Rの作曲家



マックス・レーガー Max Reger (1873-1916)

ドイツの作曲家。本名はマキシミリアン・ヨハン・バプティスト・ヨゼフ・レガー。1873年3月19日プファルツ州ブラント(Brand)生まれ。ウァイデン(Weiden)で幼少期を過ごし,父からオルガン,ヴァイオリン,チェロを,母からピアノを学んだのち,1890年までアダルベルト・リントナー(Adalbert Lindner)にオルガンを師事した。元々は父の後を継いで教師になることを目指していたが,13才の時,バイロイトで『パルシファル』を聴いて作曲家になることを決意。1890年4月から1893年に掛けてウィエスバーデンで音楽理論家ヒューゴ・リーマン(Hugo Riemann)へ師事して研鑽を積み,1890年から1896年までソンデルスハウゼン音楽院でピアノ,オルガン,楽典の教鞭を執った。兵役ののち,家族とミュンヘンへ移住。1905年にラインベルガーの後任としてトンクンスト音楽アカデミー(ミュンヘン王立音楽院?)に奉職して作曲法およびオルガンの教鞭を執り,1907年にはライプツィヒ音楽院オルガン科教授へ就任。院長も歴任している(ただし翌年には院長職を解かれた)。1911年にはザクセン=マイニンゲンの宮廷管弦楽団の音楽監督に就任し,彼を採用したデューク・ゲオルグの逝去まで,2年間(1914年まで)その地位を努めている。その後1915年にはイェナへ移住し,作曲活動に専念した。ウィエスハーデン時代に覚えた深酒が遠因となり,1916年5月11日,週に一度の音楽院での講義のためライプツィヒへ出向中のホテルで心臓発作のため急死。43才であった。多作家で,作品数は1000に及ぶ。1908年にイェナ大学名誉博士号,1910年にベルリン大学名誉博士号。


主要作品

管弦楽曲 ・交響的運動【エロイーデ】ニ短調 Heroide (1889)
・付帯音楽【カストラ・ヴェテラ】 castra vetera (1889-1890) ...
J.Batiz台本
・交響的運動ニ短調 [symphonic movement] (1890)
・愛の夢:叙情的なアンダンテ lyrisches andane: liebestraum (1898) {strings}
・スケルツィーノ scherzino (1899) {hrn, strings}
・2つのロマンス ハ短調,ニ短調 zwei romanzen, op.50 (1900) {vln, orch}
・小交響曲 イ長調 sinfonietta, op.90 (1904-1905)
・セレナーデ ト長調 serenade, op.95 (1905-1906)
・ヒラーの主題による変奏とフーガ ホ長調 variationen und fuge über ein thema von J.A.Hiller, op.100 (1907)
・モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ variationen und fuge über ein thema von Mozart, op.132 (1914) {orch /2p}
協奏曲 ・ヴァイオリン協奏曲 イ長調 konzert für violine, op.101 (1907-1908) {vln, orch}
・アリア aria, op.103a (-) {vln, small-orch} ...
原曲はピアノ曲
・ピアノ協奏曲 ヘ短調 klavier konzert, op.114 (1910) {p, orch}
・輪舞曲のためのアンダンテ andante für rondo, op.147 (1914-) {vln, small-orch}
室内楽 ・弦楽四重奏のためのスケルツォ ト短調 scherzo (-) {fl, 2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲 ニ短調 quartette (1888-1889) {2vln, vla, vc} ...
