静岡ゴミ処理の歴史資料館 ホームページに戻る
       **目次**
1962年(昭和37年)資料  
1963年(昭和38年)資料  
1965年(昭和40年)資料
1969年(昭和44年)資料 清掃事業・ゴミ処理・沿革
     々          清掃事業・事務分掌
     々          吉津コンポストたい肥売払い状況
     々          吉津コンポスト施設概要
1970年(昭和45年)資料
戦後静岡市のごみ量の動き
静岡ごみ処理の歴史子供にもわかる絵でみる歴史

「吉津コンポスト研究」
これらの資料をまとめて、吉津コンポストの存立と廃止の理由にせまる研究レポート




<1962年(昭和37年)資料>    最初に戻る
ごみ・燃えがらの処理
 昭和36年度未の特別清掃地域は市周辺の農業地帯を除いた316か町の普通世帯普地約36,000、およびごみを多量に排出する業態1,908か所、この人口は約22万人である。これから排出されたごみは普通トラック7台、小型トラック1台および特装自動車4台(10月以降)使用し、収集人員86人で市内7区と長田区にわけ、年間収集した量は36,507tである。このごみの終末処理は18人をもって行い、焼却したのもの20,504t、埋立したもの13,499t、肥料に利用したもの2,503tである。
 ごみの焼却は、市内東新田の市営ごみ焼却場(日量56t)で、埋立は市内西ヶ谷の湿地帯(市有地)へ、肥料はおもに長田、麻機地区へ運搬処理を行った。
<1963年(昭和38年)資料>    最初に戻る
じんかい(塵芥)の処理

 昭和37年度末の特別清掃地域は、市周辺の農業地域を除いた316町の普通世帯41,000と、ごみを多量に排出する業態1,992か所であり、この人口は23万人とみられている。これから排出されるごみは、年々増加しており、昭和37年に収集したごみは38,647tである。これらのごみは、トラック7台、小型トラック1台、特装自動車11台を使用し、87人で収集している。
 終末処理は、東新田焼却場(日量56t)、昭和37年5月に操業を開始したコンポストプラント(日量最大50t)および西ヶ谷埋立地で行っている。
 昭和37年に焼却したもの17,442t、コンポストとしたもの4,785t、肥料として農村に還元したもの173t、そのほか西ヶ谷で埋立処理を行った。

コンポストプラント
 市内のじんかいの排出量は、1日最高149t、平均130tに達しており、これを焼却埋立により処理してきたが、この処理能力にも限界があり、ことに埋立の適地は年々減少しているので、清潔な終末処理場を建設する必要にせまられた。
 この結果、単にじんかいを焼却するだけでなく、堆肥を生産し、利用することができるならば一石二鳥であるとの観点からコンポストプラント(ダノ式)の建設を計画し、市内吉津(敷地8,687u)に昭和35年度から着工し、1日にじんかい最大50t処理し、たい肥16tを生産する施設が7,699万余円で昭和37年3月31日に完成した。
ゴミとコンポスト
 山積するゴミを清潔に終末処理できるコンポストプラントが完成した。単にゴミを焼くのではなくたい肥を生産し、利用することができる一石二鳥

<1965年(昭和40年)資料>   最初に戻る
清掃施設の現況

1.東新田焼却場は1日56t以上を焼却している。
2.吉津作業所(コンポスト施設)は昭和37年に完成し、ごみを衛生的に処理できる唯一の施設である。1日に最大50tのじんかいを処理し、たい肥16tを生産している。
3.西ヶ谷ごみ埋立地は、ごみ、汚でい等を埋立処分している。
4.し尿消化そうは日量50`gを衛生的に処理し、消化汚でいをコンポストに添加して優良なたい肥を生産している。
5.し尿素堀貯留そうは日量209`gのし尿を投入処理している。
6.公衆便所は市内27ヵ所に配置し、この維持管理にあたっている。
特装車とコンポスト ゴミ処理のスピード化と終末処理は合理化されつつある
  

東新田清掃センター

吉津清掃工場
(50kl/日 し尿処理施設,
   50t/日コンポスト施設)

