Chemical Safety Slogans

            環境標語 化学物質編
          化学安全標語
NEW
 
     募集中 (名前等を表示するかどうか、ご希望に応じます。)

趣旨と願い

交通安全標語には、重みある標語も多く、その都度、気を
引き締め、対人、対物の問題も起こさず、生きて来られました。
実際に苦しんだ人達の、血と涙の教訓があったればこそです。

交通標語無用論もありますが、交通安全は自分だけがいくら
気をつけていてもダメなので、子供から老人まで、歩行者も
運転者も、
皆で自分の事として受けとめ、事故を減らすための
工夫をし合う、その取り組み姿勢が、まず大切
だと思います。
決して他人事として見ないことが、車社会での基本姿勢です。

車社会では、ベテランドライバーも初心に帰ることが安全の基本

ですが、化学社会では、初心に帰る慎重さを見下しベテランづら
することが知識人の如き軽佻浮薄な風潮が見られます。
それで通用するほど、現実は甘いとでも言うのでしょうか?

突然思いがけない事故に遭遇する車社会ですが、それ以上に、
未知のことが多い化学社会です。車社会の基本がしっかりと
活かされ、成功と失敗の教訓を継承することが、差し迫った
現実への取り組みになるのではないでしょうか?

ここに、早急の汚染対策を願って、
化学標語をご紹介します。



予防こそ 全てにまさる 危機管理

汚したら 汚しただけ 名も汚れ


毒も 積もれば 山となる

一毒を笑う者は 一毒に泣く

残したい きれいな空気 清い水 せめてもの願い

悪臭は煙々 改善は延々 身体は鉛々 幸福は遠々 日本汚染列島


黄金の国ジパングを 黄泉(よみ)の国ジパングに
しない決意で 危機管理

怖いのは 調べたつもりと 調べたはず

こんな保健所 誰だって 放っとけんじょ!

危険日です 保健所は 今日も 見ていない

気をつけて 雨の日 夕暮れ 夜間帯

浮き世のバカは 夜 よごす

ちょっと待て 子供も それを嗅いでいる


暴煙族 取締り強化月間 必要だ!

暴煙族 放っとく 日本は 公害大国

汚すなら ここに住んでよ 社長さん!
汚すなら 住ませてみよう 社長さん!
汚すなら 住むまで待とう 社長さん!
汚すなら 住ませてしまえ 社長さん!
だって 安全なんでしょう 社長さん!
あなた 汚す人 私 汚される人 困ります!

煙の ストーカー お断り!


男は きっぱり 汚さない!

危機管理 遅め遅めで 高くつく

無視するな 汚れた空気 子の死角

汚すなよ 子孫もそこで 生きて行く

家族まで 地獄に落とす 汚染源

汚すなよ 子孫受け継ぐ ダイオキシン モロモロ

バトンタッチ したくない もらいたくない 化学毒

少しなら 良いよ 良いよで どっぷりと

良いはず 出ないはずでは 汚すはず

暴煙を するな させるな 放っとくな


ルール虫 あなたの心に いませんか?

ちょっとだけ ちょっとだけよで 毒まみれ

狭い日本 そんなに汚して どこへ行く 
「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」 は、若者の交通死亡事故を現場検証した後に書かれた
作者は高地県土佐市の警察官。1973年(昭和48年)総理大臣賞受賞作。

ねえ うさぎと亀って うさぎが負けたのよね

汚したら あなたの責任 最後まで

お父さん イジメしないで帰ってきて! それが一番のおみやげ

それで 通用しません 汚染と 思い上がり

男は 黙って  汚さない

気をつけよう 甘い言葉と 大丈夫!

その甘さ 地獄に導く 思いこみ

地獄門 遠くに見えても すぐ近く

利益は一時 汚名は末代まで

投げ捨てる あなたの煙は 知っている

空汚す奴 そら見てろ!

