Rの作曲家



ヴァイノ・ライティオ Väinö Raitio (1891-1945)

フィンランドの作曲家。1891年4月15日ソルタヴァーラ(Sortavala)生まれ。十代前半頃からヘルシンキでカール・エックマン(Karl Ekman)にピアノを学んだのち,1911年にヘルシンキ音楽院へ進み,作曲法をエルッキ・メラルティン(Erkki Melartin)に師事したほか,エリック・フルヒェイム(Erik Furuhjelm)にも学び,1915年卒業。翌1916年から1917年に掛け,モスクワでA.イリンスキ(A. Ilyinsky)に対位法を学んだ。この頃,スクリャービンの音楽に触れて傾倒。さらに1921年にはベルリンへ留学。1922-1923年のヘルシンキ教会音楽大学での就学を挟んで,1925年から1926年にはパリへも留学し,新しい音楽傾向に触れた(
通説では彼の色彩的な和声法の源泉にパリ留学を挙げるものが多い。しかし実際はそれ以前から「4つの色彩的な詩曲」や「アンティゴーヌ」などを書いており,ロシア留学の影響の方が遙かに大きいと思われる)。帰国後,ヴィープリ(Viipuri)で音楽教師となり,その後は1932年から1933年には『アイカ(Aika)』誌で,1934年から1939年には『ナーミオ(Naamio)』誌で音楽批評を担当する傍ら,フリーランスの作曲家として創作活動を展開。しかし,保守的な楽壇からは最後まで黙殺された。1920年代はスクリャービンの影響下に無調・表現主義に根ざした先鋭的な書法をとり,1930年代以降は民族主義に根ざしたポスト・ロマン派の書法に立脚した,保守的で穏健な作風へ転じている。1945年9月10日ヘルシンキにて死去。(関連サイト:ライティオ協会 フィン語)


主要作品
 

舞台作品 ・歌劇【ジェフタの娘】 Jeftan tytär, op.30 (1929) {3sop, msp, tnr, 3btn, bass, orch}
・バレエ【水の柱】 vesipatsas (1929) ...
Poul Knudsen台本,George Gé装飾
・劇音楽【王女セシリア】 prinsessa Cecilia (1933) {14vo, orch}...Huugo Jalkanen台本
・リディアの王 lyydian kuningas (1937) {sop, tnr, btn, orch}...Eino Leino台本
・ヴァイナモイネンの求婚 proposal väinämöisen kosinta (1934-1936) ...Eino Leino台本

・二人の王女 kaksi kuningatarta (1937-1940) {choir, orch}
・アンティゴーヌ alkusoitto ja välisoittoja kuunnelmaan Antigone (1936)
・アサリア musiikkia näytelmään Asaria (1937) ...
Akseli Tola台本
・婚礼の舞踏 lauluja näytelmään Keinumorsian (1942) {ob, cl, vln, vla, vc, choir} ...Lauri Haarla台本
・グロテスクな舞踏 le ballet grotesque (1943) ...Regina Backberg台本
・叙情劇【3つの歌】 kolme laulua (1920) {vo, p}
管弦楽 ・舞踏の風景 karkelokuva (1910)
・死の舞踏 danse macabre (1912?/1935) {p, orch}
・管弦楽のためのメヌエット menuetto orkesterille (1913)
・舞曲 tanssi pienelle orkesterille (1913)
・田園詩曲 pastorale (1914)
・交響的バラード sinfoninen balladi, op.9 (1916)
・幻想舞曲 fantastinen tanssi (1916)
・交響曲ト短調 sinfonia g-molli, op.13 (1918-1919)
・白鳥 joutsenet, op.15 (1919)
・夜想曲 nocturne, op.17 (1920)
・幻想曲 fantasia estatica, op.21 (1921)
・アンティゴーヌ Antigone, op.23 (1921-1922)
・木星の上の月光 kuutamo Jupiterissa, op.24 (1922-1923)
・詩的幻想曲 fantasia poetica, op.25 (1923)
・タンゴ:恍惚の舞曲 danse d'extase: tango (1931)
・グロテスクな舞曲 danse grotesque (1932) ...
王女セシリアより編曲
・セレナーデ serenadi (1933)
・カヤーニの想い出 Kajanuksen muistolle (1933)
・舞踏の情景 balettikuva (1934)
・ユーモレスク humoreski (1934)
・レンミンカイネンの母 Lemminkäisen aiti (1934) ...フィンランドの冒険物語『カレワラ』に出てくる主人公の母のこと
・行進曲 Marssi (1934)
・田園詩曲 pastorale (1934)
・詩曲 runoelma (1934)
・バラード balladi (1935)
・組曲【ハメ地方の夏景色】 kesäkuvia: Hämeestä (1935)
・森の牧歌 metsäidyllejä (1935)
・交響詩【岬の乙女たち】 neiet niemien nenissä (1935)
・スケルツォ scherzo: Felis domestica (1935)
・牧歌 idylli (1938)
・前奏曲 preludi (1938)
・猫の子守歌 kissan kehtolaulu (1939)
・ワルツ valssi (1939)
・ロマンス romanssi (1940) {strings}
・野の薔薇 metsäruusu (1941)
・可愛いワルツ valse mignonne (1941)
・勝利の讃歌 voiton hymni (1941) {strings}
・葬送の詩篇 hautauslaulu (1942)
・釣鐘水仙 sinikellon kehtolaulu (1943)

