谷汲線を思う
私が、初めて、谷汲線に乗ったのは、案外最近で、1998年2月に 初めて、揖斐線と共に乗車した。そのころは、まだ、朝ラッシュ時の 30分間隔運転がなされている時で、北野畑の交換も朝の時に見られ た。そのころは、当時、美濃町線の新関〜美濃間が廃止になることも あり、美濃町線が興味があったこともあり、そこまでの危機感をもっ ていなかったのは事実だ。というより、当時、川島令三氏が 『全国鉄道事情大研究 名古屋北部 岐阜篇1』を出版したばかりで、 その中で、北野畑〜長瀬間の樽見鉄道との平行について書かれており、 重複をなくすために樽見鉄道と統合すべきだ、と書かれているので、 正直、興味本位で行った面が多かったと思う。

ただ、その時は、正直「誰も乗っていない路線やなー」と思い、 一方、その沿線を見ながら、歩きは乗り、歩きは乗りをくり返して いた。
ところが、名鉄は、美濃町線の一部廃止区間の廃止直前に 以下の廃止予定路線を発表した

1谷汲線 黒野〜谷汲間
2揖斐線 黒野〜本揖斐間
3竹鼻線 江吉良〜大須間
4八百津線 明智〜八百津間
5三河(山)線 猿投〜西中金間
6三河(海)線 碧南〜吉良吉田間


の5路線6路線区で、他に

7岐阜市内線 岐阜駅前〜忠節間
8揖斐線 黒野〜忠節間
9蒲郡線 吉良吉田〜蒲郡間
10羽島線 江吉良〜新羽島間
11竹鼻線 江吉良〜羽島市役所前間


も議題の候補に挙がったが、結局、この5路線は見送られた

また、このうち、5と6に関しては、豊田市(5)や西尾市(6) のように、愛知県でしかも、大手のトヨタ自動車や関連会社で大手の デンソ−の本拠地に当たるため、税収がよく、結局補填によって 最大3年間の名鉄路線としての存続が認められた。 ただ、他の4路線に関しては、それだけの税収が得られる自治体が 存在せず、また、谷汲村のように人口の少ないところや兼山町の ように、極端に面積の少ない町であったりすることや、羽島市の ように独自で巡回バスを走らせているところもあって、1〜4に 関してはバス化の方向へ議論が向かっていった。岐阜県自体も 長良川、樽見、明知、神岡の4路線を第三セクターとして抱えており これ以上の出費は難しかったこともある。

ただ、この廃止が去年の9月27日に運輸省に請願したという意義は 悪い方向で、後々残るのは確実だ。実際、それを見た他の会社も 廃止の検討を始めたし、そうなるだろう。

その続きは....。また。
 名鉄廃線再生計画へ