ラブバードテルアキ展・十勝散歩

2005・4・23(土)10am〜5pm  24(日)10am〜4pm

於:茅ヶ崎市文化会館一階(会館内吹き抜け部分)

皆さまお元気ですか。今年も又ふる里の茅ヶ崎市産業フェアーに参加させて頂きます。新作ラブバードと、十勝の写真パネル、そして湘南のビールを用意してお待ちしています。お誘い合わせのうえお出で下さい。

つぼみ工房 田中輝顕

と言うDMカードを作りました。茅ヶ崎展の場合は来てくれるお客さんの殆どが顔見知りで、しかも毎回会いに来てくれる人が多いので何とも嬉しいのですが、それだけに他の展示会には無い苦労も有るのです。

二年毎に来てくれる人達の前で僕は作品も展示も二年前とは明らかに違った新しい所を見せなくてはいけないと思っているのです。頭の禿具合や、腰の曲がり具合ならば、二年はちゃんと二年なりの変化が有るのですが、作品、展示になると不安になります。特に今回は昨年12月に隣りの藤沢市と鎌倉市で個展と親子展をして、その時にも茅ヶ崎から大勢の常連が来てくれました。きっとその人達は又やって来てくれると思います。この人達にどんな場面をお見せしよう。この事がずーっと僕のプレッシャーになっています。

正直に言って今回はその人達には目新しい物は無いかもしれないなー!。最近、古くからのいわゆるファンから『普通のラブバード』が良いと言われる事が有ります。僕が常に新しい作品を求める事は物造りとして当然の事と思いますが、それはえてして、独り善がりの世界をさまよっている事にもなりかねません。 そこで、今回の作品で心がけた事と言えば、とにかく今の僕の技術で出来る最高の事をしようと言う事でした。『普通のラブバード』を時間をかけて、丹念に丁寧につくりました。結構、良い物が出来たと思います。しかも僕自身不思議な楽しさを味わいました。

今回初めてと言えば、自分のパソコンを持ち込んで、『十勝散歩』写真のスライドショーをお見せします。熊澤酒造の茂吉社長が今回も湘南ビールを提供してくれます。飲みながら車座になって楽しんで欲しいです。

湘南ビールと言えば一寸した因縁が有ります。何年か前の同じ茅ヶ崎産業フェアーで僕と熊澤酒造と組んで『酒とラブバード』と言うイベントをやったのです。その時の担当者が今の社長茂吉(当時は信也)さんでした。その会場で僕は彼に公開質問をしたのです。「熊澤酒造は地ビールを作りませんか?」彼の答えは「作りたいと思います!」でした。その後、信也さんはドイツでビール造りを学んで地ビール『湘南ビール』を発売する事になったのです。

熊澤酒造の社長は茂吉を継ぎます。つい10数年前までアメリカンヒッピーだった今の茂吉社長はなかなかの経営センスの持ち主でつぶれかけていた地酒メーカーをつぶさないばかりか、地域のシンボル的地位にまで築きつつあります。

そんな訳で湘南ビールがラブバードテルアキ展の会場に社長自ら届けられるのです。

飲みましょう!