終楽章にコントラバスが付く。
・ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 sonaten für violine, op.1 (1890) {vln, p}
・ヴァイオリン, ヴィオラとピアノのための三重奏曲 ロ短調 trio, op.2 (1891) {vln, vla, p}
・ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 sonaten für violine, op.3 (1891) {vln, p}
・チェロ・ソナタ ヘ短調 sonaten, op.5 (1892) {vc, p}
・クレメンティ「6つのソナタ」のヴァイオリン譜 [violin parts for 6 sonatinas, op.36 by Clementi] (-1895)
・ピアノ五重奏曲 klavier quintette (1897-1898) {2vln, vla, vc, p}
・チェロ・ソナタ ト短調 sonaten, op.28 (1898) {vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ イ長調 dritte sonaten für violine, op.41 (1899) {vln, p}
・ヴァイオリン独奏のためのソナタ vier sonaten, op.42 (1900) {vln}
・2つのクラリネット・ソナタ イ長調, 嬰ヘ短調 zwei sonaten, op.49 (1900) {cl, p}
・2つの弦楽四重奏曲 zwei quartette, op.54 (1900) {2vln, vla, vc}
・カプリース, イ短調 caprice (1901) {vc, p}
・ピアノ五重奏曲 ハ短調 quintette, op.64 (1901-1902) {2vln, vla, vc, p}
・前奏曲とフーガ イ短調 präludien und fuge (1902) {vln}
・ロマンス(ト長調)と小奇想曲(ト短調) romanze und petite caprice (1902) {vln, p}
・アルバムの頁(変ホ長調)とタランテラ(ト短調) albumblatt und tarantella (1902) {cl (vln), p}
・アレグレット・グラシオーソ イ長調 allegretto gracioso (1902) {fl, p}
・ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 sonaten für violine, op.72 (1903) {vln, p}
・弦楽四重奏曲 ニ短調 quartette, op.74 (1903-1904) {2vln, vla, vc}
・2つの三重奏曲 zwei trios: serenade, op.77a; trio, op.77b (1907) {fl, vln, vla /vln, vla, vc} ...
前者がフルートと二弦,後者が三弦
・チェロ・ソナタ ヘ長調 sonaten, op.78 (1904) {vc, p}
・揺りかごの歌,奇想曲,ブルラ wiegenlied, capriccio, burla, op.79d (1902-1904) {vln, p}
・奇想曲, 小ロマンス caprice, kleine romanze, op.79e (1902-1904) {vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ 嬰ヘ短調 sonaten, op.84 (1905) {vln, p}
・アルバムの頁,ロマンス albumblatt, romanze, op.87 (1905) {vln, p}
・7つのソナタ sieben sonaten, op.91 (1905) {vln}
・組曲 suite im alten stil, op.93 (1906/1916) {vln, p /orch}
・ピアノ三重奏曲 ホ短調 trio, op.102 (1907-1908) {vln, vc, p}
・組曲 イ短調 suite: sechs vortagestücke, op.103a (1908) {vln, p} ...3楽章を管弦楽配置
・2つの小ソナタ ニ短調, イ長調 zwei klein sonaten, op.103b (1908) {vln, p}
・12の小品 12 klein stücke nach eigenen liedern, op.103[op.76] (1916) {vln, p}
・ソナタ ロ長調 sonaten, op.107 (1908-1909) {cl (vla), p}
・弦楽四重奏曲 変ホ長調 quartette, op.109 (1909) {2vln, vla, vc}
・ピアノ四重奏曲 ニ短調 quartette, op.113 (1910) {vln, vla, vc, p}
・チェロ・ソナタ イ短調 sonaten, op.116 (1910) {vc, p}
・前奏曲とフーガ präludien und fuge (1909-1912) {vln} ...
