出す人以外には,敢えてお探しになるほどのものでもないとは思いますが,ラヴェルの『マ・メール・ロワ』を意識した感がありありの連弾曲『マルティニークの舞踏会』(両カサドシュ演奏)や,ロシア国民楽派ですかと言いたくなるほど厳かで,ブラインドテストしたら誰もミヨーと分かりそうにない『序奏とアレグロ』は,まず他では聴けない珍品ですし,『コレットによる組曲』は献呈者たちによる初演。ストラヴィンスキー『祭典』も初演したモントゥーが振る『プロメテウス』は,意外にも後年顕著となるロマンティシズムが臆面もなく表出し,とても初期ミヨーとは思えない抒情家ぶりに驚かされるなど,旧録音ならではの趣向は存分に。あらかたミヨーは聴き漁ったという方でも楽しめるものになっているのではないかと思います。

★★★★
"The Immortal Art of Charles Munch Vol. 25 :
Le Création du Monde / Suite Provençale (Milhaud) Concerto pour Orgue, Orchestre à Cordes et Timbales (Poulenc)" (RCA-BMG : BVCC-7929)

Charles Münch (cond) Boston Symphony Orchestra
今世紀前半に活躍したフランスの巨匠シャルル・ミュンシュは,1949年にボストン響に請われて指揮者となり,同交響楽団を世界一流のオケに成長させたことでお馴染み。大物でいながら,フランス近代の作品を精力的にとりあげ,オネゲルやルーセルの管弦楽ジャンルに古典的名録音を残してくれたことでも,まことにアリガターイ指揮者でした。何しろモノラル時代から録音がある彼ですが,このCDは最晩年のもの。ボストン管は当時,世界的な水準で見ても,最も統率がとれていたオケの一つ。現代のそれと比べればさすがに見劣りするものの,独自の柔和な味のある管と,抜群にきめの細かい弦が醸し出すどこか暖かみのある優美な音色はこの盤でも健在です。ここではミヨーの人気曲『プロヴァンス組曲』が的確なテンポ取りで,なかなかの好演。ただ,ミヨーをこれから聴くという方にはやはり,録音も秀逸で,弦管のバランスがより取れているプラッソン盤のほうをお薦めしたいです。

★★★★
"Saudades do Brazil / Le Carnaval de Londres / Trois Rag-Caprices" (Koch Schwann : 3-1138-2)
Karl Anton Rickenbacher (dir) Capella Cracoviensis
スイスはバーゼルの生まれながら,BBCスコットランド交響楽団の首席指揮者を務めるなど,イギリス方面での評価が高い指揮者,カール・リッケンバッハーが吹き込んだ,ミヨーの珍しい作品集。彼の録音といえば,同じコッホ・レーベルにシュレーカーの録音がありました。そういえばシュレーカーもロマン派晩期の作曲家(俗にいう《頽廃音楽》)で,ミヨー同様ユダヤ系。土地への帰属感(rootedness)が薄いぶん,フランス,ドイツのいずれの作風とも,微妙に距離が空かざるを得なかった。ブラジル,ロンドン,アメリカを転々とし,それぞれの土着音楽に興味を示したミヨーの経歴を端的に示した3作品を選んでくる着眼点。音楽と風土との暗示的な関わりに彼ならではの視点から着目するという,考えられた構成であると思います。一見,日和見的かつ人を食ったミヨーの作風のうちには,《土地との帰属感》への憧れと《土地との帰属感》へのシニスムが,哀しいまでのアンビバレンスを伴って潜んでいる。そこまで指揮者が見据えていたかどうか。そんなことを考えさせる興味深い企画といえるのでは。曲は初期ミヨーの傾向がやや強いながら,意外にロマンティックな傾向もほの見え,何より演奏が好いのが美点です。

