大道芸ワールドカップの
ごみの山

 幸いなるかな、私は大道芸ワールドカップの見物に出かけませんでした。
 多くの市民が集まる静岡市が誇る大イベント!
 実行委員会のごみ分別やデポジットへの挑戦とかご努力していただいている話はたくさん聞いたことがありますが……。私の元に4枚の写真がメールの添付ファイルで送られてきました





主催者の「ごみ分別」の意図は理解できても!
これでは手がつけられないただの「ごみの山」
分別しようにもこれではどこに捨ててよいか?





もし良心的な市民がごみを分別して捨てようとしてもこれじゃどうしてよいかわからないだろう!?



でもよく見てみると



とても分別しよとしているとは思えない!





これを

「市民のモラルの問題」と考えるべきか?

それとも、「お祭りのあり方」と考えるべきか?
この状態はこの日本の縮図です。


<方法1>
「使い捨て」と「市民の利便性」を優先して考えればこれだけ大量のごみが発生する場合、「より広く、多くのごみ集積場と分別」をすればとりあえず解決するかもしれません。

<方法2>
少し、市民の利便性・手軽さを我慢してもらう!
ここでも「ごみ発生抑制」が一番!「お持ち帰りの容器しか使えない」「容器はデポジットで必ず返すように」「繰り返し使える容器しか使えないよ
うに」お祭りのルールを決める


あなたは日頃どちらに賛成していますか?