汚し屋さん 一寸先は 闇なのよ

気をつけよう 一息一息 病気のもと

ちょっとだけ ちょっとだけよが 命取り


俺が危ないっ!
 (ある和尚の交通標語)

聞いて安全 嗅いで地獄

DDT 30年経っても 消えてない


子孫のために 汚田を残さず

ゴホン ゴホン いつまで続く 毒ケムリ

ケムシより 何とかしてよ 毒ケムリ

ケムシより ひどいじゃないか 毒ケムリ

安全は 一人一人が 最高責任者
注意する 勇気が守りの 用心棒

ちょっと待て! 命は リセットできないよ

死に神は どこから入るか わからない

はい注意 止まる勇気が 身を守る

油断するな 青信号!

青信号 油断大敵 環境課

青信号 いつも油断の ほっとけんじょ


青信号 太鼓判押すなよ ほっとけんじょ

青信号 安全です では 唖然です

説得は 「安全です」 ではありません 「点検」です


慣れた仕事に危険がひそむ
初心一貫 見直し 確認 !

すべての汚染は 老増に通ず


もう一度 初心に戻ろう 天狗操業

ねえ父さん そこは汚しても いいところ?

鼻息の 荒さ そのまま 煙吐く 天狗企業 鬼すがた


その汚染 やめない会社は 汚名待ち


もう やめようね 自分がされて いやなこと

昔より 臭くなったよ 社長さん!

おじさん! 工場じゃなくて 故障じゃない? クサすぎだよ!

安全は 早めの気付き 早めのブレーキ

公害 ストップ! 命びろい

なぜ汚す? ゆっくりまったり 北海道

ねぇ 化学って 人を化かすことって 習ったの?

窓しめていても 入ってきて 健康盗んでいくの な〜に?
それって 泥棒や 強盗と どこが違うの?


法の網 くぐる暴煙 取締れ!

もうやめて! 悲鳴無視した 汚染源

最優先 公害の 根っこ枯らす 除草剤

お母さん あのくさい工場 いつも 便秘してるの?ビョーキ?
ねえ 坊や。 食べ過ぎて いつも 下痢しているのよ。
垂れ流しだから お尻ペンペンして おむつが要るの。


物いへば 唇寒し 役人かぜ

ひどいはず ヘビースモーカーが 環境課長

公害は 誰の責任?
放任 見逃し常習犯

青信号 太鼓判押すから 事故増大
罪作り 自覚無いのが 放っとけん所


死角さえ 放っとく あなたの 放っとかれ 人生

明日ありと 思う心の あだ桜 夜半にフライデー されぬものかは

幸せは 歩いて来ない 汚染は 飛んで来て 絡みつく

汚染 千里を走る


化学 使っても 毒 食うな

ルール無視虫 農薬で何とかならないの?

オセンムシ 殺す農薬 先じゃない?

雑草より 雑念 除いて お願いね

一煙を笑う者は 一煙に泣く

いのちには 千の議論 万の事後処理より 即の予防措置

間に合わない 学者の議論 傍観者

無駄死には したくないぞ! 長議論

薬漬け 薬依存は 医師自身

化学漬け 開かれた汚染 身にしみる
  

野放図の ケミカル 子供に 済まないぞ

給食より 清い空気 最優先

環境は 清い空気 身の回りから

学校を 汚すな 有害揮発物

学校を 満たすな 有害揮発物

開かれた 学校 困るよ 毒までも

学校は 我苦香 じゃないよ 学校だよ

節分は 福は〜内 鬼は〜外 けじめあり  
今式は 福は〜内 鬼も〜内 耐えがたし

広めよう 汚染をなくす 社会の輪

公害は 未然に防ごう 危険予知

公害は 慣れ合い 過信 過剰から

命より 大切ですか そんなに 汚染して

暴煙族 ふかしまくりの 黄泉の国 

暴煙族 ふかしまくりの 闇の中

日出づる国 甘い危機管理で 悲出づる国

日出づる国 毒にまみれて 悲出づる国

日出づる国 ザル法 野放し 悲出づる国

猛煙に注意! 放し飼い

化学臭 家宅侵入 お断り! 