★★★☆
"Le Château du Feu / La Mort d'un Tyran / Introduction et Marche Funèbre / Suite Provençale / Catalogue de Fleurs" (CDM : CM 201)
Darius Milhaud, Serge Baudo, Maurice Franck, Charles Bruck (dir) Choeurs de la Radiodiffusion Française Yvonne Gouverné : Orchestre Philharmonique de Paris : Orchestre de la Société des Concerts du Conservatoire
新古典+多調様式でお馴染みミヨーの歌曲・合唱曲集。作者とセルジュ・ボードが指揮を執り,天下のパリ管とパリ音楽院管が持ち回りで演奏する顔触れも豪華です。珍しい曲も入っていて至れり尽くせりな本盤に,こんなことを書くのは申し訳ないんですけど,中身はちょっとお薦めしがたい。ミヨーはストラヴィンスキーと新古典派の両方の顔を持っていますが,この作品でもそれは同じ。『焔の城』はよく練られたオーケストレーションが後期ミヨーらしさを見せるものの,テキストであるジャン・カソーの詩が陰惨な虐殺を描いているだけに,ひたすら気が滅入る悲鳴にも似た合唱と劇的な内容でさながらオネゲルのよう。ストラヴィンスキー彷彿の『暴君』ともどもダダっ子とバーバルな気質が色濃く出て,あまり愉快な作品ではありません。ボード指揮の『プロヴァンス組曲』も,珍品ではあるもののモノラルなためか内容はプラッソン盤に比べ見劣りします。好事家向けでしょうねえ・・。あらかたミヨーは聴いたという方のみどうぞ。

★★★☆
"Symphonie No.10 / Symphonie No.11 'romantique' / Symphonie No.12 'rurale' " (CPO : 999 354-2)
Alun Francis (cond) Radio-Sinfonieorchester Basel
ベルリン交響楽団の主任指揮者(だった?)らしいアラン・フランシスとバーゼル放送交響楽団は,ひところ手を組んで,CPOにミヨーの交響曲を連続録音。程なくこれは全集になり,箱盤化されました。本盤はその分売で,最後の3作を併録しています。これは同じ六人組のオネゲルもそうでしたけれど,ミヨーの交響曲が書かれたのは後年。後年の彼らしいロマンチックな南仏の香りと,細かいリフを組み上げた新古典的様式とが好ましく絡み,ぽかぽかと日向ぼっこをしているような暖かみがあります。ここに収められた3作品もまさにその典型でしょう。細かいリフとかっちりした形式感,南仏の牧歌的な風が吹き抜ける瀟洒な和声。その辺りを悪く言えば,どこを斬っても金太郎飴で似たような感じといえなくもありませんけれど,プラッソン盤などを聴いてミヨーに惚れた方なら,興じ入って聴くことができましょう。惜しむらくは,オケが弱いでしょうか。ウブだった購入時の私は,ベルリン響と聞いてすっかり瞠目しちゃったんですけど,ひょっとしてベルリン響って,カラヤンのいたベルリン・フィルハーモニーと別だから大したことありませんなんて落ちですかね(苦笑)。ベルリン響の主任指揮者なら,そっちで録音してくれれば良かったのに,てぇのはそんなに贅沢?

