ミナミジサイチョウ(SOUTHERN GROUND HORNBILL)(Bucorvus leadbeateri)

ブッポソウ目サイチョウ科

大型のサイチョウで、顔・喉を除く部分は漆黒で見間違えることはない。雄は嘴上部に大きな突起がある。
食性はヘビ・トカゲ等の爬虫類や昆虫である。飛翔距離は非常に短い。つがいで歩いているのによく遭遇する。
早朝に低い声で鳴いているのを耳にする。
幼鳥は顔部が黄色を呈する。成長に伴い赤色となる。
赤い部分が青いジサイチョウもエチオピア・ウガンダに分布する。

威風堂々としたアフリカを代表する鳥である。
(102cm)

2001.5 セレンゲティNP                      


セグロコサイチョウ(VON DER DECKEN'S HORNBILL)(Tockus deckeni)

ブッポソウ目サイチョウ科

岩場がある丘陵や林に生息する。食性は昆虫・果実等である。アカハシコサイチョウとの識別は
非常に困難だが、基本亜種は雨覆に白斑が無い事などで可能。しかし、亜種は白斑があるものもあるので
嘴の形状で識別する。

(48cm)

2000 6 ルアハNP                                  基本亜種deckeniの雄


アカハシコサイチョウ(RED-BILLED HORNBILL)(Tockus erthrorhynchus)
ブッポソウ目サイチョウ科
嘴が赤色を呈するサイチョウの中では最も小型の種類である。
半乾燥疎林帯に分布し、食性は昆虫が主体である。嘴が赤く、雨覆に白斑がある。

(45cm)
2001 11 ルアハNP

カンムリコサイチョウ(CROWNED HORNBILL)(Tockus alboterminatus)
ブッポウソウ目サイチョウ科
黒くて長い尾・赤い嘴を持つサイチョウである。尾の先端は白色を呈する。特徴的で
あるので同定は用意である。通常はつがいか家族単位で生活し、海抜3000mまでの森・疎林
に分布する。分布域は広いが、サファリ中に頻繁に会う事はない。

(55cm)
2000 6 ルアハNP   ♂の個体