野犬狩り するなら してよ 夜煙狩り

我が祖国 「夜魔徒」の国じゃないよ 大和だよ

複合汚染 軽く見るのが 傲慢汚染

きよめたまえ やらねばならぬ 毒抜きを


きよめたまえ 皆の願い 毒払い

きよめたまえ そこが原点 国造り

新年の計は 癌反(がんたん)にあり 発ガン物質 減らしましょう

地震 雷 火事 汚染

蓬莱の国 危険を見くびり 崩来の国

蓬莱の国 毒にオープン 崩来の国

かぜ薬 良いよ 良いよで 6000錠

民族を 殺すにゃ 刃物は要らぬ
学説で 毒に 油断させりゃ良い

国民を 殺すにゃ 刃物は要らぬ
役人が 汚染 ザル法守りゃ良い

油断させ 沢山与え 弱らせる 思うつぼと 悪魔笑う
日本を するな 絶滅収容所

油断させ 沢山与え 狂わせる 思うつぼと 悪魔笑う
日本を するな 人体実験所

払いたまえ 驕(おご)るこころ けがれのもと

油断大敵 微(び)の用心

微(び)も積もれば ビビリ まくる

複合汚染 軽く見るのが 増幅傲慢 汚染

守りたまえ いのち けがして 何になる?

守りたまえ 国土 けがして どこへ行く?

人を殺しても怖くない 毒を盛っても不安ない
積極思考は 紙一重

気にしない犬は 番犬 役立たず

麻薬Gメン居て 汚染Gメン 居ない国 
今日も悲鳴 絶ゆることなし

慢心で 満身創痍 国家まで

経済のバブル 序の口 何のその
健康のバブル 備えよ 法規制

飛んで火に入る 汚染無視

微々たるものさ が ビビる元

イギリス人の家は その城である
日本人の家は その守るすべもない

嘘つきは 泥棒の始まり
汚染は 虐殺の始まり

女心と 秋の空
社長心と 工場の空


鬼のいぬ間に汚染 蔓延中

汚染は 万病の元!

金が 物を言う それ以上に 毒が 物を言う

毒は 天下の 回りもの


健全なる経済は 健全なる理念に 宿る

汚染は長し 人生は短し

汚染が通れば 健康が引っ込む

忘れるな 悪臭苦情の軽視こそ サリン事件の共犯者

役人の 悪習が 悪臭を軽んじ
悪衆の 犯罪を 幇助する

予兆を軽視して 決して防げぬ 大惨事

ベネフィットに 目がくらみ リスク負わせる 極悪人

あなた ベネフィットを 選ぶ人
私 リスクを 強いられる人

鋭敏な 鼻は鼻でも
表彰される捜査犬
嘲笑される人間
レーダー無き 化学戦争
敗北への道

会社の悪習が 悪臭を生み 悪醜を曝す

学校の悪習が 悪臭を甘く見て オープンの悲劇呼ぶ

化学毒 
「許容リスク範囲」と言われて 見捨てられ
「拒絶リスク範囲」と言っても 無視される
侵されて 拒む自由なし 汚染天国

汚染天国 一度は おいで
夜の夜中でも 毒が 咲く

雨降って 地 固まる
毒降って 体 固まる

許容リスク 拒容リスクは 紙一重

今日の許容リスクは 明日の拒絶リスク

異臭に甘い国 工作員に隙与え  国民に害与える サリン事件

足元の 化学戦争 忘れ果て 口角泡の 議員達


化学戦 学者容認 公認戦

あちこちで 化学戦争 勃発中

手強いぞ 化学戦争 侵略戦

体内に 侵略されて はい王手!

化学戦 本土決戦 していいの?