★★★★
Darius Milhaud "Service Sacré pour le Samedi Matin" (Accord : 201892)
Darius Milhaud (cond) Heinz Rehfuss (btn) Choeurs de la Radiodiffusion-Télévision Française: Orchestre du Theatre National de l'Opera de Paris
一部の舞台作品(『屋根の上の雄牛』)か,器楽作品(『スカラムーシュ』)ばかりに焦点が当たるミヨーは,実は『交響曲第6番』のように,牧歌的情緒を心穏やかに謳った作品も書いている。にもかかわらず,いまだに戯画的な側面ばかりで評価されているようです。最近は随分録音も増えましたが,その割に誤解の多い作曲家ではないでしょうか。彼は,戦時中ヒトラーによる迫害を怖れ渡米を余儀なくされたことからもお察しの通り,ユダヤ系。おどけた表情の奥には,意外に慎ましやかで敬虔な表情の見え隠れする瞬間があり,それがオーリックやフランセとは大きく異なる点と言えるでしょう。ここにご紹介する『神聖典儀』はその好個の例。そして,やっぱりミヨーらしからざる真摯な眼差しを秘めたこの作品,まるで日が当たっていません。作者自身の監修による本自作自演盤はその点,貴重な選択肢です。既にご紹介しているデゼーヴ/コート・ダジュール合唱団のものとは違い,こちらは管弦楽への編曲版。司祭さんの朗唱もありませんし,オルガンのパートは管弦楽に差し替えられている。なにぶん録音は半世紀前(1958年)。到底誉められたものではなく,総合的にデ・ゼーヴのものに比べやや見劣りする感は拭えません。しかし,管弦楽付帯の歌曲としても楽しめる編曲版はより間口が広くもある。細部にこだわらぬ大らかな鳴りの演奏も,大きな破綻はないですし,これを機会にもっと知られて欲しい作品だと思います。

★★★☆
"Centenaire de Darius Milhaud :
Le Retour de l'enfant Prodigue / Septuor à Cordes / Aspen Sérénade"
(Accord : 201902)

Darius Milhaud (dir) Solistes Vocaux et Instrumentaux
録音時代の幕開けに表舞台へと登場してきた世代の作曲家らしく,自作を数多く録音しているミヨー。本盤もその好例で,作曲者自身が指揮棒を執って吹き込んだ一枚です。発表当時,海外では大変高い評価を受けた本盤。確かに演奏に関しては,ほとんど文句の付けようがないほど素晴らしい。ただ,なまじそれも頷けるだけに,余りにもダダイスティックかつ人を喰った中身がいっそう癪に障るんですよねえ(苦笑)。ミヨーは特に初期の頃,六人組経由でストラヴィンスキーに被れた時期があったことは既に説明しました。異なるキーでひとつの旋律を奏でることにより生み出される,ピカソのポンチ絵にも似たお馬鹿ムード。バーバルな野趣が,その調子っ外れさを増幅する。そんな鳥獣戯画ヤローの顔は,その後も長きに渡って,彼の書法にアヤシイ影を落としたものです。このCDは,屹立するその巨大なバカの壁を以て,全ての哀れな購買者に痛烈な肘鉄を食らわせる迷盤。若き日のお調子者ぶりを余すところなく捉えた録音といえましょう。ストラヴィンスキ(の歌曲)やオリック辺りに目がない貴方なら間違いなく愛聴盤でしょうけれど,プロヴァンス組曲のイメージで次の獲物を探す方には,はっきりいってお薦めしません。わたくしも大いに目を白黒させられました(涙)。

★★★★
"Music for Wind Instruments : Le Cheminée du Roi René / Suite d'après Corrette / Pastorale / Divertissement en Trois Parties / Deux Esquisses" (Chandos : CHAN 6536)
Athena Ensemble
六人組の一員ミヨーは,とくに初期のものほど六人組の中核サティの音楽観に心酔し,それに基づいて作曲しました。サティは「ジムノペディ」を始めとするピアノ作品ばかりが紹介されていますので,静謐なミニマル音楽を書く,ナイーブで繊細な音楽家と思う方も多いでしょうが,それは一面的。一方では大砲まで入る舞台作品,BGMを作ろうとの意図から延々と創造性皆無な主題を繰り返すだけの弦楽作品など,聴き手の「裸の王様」ぶりを小馬鹿にした悪趣味な作品も沢山書いている。いわばシニカルなピエロとして,ダダイズム的頽廃の匂いも同時に持っていた人です。控えめで真面目なタイユフェールやデュレが,サティのナイーブな側面に傾倒したとすれば,後者のケバい側面を大々的に誇張してバカ騒ぎしたのがオーリックであり,初期のミヨーだったと言えるでしょう。ミヨーの室内楽はそんな地雷が最も多く埋められている危険地帯。このCDの存在価値はズバリ,そんな危険地帯の中から,巧妙に後年ミヨーの穏健な表情を堪能できる佳曲ばかりを拾ってきた選曲に尽きます。いずれも開放的な南仏の香りが豊かに漂い,多調・新古典的な形式とロマンティックな曲想。ピクニックにでも出掛けているかのようなぽかぽかした気分になれる得難い一枚と言えましょう。演奏するアテナ・アンサンブルはイギリスの楽団。フルートの描く線が粗い点など気になると言えばなりますし,良くも悪くも抑揚控えめで細部にこだわらない演奏ですが,悪くないです。