西ヶ谷清掃センター
<1969年(昭和44年)資料(注:年度推定)>   最初に戻る
1.清掃事業・ごみ処理・沿革

 本市のごみ処理事業は明治33年汚物掃除法の施行によって開始されてのであるが、当時は一部を肥料用にその他は現在の市西部地域の田町6、7丁目の湿地へ埋立て、或いは安倍川原における露天焼却等によって処理していたのである。その後昭和3年1月にいたり市東北に流れる巴川水源である麻機沼(元麻機村現在市域編入)を管理する人達の要請によりこの埋立てを決定、爾来20余年の長きにわたり排出全量を投入し約15,000坪を埋立てたが蝿の大発生や附近農作物汚水禍等の問題が派生したため同地への埋立ては昭和27年3月をもって中止の止むなきにいたった。
 この間15年1月の大火は清掃地域の80%を灰燼(カイジン)に帰し、この復興が漸く緒(ヨウヤクイトグチ)についた昭和20年6月亦々(マタマタ)廃墟と化し、そのため事業施行面においても幾多変遷消長を繰り返したのである。

 ついで昭和27年4月からは市南部小鹿の沼地に(市中心部から約3.5`)4,500坪を埋立てたが激しい社会情勢の進展にともない、衛生的な処理方法として静岡市東新田に焼却場の建設を計画(56t/日)同年11月着工、翌28年8月竣功をまって埋立て処理を廃し、全面的な焼却処理に切替えたがその後急速な人口の増加と産業の発展、市民生活の向上等が反映してごみ排出量は急激に増加し、また埋立処理に依存せざるを得ない状況に到ったので、昭和34、35、36年度事業として、ごみ処理と併せ本市農業振興の一助としてコンポスト(日量50t)施設を建設したのである。

 しかし、近年の高度経済成長にともない、市民から排出されるごみの量は、飛躍的に増大し、多様化してきた。これに対処するために昭和36年度からごみ収集方式を改め、容器による特装車収集方式に切替え能率化がはかられた。一方ごみ処理のため広大な埋立地の確保に努め、西ヶ谷、中ノ郷、敷地、冨厚里、名召等計25,000坪の土地を買収又は借地し、埋立て処分を行ったものである。
 なお、将来のごみ埋立地確保の困難性を考慮し、大型焼却炉の建設計画を樹て、西ヶ谷埋立地に隣接する土地を買収し、昭和41年12月連続燃焼式機械炉(300t/日)建設に着手し、昭和43年5月完成した。

2.事務分掌    最初に戻る

係名 事務分掌
管理係 @清掃事業の総括に関すること
A汚物処理の基本計画に関すること
B清掃施設の整備計画に関すること
C清掃観念の啓発に関すること
D汚物収集処理の委託及び許可に関すること
E汚物取扱手数料の調定及び徴収に関すること
F清掃施設の工事請負契約に関すること
Gその他課内他の係の主管に属しないこと
清掃第一係 @ごみ、汚泥の収集及び処理に関すること
A特殊又は多量の汚物処理の指導に関すること
B汚物の不法投棄の防止に関すること
C大掃除の施行に関すること
Dごみ排出量の認定に関すること
E清掃センターの維持管理に関すること
清掃第二係 @し尿の収集処理の委託及び許可に関すること
Aし尿収集にかかる諸届けに関すること
Bし尿取扱業者に関すること
C財団法人静岡市清掃公社に関すること
吉津清掃工場 @コンポストプラントの運営に関すること
Aし尿消化そうの運営に関すること
B特殊焼却炉の運営に関すること
Cじんかいたい肥の処理に関すること
Dごみ埋立地の管理に関すること
西ヶ谷清掃工場 @焼却炉の運営に関すること
A汚物取扱手数料の調定に及び徴収に関すること
東部処理場 @し尿消化そうの運営に関すること
Aし尿収集処理に関すること
B公衆便所に関すること

