二酸化窒素の環境基準

物質

環境上の条件(設定年月日等)

二酸化いおう  (SO2)

時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。(48. 5.16告示)

一酸化炭素  (CO)

1時間値の1日平均値が10ppm 以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm 以下であること。(48.5.8告示)

浮遊粒子状物質 (SPM)

1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。(48. 5.8告示)

二酸化窒素 (NO2)

1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。(53. 7.11告示)

光化学オキシダント

 (OX)

1時間値が0.06ppm以下であること 。(48.5.8告示)

<解説>

 二酸化窒素に係わる環境基準は、人の健康を保護するうえで維持されことが望ましい水準を示すものと判断し、短期曝露については1時間曝露として0.1〜0.2ppm、長期曝露については、種々の汚染物質を含む大気汚染の条件下において二酸化窒素を大気汚染の指標とし、年平均値として、0.02〜0.03ppmを指針として定められている。1日平均値で定められた環境基準0.04〜0.06ppmは年平均値の0.02〜0.03ppmにおおむね相当するものであるとともに、この環境基準を維持すれば、1時間値 0.1〜 0.2ppmも高い確率で確保することができる。

 二酸化窒素の環境基準による大気汚染の評価については、年間における二酸化窒素の1日の平均のうち、低い方から98%に相当するもの(1日平均の年間98%値)が0.06ppm以下の場合は環境基準が達成され、0.06ppmを超える場合は達成されていないものとする。

 環境基準が、0.04〜0.06ppmとゾーンで示されているのは、

 1日平均値(1日平均値の年間98%値)が0.06ppmを超える地域にあっては、当該地域のすべてに測定局において0,06ppmが達成されるよう努めるものである。

 また、0.04ppmから0.06ppmまでのゾーンにある地域にあっては、原則としてこのゾーン内において都市化工業化にあまり変化の見られない場合は現状程度の水準を維持し、都市化工業化の進む場合はこれを大きく上回ることとならない様努めるものとする

 さらに0.04ppm以下の地域にあっては、則として0.04ppmを大きく上回らないよう防止に努める配慮されたい     

(53.7.17環大企262号、環境庁大気保全局長)

(道路環境影響評価の技術手法、第2巻、編集・発行 財団法人 道路環境研究所)


 98%値は、「1年間のうちで濃度が高かった日の濃度レベルを表す」指標のひとつであり、二酸化窒素の年間測定結果が、環境基準に適合したか否かを判定する際に用いられる年間統計です。 (2003年、横浜市環境保全局監視センター)

No.3 高速道路公害埼玉新都心・道路公害等をなくし
 住みよい町をつくる会 更新日2004.8.15