★★★
"Mélodies :
Trois Chansons de Négresse / Chansons Bas / Deux Petits Airs / Catalogue de Fleurs / Poèmes Juifs / Poème / Les Soirées de Pétrograd"
(CPO : 999 408-2)

Györgyi Dombrádi (msp) Lambert Bumiller (p)
愚直にか皮肉混じりにか,瀟洒で軽やかなフランス歌曲の伝統に,より庶民的なエッセンスを上乗せしつつも則った,ミヨーの歌曲を摘み食いできる本盤。一口にいえば《紅の豚》と《シャル・ウィ・ダンス》を足して二で割ったような,彼の喜劇的かつ通俗的な作風が色濃い歌曲集。20世紀前半の無声映画を思わせる楽曲は,どこか昭和歌謡をセピア色のフィルムを見ながら聴いているかのような,浮薄さと昔懐かしさが漂う。そんな軽さをお好みの方なら,この歌曲はお気に召すのでは。ただ,クラシックとして聴くには,どうも通俗的で耳に残らない気がするのですがどうでしょう?恐らくは,徐々にその姿を現しつつあった大衆主義に,元鳥獣戯画執筆者のアンテナが反応した結果が初期ミヨーの基底に流れる反オートクチュール主義。もちろん当時は,映画やラジオなどの新しい技術に対する,旧大陸・職業音楽屋の無邪気な憧憬だったでしょうし,迫り来る生産主義への批判的精神なんてなかったでしょう。たとえ「スノビズムだ」と言われようと,クラシックが狭義のポップスに陥る必要はない・・そう感じてしまうのは,半世紀の歳月の為せる業でしょうか。

★★★
"Six Little Symphonies / L'homme et son Désir / Concerto No.2 pour Piano et Orchestre / Suite Cisalpine sur des Airs populaires Piemontais / Le Boeuf sur le Toit / Concerto pour Percussion et Petit Orchestre / Concerto No. 1 pour Alto et Orchestre / La Muse Ménagère / La Carnaval d'aix" (Vox : CDX 5109)
Darius Milhaud, Bernard Kontarsky (cond) Orchestra of Radio Luxembourg et al.
あまり録音のない『室内交響曲』が全曲楽しめるという特典付きのこのCDは,近代におけるカメレオン作家,ミヨー後年の牧歌的な叙情性と,若き日の毒気を帯びた軽妙な作風の両方が効率よく楽しめるという意味でも,2枚組で精々1500円ほどと大変に安価であるという点でも,ミヨーってどんな作家なのか取り敢えず俯瞰したいファンには,好適な盤のひとつといえるかも知れません(=半分本気,半分は皮肉)。本盤の大半に顔を出すルクセンブルク放送管弦楽団は,このレーベルから他にドビュッシーの管弦楽作品集も出ているオーケストラ。しかし演奏には粗さが残り,力量不足の感は否めません。この雑な弦を有するB級レベルのオケが,これから僅か十余年で,仏の最大手ティンパニから続々と秀作を発表して気を吐き,繊細な微分音も達者にこなす素晴らしいクオリティのオーケストラへと変身するのですから,無常観ここに極まれり。変われば変わるものだと感嘆するばかりです。

