八百津線の代替えバス(YAOバス)


八百津線の代替えバスだが、明智のバスターミナルは広く、
他の路線よりもしっかりしたもので、しかも駅から近いので、
かつての八百津線の乗り継ぎ並みの時間で電車とのアクセスを
考慮したものとして注目される。しかも、他の路線とくらべて
バス停が多いのも、沿線内の小さな町兼山町にしては贅沢な配慮である。
しかしながら、本数が1時間に1往復毎と言った本数の意味は
すくなからず気になるところだ。
しかも、YAOバス以外にも美濃太田〜八百津町ファミリーセンター間
があり、また免許維持路線だが、可児駅前〜八百津町ファミリーセンター間も
状況によれば、本数が増えることも予想される。
なお、明智発の朝の数本は八百津高校行で、内1本は直行である。
その点からも、八百津高校へのアクセス路線としての位置付けも出来よう。

参考

路線図ドットコム/岐阜県/八百津町
YAOバスのラッピングバスについて
『資料 路線ドットコムホームページ内より(路線ドットコムと東鉄インフォ
メーション)の共同企画としても注目』
代替え交通試算案(八百津町民会議ニュースレターファイル2000 12/1より 広報やおつから)
広報やおつ平成13年9月20日号(やおつ町民会議HPより)



名鉄廃線再生計画へ
名岐交通政策研究所へ