サムライの国 甘い危機管理で おー さむ来の国

ちまたでは 一刻を争う 化学戦争 続行中
国会では 生死に関わらぬ 議論 続行中
このギャップ 保守も野党も 同レベル

しろがねも くがねも 玉も 何せむに
まされる宝 子にしかめやも
          山上憶良

異常児も アレルギーも 喘息も 何せむに
まされる宝 虎の子にしかめやも
           山下欲良

奇形児も 学習障害も 不妊症も 何せむに
まされる宝 ベネフィットにしかめやも
           崖下利良

毒に交われば どさくさになる

国の原動力も 限毒力しだい

元気でも 毒が入って お気の毒

あまい 武器社会 狂気呼ぶ
みえぬ 武器社会 化学毒

臭気満ち 襲気に始まり 愁気になって 終気となる 汚染社会

寛大な国 臭気まみれで ご愁傷さま

万事に勇敢なるも 害毒に臆病たれ

独立国家は 毒を律する克禍なり

公害は 公務員と 工場の 相乗効果 延々と

怯えさす 過激派 暴れまくる手口より
安心させ 化学毒 暴れまくる手口 抜本的

恐怖のテロリストより 安心の化学毒 普及版

毒心あれば 欲心あり

けがれは 気枯れ に通ず
汚染は 汚泉 に通ず
毒は 怒苦 に通ず
ハイウエイ

無駄の効用 知ってこそできる 危機管理

無駄を廃し 備えも廃すな 危機管理 

ドラッグには 水際の防衛作戦 実施中
ケミカルには 体内の本土決戦 進行中

水からゆだる カエルかな アセトアミノフェン 6000錠

遺伝子も 精子も 玉も 何せむに
まされる宝 ベネフィットに しかめやも
            崖下利良

虫退治より 退治してよ 無視だらけ

国として 排他的経済水域 守るなら
民として 排毒的健康空域 守りたい


国連海洋法 守るなら 国連人権宣言 守るべき

ポイズンに ポイされて ズンと身に沁む 命かな

ポイズンを 見くびる甘さ ポイしよう

におい無き 毒ガスあれど においあってさえ 軽んじられ


毒を追っても 毒に追われるな

現代の 独裁者は 毒災者として 現れる

毒々しさの バロメーターだろうか 毒への甘さ


人々の 恐れを笑う者 大罪をなす
殺人鬼 極悪人 恐れ知らずの 天狗達

リスクベネフィットだけで 世の中回るなら 恐ろしい
ナチスも オウムも スターリンも ベネフィットを 指向して
許容リスクを 想定し 着々と 闇の行動始まった

毒を無くしても 毒に亡くされない 人生を

「安心せよ」と 外堀埋めて 落城待ち

侵略戦争とて リスクベネフィットの 目算あり
不可避のリスク 許容リスク範囲内の 見切りあり

あなたのベネフィットは 私のリスク
あなたの許容リスク範囲は 私の拒絶リスク範囲
あなたの笑いは 私の悲鳴
患者抜きのリスク論 当然の帰結

先人言う 七代先を見て 決断せよ
今日の被害者は 明日の我が身

下学して 上達す
下学せずして 上達なし

人を救済せぬ経済は 経罪なり

汚染する 企業は 鬼業に 変身す
放置する 行政は 行淒か 凄惨だ

水俣の 責任取らぬ 行政 恥さらし

水俣の 責任取らぬ 小泉 化けの皮

国は 長ネギ しいたけ 拒絶し
民は 化学毒 公害 強いられる

民は 健康と生命の害 拒絶できず
国は 水俣病の責任も 拒絶する

水俣の 責任取らぬ 行革は きれいごと
公害の 行政責任を 問わない リスク論 誰の物?

化学毒 氾濫防ごう 水際で

構造改革は 幸増に向けて 毒減から

聖域無き 毒減政策 打ち出さずして 幸増改革なし

子供達に 化学毒与えて害しておき
年金もらって養ってもらう リスク計算

取らぬ狸の 年金暮らし

民には 化学毒 許容リスクだと 強い続け
国は しいたけ 経済リスクだと 拒絶する

国民には 健康ハザードさえ 許容リスクだと 言い含め
政府は 経済リスクを 脅威だと 拒絶し続ける リスク論

貴重な資本:身体を 損ねる化学毒 蔓延させ
更に許容せよとは 本当に この国 資本主義?