★★★★
"Concerto pour Percussions et Orchestre (Jolivet) Quatre Invensions pour Percussions et Piano (Cals) Concerto pour Marimba, Vibraphone et Orchestre (Milhaud)" (L'Empreinte Digitale : ED 13035)
Kazushi Ono (cond) Igor Lesnik (vib, mba, perc) Philharmonie de Zagreb
聞いたことのないレーベルから,聴いたことのないオケを駆使して仏近代ゲリラが飛び出す本盤は,ジョリヴェとミヨーをカップリングした,見るからにアヤシイ選曲。しかも,ソリストは現代作家の大好きな打楽器奏者。この2枚のカードで,間に挟まれた無名作家カールスの作風は推して知るべしです。果たしてジョリヴェはかなり現代寄り。1959年のパリ音楽院打楽器科の課題曲として書いただけに,メシアン崩れの掻きむしるような弦部と,日照り感の濃い即物的な不協和音の管部,イレギュラーなリズムが横溢。僅かに緩楽章で叙情性を感じるくらい。『フルート協奏曲』で一瞬この人を見直しかけた自分を反省しました。さらに併録のカールスは事実上鉄琴とピアノの二重奏で,ジャズ風。チック・コリアとゲイリー・バートンを前衛風にしたような作品。前衛ジャズと思えばさほど違和感なく,ジョリヴェよりは聴けるけど好んで聴こうとは思わぬとなれば,残る魅力は滅多に聴けないミヨーの協奏曲でしょう。鉄琴とマリンバ,パーカッションを叩き分けるソリストと管弦楽の編成からして,毒気と遊びに溢れた初期ミヨーを想像していましたら,意外にも作風は穏健。果たして作品278,後年の作でした。『交響曲第一番』などに聴ける,牧歌的で開放感のある明るい色調が,南仏の午後の匂いを好ましく伝えます。初めて聴くザクレブ管は,国際的にはかなり無名と思われますが,演奏は高品質。細かい粗はあるものの,少なくともマルコ軍団などよりは数段透明度高く,仏のオケでいえばロワール管などよりは上。グルノーブル器楽並みの透明度で肌理の揃った演奏を披露します。ソリストのペシュニクは1956年ザクレブ出身。ザクレブ音楽アカデミー打楽器科で教鞭を執る傍ら,【スーパーカッション】なる打楽器集団を引率。技量闊達。指揮を執る小野氏は1960年東京生まれ。1987年にトスカニーニ賞を獲得。芸大を出てドイツへ渡り,サヴァリッシュに師事したのち,1990年からザクレブ管の音楽監督,1992年から都響の指揮者もやっていたとか。癖のない中庸な曲解釈を好ましく聴きました。

★★★☆
"Rhapsodie :
Sonata for Clarinet and Piano (Poulenc) / Pièce en Forme d'Habanera (Ravel) / Première Rhapsodie (Debussy) / Sonata for Clarinet and Piano (Saint-Saëns) / Aria (Roussel) / Duo Concertant (Milhaud)"
(Chandos : CHAN 6589)

Janet Hilton (cl) Keith Swallow (p)
ミヨーの器楽・室内楽作品は膨大な数があり,またCDも数多あるのですが,(我が儘で恐縮ながら)ドビュッシーやラヴェル周辺の色彩的かつ瀟洒な音楽を愛好する皆様に,少なくとも私が買ったCDの中からお薦めしたくなるようなものはほとんどありませんでした。ご承知の通りの戯画書法が,特に色濃く表れる危険地帯です。そんな中,僅かに一曲だけとはいえ,印象主義ファンの心を捉えそうな素晴らしい作品が本盤にひっそり挿入された『協奏的二重奏曲』。バロックを思わせるかっちりとした擬古典様式で書かれ,まるで宮廷音楽のような典雅さをたたえた中に,近代物ならではのカラフルで美しい和声が存分に散りばめられた,非常に瀟洒で洒落た小品です。果たして,これはミヨー晩年の作。それだけに,どういう意図なのか重度にリバーブを掛けた録音が施されていること,演奏者の線が細いのは惜しい限りです。これ以外の演奏盤を滅多に見かけないところをみると,余り有名ではないのでしょうか?このまま知られずにいるのは勿体ないような小傑作。クラリネットを吹く皆さん,ぜひ採り上げてやってください。

