管理人としてのごあいさつ


Copyright(C)2001 jem4wn

虹線



「この人たちは本当に動物のことを考えているんだろうか?」

これは「動物愛護団体」に入ってしばらく経った人の口から出てくるせりふです。

やがて、この人はこう考えるようになります。

「そうだ。この会がたまたまおかしな会だったんだ」

そこで、この人は別の会に移籍します。

しかし、しばらく経つとこう言い出します。

「どこの会もおかしい」

そして、この人はノイローゼ気味になって運動から身をひいてしまいます。

こういったことが頻繁に起きています。


国際的なエコロジーブームの到来で「動物愛護」運動人口は爆発的に増えました。

しかし、増えたのはよいのですが、増えれば中には怪しい人も混じってしまうものです。
ウマミが生じるといろんな人も入ってくるということでしょう。

そして、様々な問題も発生してしまいました。
あげくには、動物たちを「助ける」はずの「動物愛護団体」が「殺す」側に回ることさえ起きてしまいました。

「助ける」こともあれば「殺す」こともある。残念ながら、それが日本の「動物愛護団体」の実態です。

しかし、多くの日本人はそのことを知りません。
なぜなら、日本ではマスコミが「動物愛護団体」に限らず市民運動の欺瞞話をまったくと言っていいくらい※報道しないからです。
これでは誰も疑問を持たないのも無理もありません。
そして、それはかつての私自身の姿でもありました。

私は当初この運動に何の疑問も感じていませんでした。
宗教団体がインチキ臭いということは知っていましたが、「市民運動」というものには何の疑問も感じていませんでした。
ましてや、「動物愛護」運動に携わる人はきっと善人ばかりに違いないと思っていました。
極左活動家が運動に入ってきてもやはり何の疑問も感じませんでした。左翼活動家は正義の味方だと思っていました。
それは私自身が左翼系市民だったからです。今となってはずいぶんおぼこい話です。

しかし、どんな人でも欺瞞がそこにあればそれに気付く瞬間というものが訪れるものです。

それでも、どこかヘンだとは感じるもののどこがどうおかしいのかとなるとなかなかうまく把握できませんでした。

それは私を含めた日本人が儒教文化圏に属していて「偽善」や「欺瞞」といった問題に本質的に鈍いからです。
だいたい、私は"偽善"や"欺瞞"といった漢字をそれまで正しく書けませんでした。そんな状態だったのです。

「動物愛護団体」の欺瞞に確信を持った時、それはとてもショックなことでした。頭の中が真っ白になってしまいました。
あしたのジョーは完全燃焼して真っ白になりましたが、こちらは不完全燃焼で有毒ガスが頭に回ったような感じでした。

さらに、追い討ちをかけたのは仲間の活動家たちの反応でした。
「インチキでもかまわない。楽しければよい」などと言う者がいるのです。

私はもう何が何だかわからなくなってしまい放心状態になってしまいました。激しい脱力感にもおそわれました。
水木しげる漫画でよく妖怪に魂を抜かれるシーンが出てきますが、ちょうどあんな感じで何か大切なものが口から出て行ってしまいました。
そして、動けなくなってしまいました。鬱病になってしまったのです。

それでもまだ欺瞞が何を意味しているのかをはっきりとはわかっていませんでした。
偽善や欺瞞が「運動被害」というとんでもないことを引き起こすことがはっきりわかったのはそれからずいぶんたってからのことでした。

年月を経て、ようやく、問題の全体像を把握することができました。

「助ける」はずの愛護団体がどうして「殺す」側にまわってしまうのでしょうか?

それは、「助ける」こと以外のことを常に考えて行動してしまっているからです。

では、「助ける」集団になるためにはどうすればよいのでしょうか?

当然、「助ける」ことだけを考えて行動することです。

でも、答えはわかっていてもそれを実践するのはなかなか困難そうです。

では、どうすればそういう状況に持っていけるのでしょうか?

結局のところ、より多くの人が「動物愛護団体」に疑問を持ち、厳しい目を持って「動物愛護団体」の政策や言動を監視していくよりないのだと思います。



虹線

更新





mail

項目に戻る