化学は 可にも 禍にもなる

あなたの可は 私の禍
片手落ちの リスク論
主張者に 前線で リスク負う 覚悟なし


百毒は 一健に 如かず

ベネフィットで勝って リスクで負ける

利益優先は 七難隠す


環境めくら 毒に怖じず

死角を見ずして 見たと言うなかれ
悲鳴を軽視して 理性と言うなかれ

一見して 大きければ 誰も油断せず 強ければ 見くびらない
どう見ても 許容リスクにしか 見えない時 悲劇は繰り返す

ベネフィットを取って リスクに 命取られる 皮算用

小を軽んじる者は 人の命も軽んじる

雨垂れでさえ 石を穿つ 自然の理
毒垂れは なおさら 身を蝕み
悲鳴は 相手にされない 化学地獄


公害仕掛け人 ベネフィットをちらつかせた 欲仕掛け

百の講演執筆より 一の予防原則

税金隠しには 重加算税があり
汚染隠しには 懲罰制度がない
これぞ エコノミックアニマル 
人命軽視の 「非」出づる国

非出づる国 悲鳴蹴散らすのも 許容リスク範囲

健康保険 破綻寸前 赤字大国
アメリカ並みに医療費負担を増やすより
病気と事故を減らす 工夫こそ
持たざる国に 持続可能な 化学システム

現代の 切り捨て御免 ベネフィットさま
そこのけ そこのけ ベネフィットが通る


三時間待って三分診療 と言われて久し 大病院
個人医の 手に負えぬ病 なぜ多い
健康保険 破綻寸前 累積赤字
個人消費税も 医療費負担も 右肩上がり 
化学物質に 病んで苦しむ者 続出中
悲痛な願いに 妄想だと 斬りかかる 学者達

油断させ 隙をつくるのが 謀略工作
警戒させず 浸透するのが 破壊工作
危険は妄想だと 偽りの安心 宣伝工作
化学戦


造改革は 現実の 危険と不安を 知ってこそ
偽りの安心は 構造改革の ためならず

化学戦 前線の悲鳴は 無視されて
大本営発表に似たり 象牙の塔


発癌性や環境ホルモンだけが 深刻と違う 化学毒

濃くても 薄くても 濃縮される 化学毒
少こしずつでも 累積される 複合汚染
薄くて 少ないから 安心と言う 破壊工作員



公害の経過

可能性が無い以上 住民の責任であるのは当然 と無視する
拒絶の科学 自信家

原因が解らない以上 何もできないのは当然 と逃げる
無力の科学 仮面人

正常値である以上 住民が我慢すべきは当然 と自慢する
強要の科学 絶対者

リスクよりベネフィットが大きい以上 選択は当然 と迫る
確信の科学 信者達

すぐに異常値を改善できない以上 待つのは当然 と求める
延期の科学 役人達

リスクは予想できず不可避だった以上 無罪は当然 と力説
弁解の科学 学者達

都合で使い分ける以上 被害者切り捨ては当然続く
不幸の科学か リスク論


公害解決より 解決延期に 力を発揮 悲出づる国の科学

許容リスク範囲は 強要リスク範囲  犠牲者切り捨て論

欲望に 酔い狂った暴煙族 法の外

自信の科学 ベネフィットで 押しまくり
限界の科学 リスク不可避で 逃げまくる
狡猾な 損得計算
 誰のため?

ベネフィット 後は 野となれ山となれ
リスク補償無きリスク論 世にはびこる

安全は 飾りじゃないよ 行動だよ
危険は 計算じゃないよ 現実だよ

一生と 引き替えにできない 化学毒

毒は 次々 人生は これっきり

国破れて 山河あり
命滅びて 汚染あり

体内の 情報網を狂わす 化学毒
医療も 技術革新も 間に合わず

仮想敵国に 神経をとがらせ
内なる毒に 気を許す 崩来の国

安全第一 その看板
利益第一 その中身
幾つあっても 足りない命

病人と怪我人増やしては 持続可能な 社会成らず

自制無くして 自盛無き 化学産業
共存は 化学汚染の 解決から

持たざる国 一億総疲れで 持続可能?
追い打ちを かける化学毒 続々と

一億総バグを 作り出す 化学毒 侵入中

遺伝子も 神経も ホルモンも 汚染漬け
体内の 情報網は 未曾有の大混乱
その悲鳴 切り捨て続ける 象牙の塔

他人に危害及ぼす ベネフィットを
正当化し続ける リスク論 誰の為?