★★★★☆
"Sonate (Saint-Saëns) Andante et Allegro (Chausson) Petite Pièce / 1ère Rhapsodie (Debussy) Sonatine / Duo Concertant (Milhaud) Sonate (Poulenc) Sonatine (Honegger)" (Denon : CO-79282)
Paul Meyer (cl) Eric Le Sage (p)
伴奏者のルサージュと仲良くプーランクの室内楽集に加わり,少し前には仏近代木管三重奏曲集をお出しになっていたポール・メイエさん。1992年に発表した仏近代クラリネット曲集です。パリ音楽院を出て1982年に仏若手コンクール優勝。1984年にもニューヨークの国際演奏家コンクールで優勝して評価を固めました。この人は晩年のベニー・グッドマンと知遇を得て随分可愛がってもらったそうで,音を聴いた印象もエラク艶っ気があり,しなが利いていてジャズっぽい。ショーソンの急速調でも遅れを最小限に抑えつつ,ちゃんとタンギングして音を紡ぎ出す確かな腕と,歯切れの良い音運びはさすがですし,緩楽章における滑らかな音色も見事。古めかしいサン=サーンスがこれほど良い曲に聞こえることは滅多にないことでしたし,ドビュッシーの狂詩曲も高域や弱音まですっきりと抜けが良く,襟が整っていながら軽やかさをとどめた美演かと思います。では,なんでそんな素敵なCDの評価がこれっぽっちなんですか?とのご指摘は至極ごもっとも。実は一番期待していたミヨー『協奏的二重奏曲』の出来に引っかかりを感じまして。それを通して,解釈面での青臭さが見え隠れしているのを察知してしまったからなんです。競合する上記ヒルトン女史のシャンドス録音は,演奏家の技量そのもので行くと,メイエの足下にも及ばん内容。にもかかわらず,やたらテンポ・ルバートを掛けまくり,自己愛たっぷりに無意味な洒落音楽を気取るメイエに対し,ヒルトンさんの極めて衒いのない演奏はさすが叩き上げ。「ふん,どこのエリートか知らんけど,この業界を甘くみるんじゃないわよっ」との空耳さえ聞こえてきそうなほどの勢いで技量の差を補填する。腕もリテラシーも,最後は「それを使ってする何か」のための十分条件。一日の長を示したヒルトンさんにシノギで生きる極妻まがいの貫禄を見て,どうにも満点にはできませんでした。

★★★☆
"Sonate pour flûte, Haubois, Clarinette et Piano / Sonatine pour Flûte et Piano / Sonatine pour Clarinette et Piano / Sonatine pour Haubois et Piano" (Orfeo : C 060-831 A)
Aurèle Nicolet (fl) Eduard Brunner (cl) Heinz Holliger (ob) Oleg Maisenberg (p)
ミヨーが3つの木管楽器それぞれのために書いたソナタやソナチネを集め,それら3つの木管全てで合奏するソナタを併録したこのCDは,楽器中心の選曲が示すとおり,何といっても演奏家の顔ぶれが豪華。ベルリン交響楽団の主席フルート奏者でもあったオーレル・ニコレに,作曲家としても著名で,のちケックランの連作を録音して指揮者としても名をあげることになるハインツ・ホリガーのオーボエ。豪華です。器楽ものはヤバイと知りつつも,ついつい買わされてしまうんですなあ。ニコレのフルートはお年を召されたからなのか不安定ながら,演奏はさすが,レベルが高いです。演奏が大丈夫ということで,もし鬼門が残るとすればやはり曲でしょう。1918年に書かれたという事実が否応なく警戒感をそそる四重奏のためのソナタは,案の定ストラヴィンスキーと六人組臭が,最も戯画的な形で嵐の如く溢れ出す迷品。後年の牧歌的な作風を期待して買うあなたは目を白黒させられること請け合いでしょう。彼のもうひとつの顔である穏健な叙情性を秘めた作風は,後年(1954年)作のオーボエ・ソナタおよびクラリネット・ソナタで堪能できます。

