?|, !8 head>揖斐線・谷汲線のこれまで
揖斐線・谷汲線のこれまで


名鉄揖斐線・谷汲線は、昭和42年の名鉄岐阜市内線直通迄苦戦を強いられてきたが、
それ以降の急行運転の直通によって人気を回復した。とはいえ、
直通が黒野までであり、本揖斐や谷汲まで継続的に直通ができなかったことも
(一時は直通している列車もあったが、市内線直通電車の近代化を図る事や、
黒野以遠の区間の不採算もあり)廃止へと繋がったのではないかと
私は感じてしまうのだ・・・。

揖斐線は、大正三年の岐北軽便鉄道として開業。明治42年開業の
美濃電気軌道の子会社として出発した。
その後、大正15年には、 黒野〜谷汲間の谷汲鉄道も開業。
地元地主らもこの鉄道に出資した。
戦前の美濃電気軌道の大株主、大阪の才賀商会の倒産による”旧”名古屋鉄道の
出資、その後の合併、愛知電気鉄道との合併や、戦時統制によって、
岐北軽便鉄道・谷汲鉄道も合併、”新”名古屋鉄道 揖斐線・谷汲線となった。
(詳しいことは
《揖斐谷汲線に関して BY赤字ローカル線動態保存プロジェクト 南父島さんのホームページ》
に記載しています)。

さて、私の予想する揖斐・谷汲線が廃止になった時の代換交通については、
以下のとおりです。

 ? 揖斐川町と大野町が両方で代替バスを運転する。本揖斐〜黒野間は
サービス的には変わらないが、大野町役場が鉄道線から離れている為、
そこを経由する可能性も多いにある。
他に、大野町内を循環する役場向けのバスも十分ありうる。
? 谷汲村と大野町で共同運行するバスは少ないのではないか。
おそらく、大野町内循環バスのなかに吸収する形になると思う
(本数は北野畑経由で5往復すればいいほう??)。
? 黒野〜谷汲間でのルートは1つとは限らない。本揖斐経由もありうる。
? 近鉄揖斐駅からのルートについても気になる。
? 岐阜バス 新岐阜駅前〜本巣山口まではかなり運転しているが、
谷汲までは18日のみ運転の1往復だ。
これが10往復以内になるのではないか。
?よって、近鉄揖斐線や樽見鉄道は代替手段として
副次的なものに収まるのでは、と思う。

以上が揖斐・谷汲線廃止予定区間の代替交通手段として考えられる方法だと思う。

(R NET PROJECT 21 鉄ちゃん研究所より)

名鉄廃線再生計画へ|
名岐交通政策研究所へ|
これで決定??揖斐谷汲線代替えバス?? へ