安全で 目的達成 もろともに

Only fools break safety rules. (アメリカの安全標語)

生身の悲鳴より 損得計算 至上主義
リスクベネフィット論 世にはびこる

悲鳴さえ 踏みにじる損得計算 天狗みち

現代の 免罪符 リスクベネフィット
振りかざす 慢心 象牙の塔

悲鳴より 計算優先 不幸の数学は

ベネフィットで押しまくり リスク責任で逃げまくる リスク論

昔、切り捨て御免 今、許容リスク範囲 巧妙化

机上の計算と 引き替えにできない 命かな


計算より 命軽んじる リスク論

受け入れる 下地を用意せず
受け入れるべきだと 迫る強制リスク論


強制リスク論 世にはびこる

化合物の 複合効果も 調べずに
わかったつもりの 天狗リスク論


死に至るリスクさえ 拒む自由なし 差別リスク論 象牙の塔

原因が 解らぬうちは 放置が最善と リスク論者言う
またも手遅れ 汚染対策
見殺しリスク論 見殺しの科学


財政赤字18兆円 経済至上主義の 計算ミス 
利子だけで5,000億円 国民のツケ
自信家の 魔のバランス感覚 進撃中

コストベネフィットで 毒毒累積 被害急増中
甘い計算の ツケを負わせ続ける 不幸の算術


絵に描いた バランス 象牙の塔

悲鳴を軽視して バランス感覚と言う リスク論

陸海空も 生命も 化学汚染に 浸されて
持たざる国に 毒は 豊かに充ち満ちて
更なる化学リスクを許容せよと 迫る象牙の塔
あがる悲鳴無視して 持続可能な 国造り? 

