平泉を世界遺産にする会
平泉景観問題
を考えるホームページ

平泉にとって本当に必要なのは高館ですか?それともコンクリートのバイパスですか?
何をもて世界遺産と云うべきや清衡公の祈 りも知らず

☆ご意見掲示板★
平泉の文化的価値を考える


2011年平泉の世界遺産入りはどうなる!?        新推薦書を読む
 
「エルベ渓谷」の世界遺産登録抹消と平泉

はじめに

今から2年前の2008年7月、平泉がユネスコ世界遺産登録を果たせず、「平泉ショック」という言葉が、新聞に掲載されたことは記憶に新しい。何しろそれまで日本が推薦した案件が、登録から洩れたことが一度もなかった。ユネスコ世界遺産条約の優等生だった日本はいったいどこへ行ってしまったのか。

ユネスコ世界遺産に登録されている遺産の数が、2009年現在890件を数え、ユネスコ自身が、遺産登録を抑える傾向にあるのではないかと言われている。言うならば、登録のハードルは年々高くなってきているということになる。ところで、平泉ショックの前年の2007年、日本は石見銀山の登録に際し、世界遺産委員会で大変な苦戦を強いられた。それはユネスコに、各国の推薦案件を審査するNGO「イコモス」(国際記念物・遺跡会議)が、石見銀山の登録について、ユネスコ世界遺産委員会に「登録延期」の勧告をしたことから始まった。イコモスは、石見銀山の遺産について、日本が作成した推薦書に説明した世界遺産登録の評価基準(ⅱ)、(ⅲ)、(ⅴ)をいずれも証明不十分として「登録延期」を勧告した。

これに対して、日本は猛烈な反論を展開した。「環境」というコンセプトを用い、「自然との共生」を掲げて、21各国で構成されるユネスコ世界遺産委員会のメンバー国に対し、猛烈なアプローチを転換した。この結果、石見銀山は、大逆転で登録に漕ぎ着けたのであった。これがイコモスの誇りを傷付けたことは想像に難くない。平泉の登録が、この石見銀山の登録の翌年に行われたことは、ひとつの不幸であったかもしれない。

本稿では、09年6月、スペインのセビリアで開催された第33回ユネスコ世界遺産委員会の概要を押さえた上で、10年1月18日、政府より、正式に発表された平泉の世界遺産登録に向けた新推薦書(11年バーレーンで開催される第35回ユネスコ世界遺産委員会で検討される)について検討を加え、最後に平泉の世界遺産登録の可能性について考えてみたい。

本文をを読む
 

 
 昨年7月平泉の世界遺産入りが、ユネスコ世界遺産委員会で「登録延期」が決定してからというもの、日本の世界遺産運動は、大混乱を来している。

 その最大の原因は、ユネスコに提出した登録のための推薦書が、正確に平泉の構成資産を説明しきれなかったことにあった。

 以来、文化庁は、ユネスコの批判を汲んで、「浄土思想」で括れない構成資産4つを外しした上で、登録のための基本コンセプトを「浄土思想」から「浄土世界」に代えて、推薦書を書き直し、晴れて2011年の登録を目指す構えだ。

 しかし問題は、この「浄土」という概念にこそある。つまり「浄土」という概念で納まりきれない都市平泉の全体構造を「浄土」で再度説明しても、平泉の遺産の価値の証明をしたことにはならないのだ。

 本書は、初代藤原清衡が起草したと言われる中尊寺供養願文を精読しながら、どのように構想で造営された都市なのかを明らかにする。また願文に盛られている恒久平和の考え方について、ユネスコ憲章との類似性を検討する。

 本書は平泉ショックによって、身動きの取れなくなった日本の世界遺産運動に、新たな方向性を見出すための市民サイドからの提案である。(佐藤弘弥記)
〔別冊〕 私たちの世界遺産
ユネスコ憲章と平泉・中尊寺供養願文

 <目 次>
○序文「願文」は清衡が書いた平和宣言
○泰衡の無血開城と無防備都市・平泉
○〔対照表〕ユネスコ憲章・前文/
中尊寺供養願文(朗読のための口語訳)
五十嵐敬喜(法政大学法学部教授)
佐藤弘弥(平泉研究家) 共著
公人の友社
定価(本体1,200円+税)
2009年7月13日発行
○〔鼎談〕「願文」の価値と平泉・世界遺産
  1 中尊寺供養願文を読む
  2 平泉の世界遺産登録の条件を探る
  3 平泉都市論
○平泉・中尊寺・清衡年表
○中尊寺落慶供養願文〔原文〕〔現代語訳〕
○寺塔已下注文〔原文〕〔現代語訳〕
○【資料・平和関係条約】ジュネーブ条約/ハーグ条約/平和関連条約・年表
注文は「公人の友社」のホームページ
あるいはアマゾンのホームページから
一般書店でも扱っています。


2011年・平泉は世界遺産登録が叶うか?!
日本の世界遺産運動・平泉ショックからの再出発
NEW平泉の環境悪化の象徴 しだれ桜伐採
しだれ桜枯死の意味を問う
平泉バイパスと登録延期の因果関係
平泉の世界遺産入りはどうなる?!
平泉世界遺産入りに赤信号!?
本 寺の田植え風景と農村景観の価値

松尾芭蕉は平泉で何を発見したかのか?