協奏曲 ・ピアノ協奏曲 pianokonsertto c-molli, op.6 (1914) {p, orch}
・詩曲 runoelma, sellolle ja orkesterille, op. 7 (1915) {vc, p(hrp), orch}
・伝説 legenda, viululle orkesterin saestyksella (1935) {vln, orch}
・ヴァイオリン,チェロと管弦楽のための協奏曲 konsertto viululle ja sellolle orkesterin saestyksella (1936) {vln, vc, orch}
・ヴァイオリンと管弦楽のための夜想曲 notturno viululle ja orkesterille (1938) {vln, orch}
・セレナータ serenata viululle jousiorkesterin säestämänä (1940) {vln ,orch}
・チェロ,ハープと管弦楽のための幻想曲 fantasia sellolle, harpulle ja orkesterille (1941) {vc, hrp, orch}
室内楽 ・イム・ワルデ im walde, sellolle ja pianolle (1911) {vc, p}
・子守歌 kehtolaulu, viululle ja pianolle (1911) {vln, p}
・エレジー elegia, viululle pianon säestyksellä (1911) {vln, p?}
・子守歌 berceuse sellolle ja pianolle (1912) {vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ sonaatti pianolle ja viululle, fis-molli, op.2 (1914) {vln, p}
・前奏曲 preludium sellolle (tai viululle) ja pianolle, op.3(b) (1916) {vc(vln), p}
・弦楽四重奏曲 jousikvartetto, op.10 (1917) {2vln, vla, vc}
・ピアノ五重奏曲 kvintetto pianolle, kahdelle viululle, altolle ja sellolle, op.16 (1919-1921) {2vln, vla, vc, p}
・バラード ballade viululle ja pianolle, op.18-1 (1920) {vln, p}
・カンツォネッタ canzonetta viululle ja pianolle, op.18-2 (1920/1923) {vln, p}
・舟歌 barcarole viululle ja pianolle, op.18-3 (1920/1923) {vln, p}
・詩曲 poème viululle ja pianolle, op.18-4 (1920) {vln, p}
・幻想五重奏曲 fantasia kvintetille, op.19 (1920) {2vln, vla, vc, p}
・雪割草 sinivuokko, viululle pianon säestämänä (1943) {vln, p}
・ロマンス romanssi sellolle ja pianolle (-) {vc, p}
オルガン曲 ・間奏曲 intermezzo (1913)
・伝説 legenda: poème, op.20-1 (1920)
・カンツォネッタ canzonetta (1930-?)
・ガウデアムス gaudeamus (1930-?) ...
ガウデアムスはドイツの学生歌
・祝福されし影 umbra beata (runoelma uruille) (1934)
・オルガンのための前奏曲 preludi suurille uruille (1938)
・オルガンのためのカンツォーネ canzone suurille uruille (1939)
ピアノ曲 ・アンダンテ andante (1909)
・前奏曲第三曲 preludium III (1910)
・前奏曲第二曲【嵐】 preludi II (1911)
・夜想曲 nocturne (1908/1912)
・エチュード=カプリス etüde-caprice, op.1-5 (1909/1911)
・ファンタジア fantasia a modo di Sonatina (1911)
・アンダンテ andante (1912)
・死の舞踏 Luurankojen tanssi (1912)
・トッカータ toccata, op.1 (1913)
・ロンド=カプリチョーソ rondo capriccioso (1913) 3'
・夏の牧歌 kesäidyllejä, op.4 (1914)
・アンダンテ・カンタービレ andante cantabile (1915)
・バラード ballade, op.8-1 (-)
・白夜 valoisa yö, op.8-2 (-)
・スルヴィ・ライティオへ Sylvi raitiolle (-) ...
家族の名前か?
・牧歌 idylle No 2, op.8-3 (-)
・アラベスク arabesque, op.8-4 (-)
・ヴェデンネイト vedenneito soittaa, op.8-5 (0)
・ファタ・モルガナ fata morgana, op.12-1 (1917)
・練習曲 étude, op.12-2 (1917)
・カヤツリ草の歌 kaislojen laulu, op.12-3 (1917)
・4つの前奏曲 neljä preludia, op.14 (1918)
