第4回容器包装リサイクルシステム検討会

日時:平成12年10月5日(木)10:00〜

場所:厚生省分室日比谷セントラルビル生活衛生局第1、2会議室

議事次第

1.開会

2.議事

(1)事業者及び指定法人の役割について

(2)その他

3.閉会

【資料】

 資料1(日本チェーンストア協会 和田氏 説明資料)
PDFファイル ファイルサイズ123KB
<要旨>
☆容器包装リサイクル法を中心とした環境問題への日本チェーンストア協会の取り組み 現状追認的報告。 今後の取り組みとして
1.リサイクルコストの応分の費用負担
2.再生品の利用拡大
3.容器の減量化・省容器化の推進
4.再利用ができるリサイクルルートの確立をメーカーに求める
5.自主的容器回収の推進
6.消費者の声をフィードハバック

 資料2(日本フランチャイズチェーン協会 松本氏 説明資料)
(PDFファイル ファイルサイズ61KB)
<要旨>
☆Sコンビニエンスチェーンの出店状況及び市町村数・廃棄物業者数
1市町村アタリの店舗数 6.9店
1廃棄物業者アタリの回収店舗数 12.8店
回収市町村アタリの廃棄物業者数 0.5業者
1県アタリの平均推奨業者数 20業者
☆S県におけるペットボトルの分別指導状況が全然違うことを説明 ・ペットボトルやプラスチックごみの処理方法が各市町村で大きく異なることをあげ ている

 資料3(宮野委員 説明資料)
PDFファイル ファイルサイズ43KB
●ガラスびんリサイクル促進協議会提供資料
☆容器包装リサイクル法についての意見

 資料4(堀込委員 説明資料)
(PDFファイル ファイルサイズ41KB
●PETボトルリサイクル推進協議会提供資料
☆容器包装リサイクル法についての要望事項
1.ケミカルリサイクルの手法を認めてもらいたい
2.再商品化事業者施設建設時の許認可の廃止
3.
4.再生品需要拡大への支援

 資料5(荒木委員 説明資料)
PDFファイル ファイルサイズ496KB)
●紙製容器包装リサイクル推進協議会提供資料
☆紙製容器包装のリサイクルに現状

 資料6(日向寺委員 説明資料)
(PDFファイル ファイルサイズ109KB
●プラスチック容器包装リサイクル推進協議会提供資料
☆プラスチック製容易包装の広域収集
・廃プラスチックの選別処理を民間が請け負う広域的処理システムの提案
・日本版DSD方式?(意味不明)
・識別マークによる分別

 資料7(岩田委員 説明資料)
PDFファイル ファイルサイズ101KB)
●日本容器包装リサイクル協会提供資料
☆平成12年度における指定法人の事業スキーム

 資料8 第2回容器包装リサイクルシステム検討会議事録
(HTMLファイル ファイルサイズ52kb 抜粋版)
●第2回容器包装リサイクルシステム検討会議事録
8月21日14:00〜15:55
厚生省 日比谷セントラルビル第1会議室


容器包装リサイクルシステム検討会メンバー

荒木 亨 紙製容器包装リサイクル推進協議会事務局長

岩田 功 (財)日本容器包装リサイクル協会専務理事

郡罵 孝 同志社大学経済学部教授

崎田 裕子 環境カウンセラ―

高山 光史 京都市環境局環境企画部地球環境政策課担当課長

槌屋 勝嘉 柏市環境部長

永田 勝也 早稲田大学理工学部教授

日向寺昭夫 プラスチック容器包装リサイクル推進協議会事務局長

平野 明  PETボトルリサイクル推進協議会推進委員会委員

堀込 辰雄 PETボトルリサイクル推進協議会会長

宮野 忠幸 ガラスびんリサイクル促進協議会企画会議委員

寄本 勝美 早稲田大学政治経済学部教授