2008年 定点カメラ 『ノッパラ』

今年の定点カメラは点よりは広いが決まったエリア『ノッパラ』を撮り続ける事にした。家から近い札内川の左岸河川敷である。平成8年までは放牧地として使われていたが、その後放置されてきたところらしい。その名残で今もバラ線で囲われた約300m×700mの此のエリアを僕らは『ノッパラ』と呼ぶ事にした。僕らは札内川の他の河川敷にも行くが、一度河川林を伐採され牧草が植えられその後放置された此のエリアは明らかに異なる。色々な意味で興味深いのである。方向性の定まらぬ興味は定まらぬまま、兎に角始める事にする。

 

1月27日 今年からは大きな写真を沢山掲載しようと思っているが、ホームページが破裂してしまうかも知れない。そういう事が未だに良く解らないのです。

先ず地図らしき物が必要になる。都合の良い航空写真も見つかったので張り合わせて『ノッパラ』の全体図を作った。

写真は沢山撮ったがエリアの広いのとテーマが絞れていなかったのがいけない。

2009年に引き継ぐ事にする。

ノッパラが霧氷した。