Copyright(C)2001 jem4wn

虹線



「社会主義国家」は腐敗を自浄できなかったため外部からバッシングを受け国家だけでなく社会主義思想自体も崩壊してしまいました。今日、人々から見向きもされなくなっています。それどころか、ユートピアも夢みることさえも体制を批判する精神さえも人気を失ってしまいました。
このような事態を避けるためには、運動の内部からも批判があることを示し、運動の延命をはかっておく必要があります。運動を団体および活動家と心中させるわけにはいきません。外部からバッシングされてから動いたのではもう手遅れです。



虹線

更新





mail

項目に戻る