3.コンポスト売払状況     最初に戻る

年度 売上 売払い代金 備考
1級 2級 袋詰
38
1,987.3

729.0
20kg 4,489袋
40kg 3,935 

3,502,349
39 2,349.0 1,263.0 20kg 5,462  4,868,250
40 2,281.0 610.0 20kg 7,690  5,118,730
41 2,162.0 686.7 15kg 8,523  5,072,790
42 2,184.5 591.8 15kg 7,131  4,998,690
43 198.0 0 15kg 1,094  426,200


4.施設概要    最初に戻る

名称 吉津清掃工場
じん芥高速たい肥処理施設
場所 静岡市吉津953 敷地 8,672.4u
設計者 東洋コンポスト株式会社 施行者 東洋コンポスト株式会社 工期 昭和35.12.20〜昭和37.3.31
建設費 本工事 千円
66,019
建設財源 市費 千円
17,647
主な施設 じん芥投入室

分離室

ガラス分離機上屋

堆肥舎

事務所件管理人住宅

従業員控え室


コンポストプラント
鉄筋コンクリート造平屋建
67.81u
鉄筋コンクリート造2階建
165.55u
鉄筋造合成樹脂波板葺平屋建
10.89u
鉄筋造スレート葺平屋建
292.56u
ブロック造亜鉛鉄板葺平屋建
92.62u
ブロック造亜鉛鉄板葺平屋建
64.92u