ベネフィットを掲げ リスクを強いて 邁進する
侵略戦も 化学戦争も 悲鳴蹴散らす 同じ道

リスクベネフィットの 検討、決定、管理は のけ者で 
リスク結果だけ「自己責任!」で迫る リスク論

アンフェアな リスク論 汚染に 輪をかける

最低限のコストで 済ます環境対策 
儲けはそちら リスクはこちら
それがリスク論者の言う「自己責任!」

他者が検討、決定、管理する 化学管理社会
リスク地獄の 責任のみ 自己に負わせる リスク論

小手先の 環境改革 身を守れず

人工の 香料でごまかす 構造改革

有機リン剤 有機塩素剤 抗生物質 合成ピレスロイド剤 展着剤
一緒に空中散布 米どころ

農薬を 多用して 高い ブランド米

地方自治 農薬多用も 思うまま

あぜ道や 農業用水の 際まで撒かれる 除草剤

神経も ホルモンも 免疫も 化学漬け
体内の 情報網混乱こそ 肝心要の 化学戦
なお 許容リスクだと 油断させ続ける 謀略戦

IT推進で 外部情報網は 整備され
化学毒で 体内情報網は 混乱され
バランスを 軽視し続ける 象牙の塔

経済利益至上主義 戦前も 戦後も 同じ道

昔は 大東亜共栄圏 今は 皆のベネフィット
いつか来た道 大義名分 きれいごと

御用学者 天下りも 計算に入れた リスクベネフィット

特攻も 患者も 許容リスク範囲
人命は 常に二の次 リスクベネフィット

ベネフィット 免罪符にし続ける 天狗達

公害犯罪 放置し続ける 放っとけん所

名犬は、臭いを嗅いで、素早く行動する。
駄犬は、舐めてから、あわてて行動する。
番犬にならぬ犬は、あれこれ損得を考える。


知らぬが仏 気付いた時は地獄 化学汚染 じわじわと

安全、と 思わせるのが 落とし穴 化学毒
少量、と 安心させるのが 手口 複合汚染 

進軍ラッパ 吹き鳴らす 御用学者 鬼の顔

弱っている日本を 更に弱らせるには ベネフィットを掲げ
徹底したリスク対策は 利益に合わないと 広く思わせて
更に 化学毒の危険を 甘く思わせる 学者の起用が 何より
それで国内は 毒漬けと 遺伝子狂わせと 弱体化へ着々と

番狂わせならぬ 遺伝子狂わせで 崩来の国へ 着々と
学者は叫ぶ 農薬も 添加物も 産業公害も心配無いと

安全第一と 掲げつつ 今日も深夜に 刺激臭垂れ流し
これが 一流企業 誰も 規制する者無し 崩来の国

暴走族 夜に暴れる 暴煙族 一流企業の 夜の顔

健全なる経済は 健全なる肉体に宿る
不健全な経済は 毒に甘い社会に宿る
経済再建を主張し 健康再建は後回し
健康抜きの 構造改革は 夢のまた夢

口先の 構造改革より 堅実な 健康改革 先にして

水俣病は 国と県の 重大な犯罪的行為
誠実な 反省無くして 行革は夢の如し
落ち度を認めず 今も反復 産業公害禍
公害犯罪大国 又繰り返す 責任回避劇


化学が 化け物と化す 夜の顔 公害工場

公害テロ 日常の暴力 見過ごされ
血液脳関門 突破される 侵略行為

「これはテロではない 戦争だ」 化学戦争 公害汚染

寝込みを襲う 卑劣な行為 暴煙族

ビルへのテロは取り沙汰され
細胞レベルのテロは容認する
公害犯罪大国は テロ支援国


公害テロ 支援大国 国も県も 
水俣病の責任ないと 逃げ続け

化学兵器禁止条約 対象工場にさえ
監視の目が届かぬ 汚染実態
他は推して知るべし 公害大国

公害問題を 見れば 法治国家か
放置国家か 絶対に 隠せません

見えざるテロ 公害汚染を 根絶しよう 先進国なら

化学テロ 公害汚染を 放置して 異国に目を奪われる 悪い癖

テロに怒り 公害出し続ける 企業かな

テロに目を奪われ 我が身を忘れるな 化学工場

テロ、 汚染、 人命軽視の 仲間達

人命軽視して 一流企業 成らず
人権軽視して 先進国家 成らず

化学工場 いつ爆発しても 不思議ない
くさすぎる 安全軽視 日頃から
悪臭の 家宅侵入 いつまでも

人権蹂躙 闇の中 放置国家の 真骨頂

化学汚染の テロを根絶せずして テロと騒ぐ 無責任

損得優先家 人の命は 後回し

損得優先の 見えざるテロ 化学汚染

人権侵害の 損得優先 誰のため

消滅型社会 利益優先 元も子も無くす
持続型社会 生命優先 命あっての物種

使用する農薬が増え
食品の添加物が増え
原因不明疾患が増え
医療費の負担が増え
税金の負担が増え
心身の不調が増え
健保の赤字が増え
失業率が増え
自殺者が増え

子供達が減り
購買力が減り
体力が激減し
貯金が激減し
病気に苦しみ
先が無くなり

それでも化学汚染を
許容リスク範囲と見なし
歯止めが掛からない

悪魔の経済理論か
コストベネフィット


ガン予防の十二カ条
責任は全て個人負担
社会責任回避の手本なり

一億総病人 とまで 言われる国
ベネフィット指向の なれの果て
国内総生産の成長率 先進国中最低で
公害天国 日本なら 当然の帰結
危機管理を 忘れ果てた 行政官