特別資料掲載
中尊寺供養願文現代語訳
平安朝仏教史上に於け る中尊寺の地位
平 泉「寺塔已下注文」
井上靖の「平泉紀行」を読む
06年6月28日 平泉 近景・高館夜景・衣川三景など
05年4月24日 しだれ桜咲かず
12月31 日レポート 寒さに耐え春待つ桜
11月22日レポート しだれ桜菰巻きで越年
9月19日レポート しだれ桜蘇生祈願祭
2004年初秋 しだれ桜通信 5.5
9月1日レポート しだれ桜にEM剤散布
写真レポート 枯死させるな・しだれ桜!
緊急アピール平泉の歴史的景観としだれ桜
「紀伊山地の霊場 と参詣道」世界遺産決定と平泉

 景観ニュース  資 料写真集  掲示板  過去ログ 平泉エッセイ   新 景観探訪 

資 料写真20 (.柳の御所)資 料写真21 (.高館)資 料写真22 (衣川へ)資 料写真集23(衣川)
資 料写真24(温泉分譲地)資 料写真25(柳の御所・高館)資 料写真26(衣川河口付近)写 真集27
資 料写真28(東物見)

2004 五十嵐敬喜法大教授インタビュー

「平泉」に平和の思想を視る

カウンターNO
今日の歌 夢跡にバイ パス通す美意識にイコモス「ノー」と告げしと感ず
 
★インデックス★
はじめに
平泉景観ニュース
掲示板バックナ ンバー
参考文献リスト
北上川周辺 開発年表
高館景観問題資 料集
短歌「高舘の歌」
資料集(文献)
奥州デジタル文庫
古都平泉 の新景観探訪
資 料集(写真)
            
リンク集★
義経伝説
くりこま荘
問題考察のリンク集
岩手日日新聞
岩手日報
河北新聞
平泉町HP
岩手県HP
Yahoo
infoseek
Excite
サイト更新情報
★高館への思い★
芭蕉さんが愛した高館
義心によっ て
短歌「高舘の歌」
★掲示板など★
景観問題掲示板
(ご意見をどう ぞ)
署名のご協力を
(ご署名くださ い)
 
Copyright (c)
平泉を世界遺産にする会
2000.10 All rights reserved.
Since2000.10.28- 2010.1.22
このサイトに関する問い合 わせは下記までメールください。
success@st.rim.or.jp
★奥州の多摩川と化すのか北上川★
高館からの全景
(2001年4月28日撮影)

今や高館から見る景色は、 「兵どもの夢の跡」などではない。驚くほど変わってしまった。コンクリートの高速道路が出来つつあり、平泉の一の景勝地が多摩川と化しつつある。本当にこ れでいいのか?高館危うし!
 

 何をもて世界遺産と云うべきや清衡の祈りも知らで



柳の御所跡から高館を望む
(09年7月25日 佐藤弘弥撮影)
高館上空の黒雲の告げること・・・。


梅雨明けが遅くなっている平泉に行く。柳の御所跡から、北に高館を望めば、これまで、発掘のために、長い間、潤いのなかった大地に芝生が敷かれていて、少しこざっぱりした雰囲気がした。それでも、発掘の跡がむき出しになっているよりは良いという程度だ。田んぼも民家もなくなり、砂を噛むような味気のなさに変化はな い。

高館の上空には、雨雲が重く垂れ込めていて、それがこの里山と感応しているように感じられた。少しして、突然雷鳴が聞こえ、激しく雨が降ってきた。

周知のように、柳の御所跡は、奥州平泉の国会議事堂に当たる建物「平泉館」があったところで、江戸時代に芭蕉が「奥の細道」の旅で、やってきた時には、田畑が拡がっていた。

芭蕉は、高館山に登り、周囲を見渡し、栄華の跡に、ただ夏草が一面生い茂っている景色を見て、「夏草や兵どもが夢の跡」と詠んだのである。

今この地を平泉バイパスが横切り、騒音が充満し、北上川の河道は、東に移動してしまった。

平泉の世界遺産のコアゾーンとしては、明らかに相応しくない場所となり、登録から、この地を外す動きもあると聞く。残念ながら、それも仕方のないことだ。

この黒雲が垂れ込めた景色が象徴しているものは、何か。天が私たちに何を告げようとしているのだろうか。

平泉を世界 遺産にする会
代表世話人  佐藤弘弥

 




1 1 1 1 1 1