・トントゥの子守歌 joulutontun kehtolaulu (1921?) ... トントゥはサンタクロースの使いの小人
・4つの色彩の詩 neljä värirunoelmaa pianolle, op.22 (1922)
・10の小品 10 pientä pianokappaletta lapsille: Pienia pianokappaleita lapsille II (1922)
・子どものためのピアノ小品集 Pieniä pianokappaleita lapsille I (1923)
・妖精の踊り peikkojen tanssi (1923)
・舟漕ぎ soutelemassa (1923)
・ルオベシの白軍のマーチ Ruoveden suojeluskunnan marssi (1943?)
・アリオーゾ arioso (-)
・メヌエット menuetto (-)
・雲の影 pilven varjo, op. 26-1 (-)
・舞曲 tanssi (-)
歌曲 ・夜の歌 nachtliedchen (1912) {vo, p} ... Heinrich Heine詩
・子守歌 kehtolaulu (1912) {vo, p} ...
M. Lermontov詩
・白鳥の歌 schwanenlied (1913) {vo, p} ... Heinrich Heine詩
・夜の星 tähtiyössä, op.5-1 (1915) {vo, p} ...
Otto Manninen原詩
・ボルドー det borde, op.5-2 (1915) {vo, p} ...
Ruth Hannula詩
・蒸し暑い夕べ der schwere abend, op.5-3 (1915) {vo, p} ...
Nicolaus Lenau詩
・蝋燭の火が揺らぎ ljuset flämtar, op.5-4 (1915) {vo, p} ...
Jakob Tegengren詩
・六月の夜 juninatt, op.5-5 (1915) {vo, p} ...
Bertel Gripenberg詩
・ヴィンゲン vingen, op.5-6 (1915) {vo, p} ...Bertel Gripenberg詩
・私はあなたを知っている sun tunnen: du är mig när (1916) {vo, p} ...
Joel Rundt原詩(Kosti Raitio翻訳)
・最も親しかった君 du var mig mera nära, op.11-2 (1917) {vo, p} ...
K. A. Tavaststjerna詩
・真夜中 kuollut hetki, op.11-3 (1917) {vo, p} ...
L. Onerva詩
・初秋に im fruhherbst, op.11-7 (1917) {vo, p} ...
F. Tjutshev詩
・クリスマスの歌 joululaulu (1918) {vo, p} ...
Olla Teräsvuori詩
・夕べの情趣 iltatunnelma (1918) {vo, p} ...
Aukusti Simelius詩
・クリスマスの夕べを待ち焦がれ jouluillan odotus (1919) {vo, p} ...
Olla Terasvuori詩
・月明かりのもと Kuutamolla: Månljus kväll, op.28-1 (1920) {vo, p} ...
Joel Rundt原詩,V. A. Koskenniemi翻訳
・ピラミッド pyramidi, op.27 (1924-1925) {choir, orch} ...
Väinö Siikaniemi詩
・小径 puistokuja, op.29 (1926) {sop, orch}
・黒シャツ党員のマーチ mustapaitojen marssi (1933) {vo, p} ...
Heikki Asunta原詩。ピアノ譜は即興演奏?
・クリスマスのソネット joulusonetti (1941) {vo, p} ...Juhana Jahnukainen詩
・カレリアの朝 Karjalan aamu (1942) {vo, p} ...
Ilmari Pimia詩
・今クリスマスの夜が再び nyt jouluyö on tullut taas: nu julenatten inne är (194-?) {vo, p} ...
Väinö Raitio原詩,Dagny Flodin-Segerstråle翻訳
・ルオベシの白軍のマーチ ruoveden suojeluskunnan marssi (-) {vo, p} ...Heikki Asunta詩
・フィンランドの夏 suomen kesä (-) {vo, p} ...
11曲。Immi Hellén,Eino Leino,Maija Konttinenほか詩。死語に出版
・おお慈悲深き主よ vaeltajat: oi armon Herra (-) {vo, p}
・故郷へ velka kotiseudulle: kotiseutuni, lahjasi suuret (-) {vo, p} ...
Heikki Asunta詩
合唱曲 ・夜,小屋で腰掛けた istuin illalla tuvassa (1915) {choir}
・若き力のマーチ nuoren voiman marssi (1917) {choir}
・カレリアの朝 karjalan aamu (1942) {choir}
・春の一夜の歌 laulu kevätyössä (1942) {m-choir}
・野ばら Metsäruusu (-) {choir}
・婚礼の歌 Häälaulu (-) {choir}
・夕べ ilta (-) {m-choir}