8曲,第4曲は「シャコンヌ」の標題つき
・六重奏曲 ヘ長調 sextett, op.118 (1910) {2vln, 2vla, 2vc}
・弦楽四重奏曲 嬰ヘ短調 quartett, op.121 (1911) {2vln, vla, vc}
・チェロ・ソナタ ホ短調 sonaten, op.122 (1911) {vc, p}
・前奏曲とフーガ präludien und fuge, op131a (1914) {vln}
・3つの二重奏曲 drei duo 'canons und fugen' im alten stil, op.131b (1914) {2vln}
・3つの組曲 drei suites, op.131c (1915) {vc}
・3つの組曲 drei suites, op.131d (1915) {vla}
・ピアノ四重奏曲 klavier quartett, op.133 (1914) {vln, vla, vc, p}
・ヴァイオリン独奏のためのアレグロ イ長調 allegro (1914) {2vln}
・ヴァイオリン・ソナタ ハ短調 sonaten, op.139 (1915) {vln, p}
・弦楽三重奏のためのセレナーデ ト長調 serenade, op.141a (1915) {2vln (fl, vln), vla}
・弦楽三重奏曲 ニ短調 trio, op.141b (1915) {vln, vla, vc}
・クラリネット五重奏曲 イ長調 quintett, op.146 (1915) {cl, 2vln, vla, vc}
・前奏曲 ホ短調 präludien (?-1915) {vln}
オルガン曲 ・3つの小品 drei orgelstücke (1892)
・ o trauigkeit o hertzeleid (1894)
・バッハの流儀による組曲 ホ短調 erste suite 'den manen J.S.Bachs', op.16 (1894-1895)
・ komm süßer tod (1894)
・コラール幻想曲 phantasie über den choral 'ein'feste burg ist unser gott', op.27 (1898)
・幻想曲とフーガ ハ短調 phantasie und fuge, op.29 (1898)
・コラール幻想曲 phantasie über den choral 'freu' dich sehr, o meine seele', op.30 (1898)
・オルガン・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 sonaten, op.33 (1899)
・序奏とパッサカリア introduktion und passacaglia, d-moll (1899)
・2つの幻想曲 zwei phantasien 'wie schön leucht't uns der morgenstern', 'straf', mich nicht in deinem zorn', op.40 (1899)
・バッハの名による幻想曲とフーガ phantasie und fuge über B.A.C.H., op.46 (1900)
・6つの三重奏 sechs trios, op.47 (1900)
・3つの幻想曲 drei phantasien, op.52 (1900)
・ präludium, c-moll (1900)
・交響的幻想曲とフーガ symphonische phantasie und fuge, op.57 (1901)
・12の小品集 zwölf stücke, op.59 (1901)
・オルガン・ソナタ第2番 ニ短調 sonaten, op.60 (1901)
・ Christ ist erstanden von dem tod (1901)
・ variationen und fuge über 'heil dir im siegerkranz' (1901)
・モノローグ monologe: zwölf stücke, op.63 (1901-1902)
・12の小品 zwölf stücke, op.65 (1902)
・52の易しいコラール前奏曲 zweiundfünfzig vorspiele, op.67 (1902)
・ präludium und fuge, d-moll (1902)
・10の小品 zehn stücke, op.69 (1903)
・独自の主題による変奏曲とフーガ 嬰ヘ短調 variationen und fuge über ein originalthema, op.73 (1903)
・13のコラール前奏曲 13 kompositionen, op.79b (1901-1903)
・三声のための練習曲 schule des triospiels (1903) ...
K.Straubeと共同でバッハ「二声のインヴェンション」を編曲したもの
・ postludium, d-moll (1904)
・5つの易しい前奏曲とフーガ fünf präudien und fugen, op.56 (1904)
・12の小品 zwölf stücke, op.80 (1904)
・4つの前奏曲とフーガ vier präudien und fugen, op.85 (1904)
・ romanze, a-moll (1904)
・ o-haupt voll blut und wunden (1904)
・組曲 ト短調 suite, op.92 (1905)
・ es kommt ein schiff geladen (1905)
・ präludium und fuge, gis-moll (1906)
・ wie schön leuchtet der morgenstern (1908)
・ präludium und fuge, fis-moll (1912)
・序奏,パッサカリアとフーガ ホ短調 introduktion, passacaglia und fuge, op.127 (1913)
・9つの小品 neun stücke, op.129 (1913)
・30の小コラール前奏曲 dreissig kleine choralvorspiele, op.135a (1914)
・幻想曲とフーガ phantasie und fuge, op.135b (1916)
・7つのオルガンのための小品 sieben orgelstücke, op.145 (1915-1916)
ピアノ曲 ・12のワルツ=カプリス 12 wälzer-capricen, op.9 (1892) {p /2p}
・20のドイツ舞曲 20 Deutsche tänze, op.10 (1893) {p /2p}
・7つのワルツ sieben wälzer, op.11 (1893)
・スケッチ帖 lose blätter, op.13 (1894)
・若き日より aus der jugendzeit, op.17 (1895)
・111のカノン 111 canons durch alle dur- und moltonarten (1895)
・壮麗な練習曲 ハ短調 etude brillante (1896)
・即興曲 improvisationen, op.18 (1896)
・5つのユーモレスク fünf humoresken, op.20 (1896)
・6つのワルツ sechs wälzer, op.22 (1898) {p /2p}
・7つの幻想曲 sieben fantasie-stücke, op.26 (1898) ...
