自己紹介

主宰者 植草等雲(近衛)

 1944年 (昭和19年)横浜に生まれる。

 1954年 10歳の頃より家業である木彫を始める。

 1963年 横浜を中心として、建物内外の装飾や調度品、置物の彫刻に従事。
       日本の伝統的な木彫技術の伝承と保存に力をそそぐ。

 1975年 木彫職人の熟練した技術を発揮する機会は
       職人の高齢化や時代の流れと共に消えつつあった。

        そこで40歳を区切りに家業の木彫業から木彫作家として独立する。

 1984年 「木彫技伝習所・植草等雲塾」を開塾。

      作家活動の一環として「拝む仏」ではなく
      より人間に身近な
「対話が出来る“ほとけ”」を中心テーマとして
      「まんだら人形」と名付け、独自の作風を完成し現在も彫り続けている。

 1986年 日本美術センター仏像講師兼任。

 1987年 植草等雲展 3/11〜3/15 銀座ギャラリー・スバックスにて開催(東京)

 1990年 植草等雲展 4/17〜4/22 銀座ギャラリー・スバックスにて開催(東京)

 1991年 ”ほとけの手”で浜展入選。その後趣旨の違いから出展せず。(横浜)

 1991年 植草等雲展 3/28〜4/2 鎌倉峠ギャラリーにて開催(神奈川)

 1995年 植草等雲展 2/24〜2/26 ホテル高輪にて開催(東京)

 1996年 植草等雲展 10/17〜10/25 ホテル高輪にて開催(東京)

 1996年 「木彫技伝習所・植草等雲塾」を「等雲伝統木彫技術協会」に改組。

 現在   協会の主催者。

      日本美術教育センター仏像講座 講師。

  

TOPへ戻る