※訳出にはSuomestaさんの全面的なご助力を得ました。記して感謝します(2007, 2/17 - 3/5)


ライティオを聴く


★★★★☆
"Waltz / Humoresque / Idyll / Tango / Scherzo / Danse Grotesque / Valse Mignonne / Maidens on the Headlands / Summer Pictures from Häme / Forest Idylls" (Ondine : ODE 9750)
Tuomas Ollila (cond) Tapiola Sinfonietta
《楽典》のジャーゴンに守られた少数の音楽エリート(楽壇)が,名声・学歴・コネで音楽の価値を値踏みしては,手前勝手に正統と異端の権威づけを行い,教育の力でそれを再強化する。この哀しき権力構造は,専門化が進んだ今も変わることはございません。保守的な楽壇から黙殺されたライティオもその犠牲者の一人。クラミなる中途半端なモダニストがいたっけなとしか記憶にないフィンランドに,こういう逸材が隠されていた事実を知るのは,喜びであるとともに哀しくもあります。20代半ばでロシアへ飛び,スクリャービンに傾倒。北欧に近現代の風を送り込んだ彼は,シベリウス一辺倒な楽界からは完全にシカトされ,音楽院のポストはとうとう貰えず終い。後進を育てることが叶わぬ兵糧責めでは,やがて埋もれてしまうのも無理からぬ事でした。1930年代に入るとその作風は穏やかになり,仏近代的な色彩和声と,土着の香り漂う主旋律を融合した,北欧版ポスト・ロマンティストへと華麗なる変貌を遂げます。2003年に出た本盤は,それ以降に書かれた小管弦楽作品を集めた,得難いライティオ作品集。自ら「音楽は色彩だ」と,ドビュッシー好きとしか思えないような文句を残した彼だけに,仏近代彷彿の優美なオーケストレーションに快哉。『映像』を彷彿させるエキゾチックな拍動,香り豊かな和声が,高らかにモダニズムを称揚するいっぽう,本家とは比べようのないほどムソルグスキ風味で土臭い,民謡起源の簡素な主旋律や武骨なリズムは,《北欧の穏健なモダニスト》としての,地に足の着いた創作態度を示すものと思います。1987年にヘルシンキで誕生したタピオラ小管弦楽団を振るのは1965年生まれの中堅オッリラ氏。元々クリヴィヌ同様ヴァイオリン弾きとして,ヘルシンキ音楽院の学士号を貰っているだけに,弦の響きを良く揃えた演奏にまとめあげておられるのではないでしょうか。

(2007. 2. 5)