エレジー(elegie: op.26-1)のみ管弦楽配置
・3つの譜面帖 drei albumblätter (1898-1899)
・7つの特徴的な曲 sieben charakterstücke, op.32 (1899)
・5つの絵画風の小品 cinq pièces pittoresques, op.34 (1899) {p /2p}
・色合い豊かな譜面 bunte blätter, op.36 (1899)
・10の講義用小品 zehn kleine vortragsstücke, op.44 (1900)
・6つの間奏曲 sechs intermezzi, op.45 (1900)
・シルエット silhpuetten, op.53 (1900)
・6つのブルレスク sechs burlesken, op.58 (1901) {p /2p}
・4つの特殊な練習曲 vier spezialstudien (1901) ...
左手のみで演奏
・譜面と花 blätter und blüten (1900-1902)
・夜に in der nacht (1902)
・10のピアノ曲集 zehn klavierstücke (1901-1903)
・バッハの名による変奏曲とフーガ variationen und fuge über ein thema von J.S.Bach, op.81 (1904)
・日記より aus meinem tagebuch, op.82 (1904-1912)
・無窮動 嬰ハ短調 perpetuum mobile (1905)
・4つの小品 vier klavierstücke (1901-1906)
・スケルツォとカプリース 嬰ヘ短調 scherzo und caprice (1906)
・4つのソナチヌ vier sonatinen, op.89 (1905/1908)
・6つの小品 sechs stücke, op.94 (1906) {p /2p}
・序奏,パッサカリアとフーガ ロ短調 introduktion, passacaglia und fuge, op.96 (1906) {2p}
・6つの前奏曲とフーガ sechs präludien und fuge, op.99 (1906-1907)
・永久にあなたのもの! ewig dein! (1907)
・エピソード episoden, op.115 (1910)
・テレマンの主題による前奏曲とフーガ variationen und fuge über ein thema von G.P. Telemann, op.134 (1914)
・紡ぎ女の行進曲 marsch der stiftsdamen (1914)
・ベートーベンの主題による変奏とフーガ variationen und fuge über ein thema von Beethoven, op.86 (1915) {2p /orch}
・暖炉のまどろみ träume am kamin, op.143 (1915)
・ドイツ歌曲によるフゲット fughette über das deutschlandlied (1916)
歌曲 ・6つの歌 sechs lieder, op.4 (1890-1891) {msp (btn), p}
・5つの歌 fünf lieder, op.8 (1892) {sop (tnr), p}
・5つの歌 fünf lieder 'der macen Franz Schuberts', op.12 (1893) {vo, p}
・5つの二重唱 fünf duette, op.14 (1894) {sop, alto, p}
・10の歌 zehn lieder, op.15 (1894) {msp (btn), p}
・2つの宗教的小品 zwei geistliche gesänge, op.19 (1898) {msp (btn), org}
・4つの歌 vier lieder, op.23 (1898) {vo, p}
・アンア・リッターの6つの詩 sechs gedichte von Anna Ritter, op.31 (1898) {msp (btn), p}
・6つの歌 sechs lieder, op.35 (1899) {msp (btn), p}
・5つの歌 fünf gesänge, op.37 (1899) {msp (btn), p}
・8つの歌 acht lieder, op.43 (1900) {vo, p}
・7つの歌 sieben lieder, op.48 (1900) {msp (btn), p}
・12の歌 zwölf lieder, op.51 'an Hugo Wolf' (1900) {vo, p}
・3つの宗教的な歌 drei geistliche lieder (1900) {msp (btn), org}
・15の歌 15 lieder, op.55 (1900-1901) {vo, p}
・16の歌 16 gesänge, op.62 (1901) {vo, p}
・12の歌 12 lieder, op.66 (1902) {msp (btn), p}
・16の歌 16 gesänge, op.68 (1902) {msp (btn), p}
・17の歌 17 gesänge, op.70 (1902-1903) {sop (tnr), p}
・18の歌 18 gesänge, op.75 (1903) {vo, p}
・仕上げの教示 schlichte weisen, op.76 (1903-1912?) {vo, p}
・60の歌 60 lieder (1903-1912?) {vo, p}
・8つの作品 acht kompositionen, op.79c (1901-1903) {vo, p}
・4つの歌 vier gesänge, op.88 (1905) {msp (btn), p}
・4つの歌 vier lieder, op.97 (1906) {vo, p}
・5つの歌 fünf gesänge, op.98 (1906) {vo, p}
・6つの歌 sechs lieder, op.104 (1907) {vo, p}
・2つの宗教的な歌 zwei geistliche lieder, op.105 (1907) {msp (btn), org (hmn/org)}
・3つの二重唱 drei duette, op.111a (1909) {sop, alto, p}
・希望に an die hoffnung, op.124 (1912) {sop (alto), orch (p)}...