官の怠慢 民にしわ寄せ 公害の常
聖域無き 構造改革は 夢の又夢
野放図の 公害企業 高いびき


テロ化学 産出する コストベネフィット 国の恥

公害化学 輸出して 恥かく 国際企業
規制する 者も無し 官僚天国

せっかくの 化学に 泥塗る コストベネフィット
時代錯誤の 理論掲げ 企業倫理は 夢の又夢


化学企業の 風上にも置けない 公害企業

官僚天国は 公害天国 汚染地獄

官僚天国は 化学地獄の オンパレード

米食えば 農薬汚染 染みわたる

リスクベネフィットの 旗印で 先導の 数値絶対主義

今は中世 科学絶対主義 その先導は リスクベネフィット

悪徳行政無くして 悪徳企業無し
公害行政無くして 公害企業無し

黙認行政無くして 汚染企業無し
容認学者無くして 化学汚染無し


一息一息の 安らぎさえ 奪い続ける 公害企業
常に支える 数値至上の 象牙の塔と 役人天国


損得が 命に勝る コストベネフィット 幾つあっても 足りない命 公害汚染

化学もて 下学にするか 禍学にする気? 農薬プラント

権限と給与だけは 人一倍
責任は 取ろうとしない 官僚制
延々と 水俣裁判 いつまでも

悪臭も 汚染も 苦情も 何せむに
まされる宝 利に しかめやも
        農薬汚苦羅

プライドと 給与だけは 高くして
公僕は 夢の又夢 官僚支配


スピードオーバーは 厳しく取締り
排煙オーバーは 完全見逃し 常習犯
日本一 怠慢役人 ほっとけん所
闇から闇へ 公害完全犯罪 いつもの手


個人には あちこち 監視カメラを 向け続け
工場には 見ザル 聞かザル 言わザルで
おざなりの 馴れ合い行政 いつものこと

個人なら 小枝さえ ドラム缶焼却 御法度で
工場なら 闇から闇へ ケムリ出し放題 煙突群

今日もまた 化学に泥塗る 一流企業の 夜の顔

自制能力の 欠けたる業界か? 化学産業 公害根絶 気概持て

工場に 向上求む 良識の

煙はモクモク 情報は黙々 闇の中

自制力 欠けし業界? 化学産業
汚染 公害 非常識 解消してこそ 信頼生む

監督なき 闇の帝王 化学工場 どこのこと?

情報操作で 人を化かす 化学工場
低いモラル 人を見下す 下学工場
汚染公害で 迷惑千万の 禍学工場
臭過ぎる 過激すぎるぞ 過学工場
人の命は 二の次で稼ぐ 稼学工場
言うことが 矛盾だらけの 鹿学工場
本社さえ 欺きつづけるか 仮学工場
人々を 煙に巻き続ける 霞学工場
人々を 苦痛に巻き込む 渦学工場
大切な 化学を汚すなよ 化学工場
化学の 風上に置けない 汚染工場
この姿 貴社でないことを 願いつつ

煙対策できずして ケムシ対策に いそしむ 農薬工場 モクモクと

犯罪的な化学工場は、夜間・休日の空気を汚し続け
犯罪的な官僚国家は、夜間・休日の工場を調べない

国内の航空機安全対策に「万全を」と言いつつ
国内の化学物質安全対策に「漫然を」が裏の顔

金曜の夜から月曜の朝まで 無法地帯 化学工場

NEW

モラル無き 化学企業は 鬼まさり

地獄門 化学企業が 迫り来る

地震 雷 火事 癒着

癒着増す 地方分権 愚の骨頂

化学兵器禁止条約の 該当工場 この日本に
70から有っても 知らされぬ 身近な工場 汚染源





便利だが 危険物質 超使用
     知らない間に みな化学漬け

便利さと安全性は全然比例していないことを
身をもって体験いたしました。
消費者に知らされていない
危険なことが多すぎですね....

          
大阪府 Pさん


転載は、ご自由ですが、標語への頭からの反発を招かないために、
趣旨と願いと現状も知って頂きたく、どうぞ下記のURLを添えて下さい。
化学安全標語
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6578/slogan.htm

Home

Page top