★★★★
"Trois Pièces Brèves (Ibert) : Printemps (Tomasi) : La Cheminée du Roi René (Milhaud) : Septuor (Koechlin) : Quintette no.1 (Françaix) : Scherzo (Bozza)" (BIS : CD-536)
Berlin Philharmonic Wind Quintet
ベルリン・フィルハーモニーの構成員5人が集まって組織されたこの楽団,言うまでもなく通常は古典や前期ロマン派などがレパートリー。彼らゲルマン人の音楽史観では印象派なんぞワグナーからシェーンベルクへと移行する途上に咲いた突然変異の仇花に過ぎないわけで,滅多に録音してくれるはずもありません。このCDはそんな楽団が残してくれた,非常に珍しいオール・フランス・プログラム。選曲もトマジにボザ,ケックランと,つまみ食い企画のわりにはかなり硬派でマニアックなうえ,天下のベルリン響の構成員らしく演奏技術が素晴らしいです。じゃァどうして4つ星なんですか?と仰るあなたは鋭い。選曲をみても,彼らの仏ものに対する知識はかなりのものでしょう。そんな彼らが選んだゆえにこそその選曲が,却って彼らの音楽観を反映しているのですね。和声は希薄で,細かいリフが交錯する対位法様式のものばかりなんですよ。古楽通のケクランにロマン派回帰のミヨー,通俗的ながらやはり懐旧的なフランセという人選,そして,トマジとは思えないほど擬古典的な『春』・・一見無作為なようでいて,実はかなり意図的なものだと思った次第です。演奏は(アルバン・ベルク四重奏団のドビュッシーがそうだったように)技術的には大変高水準。でありながら,どこか無機質な響きが特徴です。

★★★☆
"Complete Piano Works Volume 2 :
Printemps, cahier No.1 / Printemps, cahier No.2 / L'Automne / Mazurka / Tuches Blanches / Touches Noires / Jeu / Choral / Trois Rag-Caprices / Four Sketches / La Muse Ménagère / Le Tango des Fratellini"
(Discover : DICD 920426)

Françoise Choveaux (p)
ミヨーの全ピアノ作品を突如,3枚に分売してリリースしたこのレーベル,廉価版にも拘わらずこの硬派な編集方針はどうでしょう。ピアノのショボーさんは無名ながら,リール音楽院,エコール・ノルマル,さらにはジュリアード音楽院で学んだ才媛なんだそうで,廉価版とは思えない秀演。イカニモ六人組的な軽い作品を多数含むとはいえ,彼女の弾いた三枚。ミヨー・ファンには是非ご一聴頂きたい優れた企画集。総じて軽音楽的な作品なのは予想通りなんですけど,ピアノで聴いてみるとミヨーの用いる書法,なかんずく主旋律や装飾音に使われる五音階の処置には,あの水彩画の魔術師ケックランを彷彿させる瞬間が隠れていて驚きます(仲良しさんでしたし)。ちなみにこの録音,見かけなくなったと思ったらその後ナクソスに版権が渡ったようで,今では1000円で購入可能。ナクソスは廃盤を決して作らないのがポリシーだそうですから,これでいつでも買える状態になったわけです。良かった良かった。