Hölderlin詩
・自由礼讃 hymnus der liebe, op.136 (1914) {btn (alto), orch} ... L.Jacobowski詩
・12の宗教的な歌 12 geistliche lieder, op.137 (1914) {vo, p (hmn /org)}
・新しい5つの子どものための歌 fünf neue kinderlieder, op.142 (1915) {sop (tnr), p}
・祝婚歌【花婿を手なずけるには】 trauungslied 'befiehl dem herrn deine wege' (-) {sop, alto, org}
合唱曲 ・3つの合唱曲 drei chöre, op.6 (1892) {sop, alto, tnr, bass}
・タントゥム・エルゴ・サクラメントゥム tantum ergo sacramentum (1895) {5vo}
・讃歌 hymne an den gesang, op.21 (1898) {m-choir, orch (p)} ...
L.Steiner詩
・グロリアブンテール gloriabuntur in te omnes (1898) {4vo}
・7つの男声合唱曲 sieben männerchöre, op.38 (1899) {m-choir}
・3つの合唱曲 drei chöre, op.39 (1899) {sop, 2alto, tnr, 2bass}
・愉悦のマリア maria himmelsfreud! (1899-1900) {choir} ...
J.P.Heuberger詩
・素朴な典礼風の小品 lecht ausführbare kompositionen zum gottesdienstlichen geburauch, op.61 (1901)
・枝の主日 palmsonntagmorgen (1902) {5vo} ...
E.Geibel詩,安息日の前日のこと。
・価値づけられた歌 gesang der verklärten, op.71 (1903) {2sop, alto, tnr, bass} ...K.Busse詩
・4つの交唱曲 vier cantatas (1903-1905) {2sop, alto, tnr, bass}
・カンタータ【召されよ,召されよ】 auferstanden, auferstanden (1903-1905) {alto, choir, org}
・合唱のための作品 kompositionen, op.79f, 79g (1900) {f-choir (child-choir)} ...実体は14曲および3曲の編曲版
・10つの歌 zehn gesänge, op.83 (1904-1909) {m-vo}
・奉献曲 イ長調 weihegesang (1908) {choir, winds} ...O.Liebmann詩
・詩篇 ハ短調 psalm, op.106 (1908-1909) {choir, orch, org}
・宗教的小品 geistliche gesänge, op110 (1912) {5vo}
・我らの父 vater unser (1909) {4f-vo} ... K.Busseにより補完
・3つの歌 drei gesänge, op.111b (1909) {4f-vo}
・修道女たち die nonnen, op.112 (1909) {choir, orch} ...
M.Boelitz詩
・夜の奉献 die weihe der nacht, op.119 (1911) {m-vo, orch} ...Hebbel詩
・感謝祭のモテット【我らにその者を讃えさせよ】 lasset uns den herren preisen (?-1911) {5vo} ...