1式
付帯工事 1,493 起債 24,000
敷地造成費 1,758 借入金 20,000
施設費 1,800 国庫補助金 16,175
事務費 1,496 県補助費
(土地買収費) 5,256
77,82277,822
処理方式 デンマーク ダノ式 処理能力 50t/日 従業員 12人
その他 コンポストプラント
@エプロンフィーダー  1式
A第1コンベヤー    1基
B電磁分離機      1基
Cビオスタビライザー  1基
D第2コンベヤー    1基
E振動ふるい機     1基
F第3コンベヤー    1基
Gガラス撰別機
  <1970年(昭和45年)資料>    最初に戻る
概況
 人口増加と文化水準の向上にともない、ごみ・し尿の排出量は年々増加の一途をたどっている。しかも、これら環境衛生面の整備は文化生活を営むうえに不可欠のもので、市は早くから対策を講じてきた。
 ごみ処理に関しては昭和44年3月末現在、市内317か町を特別清掃区域に定めて、焼却場2、および埋立地1、による終末処理をル−ト化している。また、し尿処理は、一般家庭分は清掃公社ほか7つの業者がおこなっており、終末処理場2をもつ。
ごみの処理
 ごみは市内を8作業区にわけ、特装車46台と152人の清掃作業員で収集している。 昭和43年度における収集世帯は、9万50世帯で、収集量は年間8万1,480t、前年度に比べて10%増加した。これらのごみは、東新田焼却場で1万3,167t、西ケ谷清掃工場で4万3,340t、名召(麻機)埋立地で2万4,973t、それぞれ終末処理した。
 ◇西ケ谷清掃工場
 市内で出るごみの量は1日290tと推定され、既設の東新田焼却場(56t)だけでは完全処理ができなくなった。そこで、従来ごみ捨て場として利用していた西ケ谷埋立地へ、大焼却場を建設することになり、41年度から工事をはじめた。総工費3億4,6114万円、鉄筋コンクリ−ト造り延べ1,782u1日処理能カは300t。ようやく43年3月完成、「西ケ谷清掃工場」と名づけて、5月27日から1日24時間の本格運転をはじめた。この清掃工場の完成によって、ごみの処理は大幅に上昇した。
 ◇特別焼却炉
 ケミカルサンダルくずやビニールくずは、本市の産業構造が起因して非常に多く1日8tが発生すると推定されている。この種のごみは、焼却時に高熱を発するため普通焼却場では処理できず、このため特殊焼却炉を吉津清掃工場の敷地内に建設することになった。1日処理能力は20t、総工費5,180万円、43年4月18日から工事がおこなわれ44年3月に完成し。ただちに運転が開始された。 ●し尿の処理  ◇汲み取り  し尿の収集は一般家庭およぴ事業所などを静岡市清掃公社ほか7つの業者にゆだね公共施設(学校、公園)は43年11月から財団法人静岡市清掃公社に汲み取りを委託している。 43年度における収集量は年間11万9,529`gであった。この終末処理は、東部処理場で9万2,923`g、吉津清掃工場で2万840`g、下川原し尿貯溜槽で4,840`g、農家還元925`gとなっている。
戦後の静岡市ゴミ量の動き(単位t他)   最初に戻る
(注1:静岡市統計資料より、清掃管理課集計値と食い違いあり最終処分場処理量の扱いの違い)
(注2:75年以降計量機による算定が始まったので数量が大き変わっている)
総量=収集分+搬入=焼却+埋立+再生利用等
搬入=直接清掃工場への持込ごみ 主に事業所ゴミ
収集分=市の清掃車で回収するごみ 主に家庭ゴミ
総量 収集分 搬入 焼却+埋立 焼却 埋立 肥料
49年 12,084
50年 15,267
51年 17,994 肥料売却代金(単位不明)
52年 14,824 12,051 0 12,051 2,773 81,307
53年 17,983 16,039 5,592 10,447 1,924 70,840
54年 19,397 18,070 15,494 2,576 1,328 44,464
55年 20,296 19,180 18,174 1,006 1,116
56年 24,286 22,327 21,226 1,101 1,958
57年 24,999 21,867 16,944 4,923 3,132
58年 28,950 24,631 16,648 7,983 4,320
59年 31,312 28,009 9,732 18,277 3,302
60年 34,027 31,531 16,817 14,714 2,496
61年 36,507 34,004 20,505 13,499 2,503 コンポスト
62年 38,647 31,781 17,443 14,338 2,080 4,786
63年 44,940 31,075 19,122 11,953 2,652 11,213
64年 53,652 40,468 17,343 23,125 1,414 11,770
65年 65,476 49,768 13,962 35,806 15,708
66年 69,405 57,065 15,787 41,278 12,340
67年 73,740 62,193 14,311 47,882 11,547
68年 81,481 81,521 56,549 24,972
69年 102,703 102,703 57,638 45,065
70年 115,488 100,572 14,916 115,488 75,284 40,204
71年 134,116 117,159 16,957 134,116 84,054 50,062
72年 140,453 121,361 19,092 140,453 70,546 69,907
73年 142,500 126,374 16,126 142,500 69,600 72,900
74年 175,255 132,903 42,352 174,485 94,212 80,273 再生利用
75年 105,143 91,302 13,841 103,738 93,565 10,173 1,405
76年 109,269 96,837 12,432 107,547 97,997 9,550 1,722
77年 117,877 101,770 16,107 115,935 102,631 13,304 1,942
78年 127,023 106,619 20,404 123,989 106,207 17,782 3,034
79年 129,479 110,404 19,075 126,374 112,743 13,631 3,105
80年 140,850 109,937 30,913 139,091 110,834 28,257 1,759
81年 145,698 110,991 34,707 144,142 109,975 34,167 1,556
82年 133,197 115,720 17,477 130,487 116,484 14,003 2,710
83年 134,689 117,462 17,227 131,498 119,321 12,177 3,191
84年 139,209 120,085 19,124 136,077 123,148 12,929 3,132
85年 138,911 117,156 21,755 136,273 122,112 14,161 2,638
86年 156,297 126,825 29,472 153,488 140,044 13,444 2,809
87年 166,555 136,002 30,553 163,100 150,316 12,784 3,455
88年 178,386 143,033 35,353 174,524 160,123 14,401 3,862
89年 191,306 147,900 43,406 188,098 173,678 14,420 3,208
90年 188,538 143,101 45,437 185,457 173,034 12,423 3,081
91年 192,366 142,878 49,488 189,220 177,728 11,492 3,146
92年 190,340 138,136 52,204 187,180 175,785 11,395 3,160
93年 198,602 147,826 50,776 182,637 173,197 9,440 15,965
94年 199,285 149,139 50,146 183,080 174,245 8,835 16,205
95年 204,212 150,398 53,814 188,389 179,913 8,476 15,823
96年 216,980 154,882 62,098 202,269 191,513 10,756 14,711