J.Rist詩
・ローマの凱旋歌 römischer triumphgesang, op.126 (1912) {m-vo, orch} ...
H.Lingg詩
・8つの宗教的小品 acht geistliche gesänge, op.138 (1914) {4-8vo}
・別れの歌 abschiedslied (1914) {4vo} ...
M.Von Seydewitz詩
・レクイエム requiem: totenfeier, dies irae (1914) {4vo, 4vo, orch} ... 1楽章がソロ4声に合唱4声,2楽章が独唱(何れも管弦楽伴奏)
・2つの歌 zwei gesänge: der einsiedler, requiem (1915) {btn (alto), 5vo, orch} ... 1楽章はEichendorff詩,2楽章Hebbel詩
・20の応唱 20 responsorien (-) ...
1966年に発見された(らしい)
典拠 Krams, P. 1990. Begleittexte: Max Reger. Dabringhaus und Grimm.
(titelbild) Raff, A. 1969. Max Reger: wachet auf, ruft uns die stimme. Max Reger Institut, Bonn.
Wirth, H. 1980. Max Reger. In Sadie ed. New grove dictionary. Oxford Univeristy Press.

 
レーガーを聴く


★★★★
"Sämtliche Orgelwerke Vol.3" (Dabringhaus Und Grimm : MD+G R 3352)
Rosalinde Haas (organ)
以前から気になっていたレーガーは,43才の短命ながらライプツィヒ音楽院教授にもなった独ロマン派最晩年の重鎮。にも拘わらず,日本ではなぜか今ひとつ知名度が上がらず,以前から気にはしておりました。本盤はそんな彼の本分であるオルガン独奏曲を全集化すべく,12もの枚数を費やした連続録音の第三集です。バッハを思わせる堅牢な曲構成が機軸。左手の低奏部をウネウネと不可思議に変化させつつ主旋律に絡めていく,予測困難な転調技法で近代化。短い曲はともかく,5分を超える曲では,あまりに入り組んだ構成のため全体像が著しく見通しにくくなり,何と申しますか,掴み所がない擬古典主義の様相を呈して参ります。良く「木を見て森を見ず」と言うように,巨視的な相貌の側面と,細部の緻密な構成要素とが合わさって,世の中の物事は理解される。これは曲でも同じこと。分かりやすいアピールポイントばかりでは通俗的になり,その逆では主張がぼやけて煮え切らなくなってしまう。この二分法で行くと「絶対音楽」を標榜した彼の楽曲は典型的な後者偏重。どの部分を捉えても波形的には理詰めなんだけど,全体としての主張よりも枝葉末節の注釈を重視しているせいか,ひたすらクドく不明快に曲が進行する。このため難解な専門書の如く掴み所が希薄になり,「要するに何が言いたいんですか」と,もどかしくなってくる。入り組んだ転調によって,掴み所のない堅牢さが一層誇張され,曲のポピュラリティはますます希薄になる。かなりの難物です。ただ,大意の掴みづらさは演奏にも起因するのかも知れません。オルガンを弾くハース女史はローマでフェルナンド・ゲルマーニに師事し,1956年にフランクフルト中央教会の正オルガニストに就任。デュッセルドルフのシューマン・アカデミーで教鞭を執っていた人物。レーガーが書き残した注釈に依拠して演奏しているそうで,フーガではそうした学級肌の演奏哲学がプラスに働き,やや曲の見通しが利きました。ただ,もう少しすっきり音を区切り,見通しよくして欲しかった。全体に歯切れが悪いため音が濁ってしまい,上述した曲の相貌がいっそう見通しにくくなってます。

★★★★
"Sämtliche Orgelwerke Vol.5" (Dabringhaus Und Grimm : MD+G R 3354)
Rosalinde Haas (organ)
既に第三集を耳にしてかなり後悔した,ロザリンド・ハース女史の演奏によるレーガーのオルガン作品全集。本盤は12枚からなる全集の第5集として,1990年に刊行されたものです。器楽曲を聴くとその作風は驚くほど擬古典的で,「最後の後期ロマン派」などという枕詞も頷ける彼。にもかかわらず,どういうわけかオルガン曲になると,その転調技法と擬古典趣味が妙な具合に絡まん棒。そこへ掴みに乏しい旋律線と,もともとオドロオドロしいオルガンの音色が乗るもんですから,保守的な作家の筈なのに,ラングレよりも前衛風な耳当たりになってしまいます。今ひとつ個々の要素が噛み合わない前衛の疑似餌みたいな楽曲を「オオッ,保守派の技法で前衛とは先見の明があるうぅぅ」と無理矢理快哉を叫ぶか「くっクドイ・・」と聴くかで,評価も大きく分かれるでしょう。巻が改まったからといって,彼の書法に変化など在ろう筈もなく,案の定この第5巻も,作風は保守的な前衛作家みたいです。左手の低奏部をウネウネと不可思議に変化させつつ主旋律に絡め,予測困難に転調。バッハ風の保守的な曲形式を徹底的に換骨奪胎していく。殻は無事なんだけど,中の白身と黄身はすっかり潰れてグサグサになった生卵のような曲とでもいうのでしょうか。圧倒的な多作の割に,今ひとつ立ち位置が定まらないその作風が,こんにちのパッとしない評価にも繋がっているんでしょうねえ。その意味でも,本盤で得した気がしたのは,むしろブックレット。レーガー協会の肝煎りで,自身もオルガニストであるペーター・クラムスの書いた分厚いブックレットは,さすが個々の作品まで丁寧にコメントが書かれており,資料的価値もそれなりにある。質実剛健なドイツ人らしい解説書を読むために買ったのです・・と無理矢理納得しつつ,多分もうこれ以上彼のオルガン曲には付き合わないと思います(爆)。

★★★☆
"Serenades in D / Suite No.1-No.3 / Serenade in G" (ASV : CD DCA 875)
Anna Noakes (fl) Barry Wilde (vln) George Robertson (vla)
オルガン曲集はラングレ風の狂気が織り込まれたロマン派音楽みたいで,今ひとつ馴染めなかったレーガーさん。室内楽ではどうかと思っていたところに,折良く手許へやってきた本盤は,ダマーズの室内楽作品集でも名前をお見かけしたアンナ・ノークスさん参加の室内楽選。二弦を加えた2つの『セレナーデ』と,ヴィオラ独奏のための組曲を三品収録しています。本盤を聴いてこの御仁の美意識も,かなりはっきりと掴めてきました。彼は標題音楽を嫌い,どの曲にも素っ気ない題しか付けなかったそうですけど,本盤を聴いた印象もエピソードそのまんま。転調感覚がずっと自由になっている以外は,模範的といっていいほどに風合いはバロック音楽。典雅な宮廷風情を留めつつ,バッハのフーガを思わせる幾何的なリフ主題が,かっちりと編まれた律動に乗って延々と続くその書法は,さしずめ練習曲を聴いているかのよう。玄人受けする堅実さを備えているいっぽう,どこを切り取っても金太郎飴のように表情を変えることなく,校長先生の如く素っ気ない。オルガン作品とはだいぶ風合いが違うものの,「アピールやインパクトで色目を使わない,堅物係長」のような音楽という点では見事に一貫していると,変なところに感心しきりです。演奏は決して悪くはないものの,正直あまり冴えません。フルートの音色は妙に掠れてしまい,ダマーズ作品集の印象とは随分違ったものになってますし,香港管のコンサートマスターでもあるヴァイオリンはキコキコ系。出ずっぱりのヴィオラは,重音を多彩に織り交ぜた速いパッセージや派手な跳躍では音程に乱れを生じてしまうなど,垢抜けないところが散見される。唯一好ましく聴いたのは,掉尾のセレナーデくらいですか。彼の場合は,無味乾燥然としたリフが偶然にも教条を超えた魅力的な主題を形作ったとき,かっちりとまとまった擬古典音楽として光を放つのでしょう。保守派サロン音楽の筆致に酷似し,ペサールやバルト,ピエルネ初期の風情がお好きな方なら,秘曲として愉しんで頂けようと思います。

(2006. 5. 10)